トシちゃん、還暦からの充実した人生を詠う

2008年12月に還暦を迎えた男の、大還暦を目指して歩む日々を綴る

根室、阿寒湖、大雪山 ~~ 旅は終了

2017-07-01 08:33:14 | Weblog


天気は回復との予報。
心弾ませ 最後の ブラブラ旅 を楽しんだ。



〇納沙布岬、釧路湿原


           
   根室駅(左)、納沙布岬(右)  ともに日本東端だが寂しい         釧路湿原は雄大 釧路川が蛇行 背後に 雌阿寒岳(左) 雄阿寒岳(右)

 

 

○摩周湖・阿寒湖

     
        摩周湖は神秘的  第一展望台を2度訪れたほど         硫黄山 凄い           双岳台から 阿寒2峰     双湖台から 森と水が美しい


            
      阿寒観光船から 雄阿寒岳          同 雌阿寒岳            マリモは 胞子で増殖        オントネー湯の滝、マンガン鉱床が成長中

 

 

○大雪山登頂、そして帰路

        
  旭岳ロープウェイ 上は雲?    「姿見の池」は まだ雪の下     下を見ると 噴煙は盛ん      遂に頂上 後ろは北鎮岳(大雪山系)

               
   帰路、大雪旭岳源水で喉を潤す      四季彩の丘(富良野)       グラスフォレストin 富良野      ウトナイ湖 (苫小牧近く)





12日間の旅。
終わってみれば アッという間。

北海道の美しさ、雄大さを 堪能させて戴いた。

 

 

参考:行程(2017年)

   
○6月26日(月)
    
4:45 出発。 11℃。 夜中の大雨も、小降りに。 天気回復の予報。  朝の雨は 覚悟で 東に進む。
    
5:00 根室駅。 日本東端の駅だが、PRなし。  5:40 納沙布岬(灯台)。 天候・時間の関係からか 物寂しい。 
    6:00 北方原生花園。 寒々しい。   
7:20 厚岸グルメパーク。 視界が開ける。 気分爽快。 
    9:30 釧路湿原 細岡展望台。  
釧路川の蛇行する流れ、阿寒山系が見える。  最高の展望台。  近くに JR釧路湿原駅あり。 
    
11:30 摩周湖第一展望台。  最大深水211.5m。 世界屈指の透明度。  道の駅 摩周温泉で昼食、足湯(24H)のあと
    13:20 再訪。  13:50 同、第三展望台。  14:10 硫黄山。 噴出口の 黄色の凄さに 唖然と。  14:50 川湯温泉着、泊。

   ○6月27日(火)
    
9:10 出発。 13℃。 青空。   9:55 双岳台。 雄阿寒岳、雌阿寒岳が綺麗。 10:00 双湖台。 森と湖がマッチ。 
    11:00~12:30  阿寒観光船(90分)。 マリモ展示観察センター(島)にも立寄り。  12:50 ボッケ視察。 
    アイヌ料理店、 コタン丼(行者ニンニクと豚肉など)は美味。  雌阿寒岳は雲。 登頂断念。 14:20~15:30 オントネー湯の滝(天然記念物)。 
    マンガン鉱床が増殖中(世界で唯一)。   天気 好転予報から、急遽、旭岳に向うこととした。  19:20 道の駅 とうま。 泊。 
   
○6月28日(水)
    
6:00 出発。 14℃、曇り。 昼前から晴れるとの予報。  途中で時間潰し。  10:00 旭岳ロープウェイ(旭岳山麓駅)。 10:10 姿見駅(旭岳ロープウェイ)。
    登山開始。  
10:45 姿見の池。 雪の下で見えず。   12:45~13:00 大雪山(旭岳)山頂。 北海道最高峰、2290m。  14:45 姿見駅から下りロープウェイ。
    
17:20 大雪旭岳源水に立ち寄り。  19:30 当麻、泊。
   〇
6月29日(木)
    
5:20 出発。 15℃、曇りで寒い。  7:50 美瑛駅。  8:30~9:00 四季彩の丘(富良野)。 花の盛りは もう少し後。 
    9:35~9:50 グラスフォレストin 富良野。 結構レベルが高いガラス製品有り。 楽しい。  10:15~11:00 フラノマルシェ。 土産購入。 
    蕎麦屋(岩見沢)、マオイの丘公園、ウトナイ湖 経由、 16:30 苫小牧港フェリーターミナル着。  18:45 出港。
    
ここまで、道内、2360km (自宅からの総計 2550km)。
   
○6月30日(金)
    
14:00 大洗港着。 14:20 同発。 水戸大洗IC~用賀IC。 17:00 自宅着。 26℃、蒸し暑い。  

   
   〇12日間の 走行距離 2700km。   経費 約13万円

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宗谷岬から知床へと駆ける | トップ | 甲州・信州へ 課題解消の旅 ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (H)
2017-07-01 10:58:57
百名山では再度の楽しみをありがとうございます.旭岳は1971年6月30日と記録されていました.二日違い.旭川駅17時30分発翌日7月1日午前11時42分新潟駅に降り立ったとある.
若き時代ですね (トシちゃん)
2017-07-01 18:50:09
ご愛読、ありがとうございます
姿見の池は、やはり雪のなかだったのでしょうね

社会人になって3ヶ月目、新潟勤務中に激励に来て頂いたこと、思い出すとともに、改めてお礼申し上げます

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL