Plamo Linux 日記

Plamo Linux に関係することだけではなく,最近は一般的なコンピュータやガジェット関係についても記載してます.

Mac Pro 2013 の Boot Camp に Windows10 を入れて FF ベンチを動かしてみた (追記)

2017-05-20 16:40:40 | Mac

Mac Pro 2013 の Boot Camp に Windows10 を入れて FF ベンチを動かしてみた話の続きというか,補足的な話.

先日書いた Mac Pro 2013 での FF ベンチの数値があまりに低すぎるので,ちょっと詳細確認.

CrossFireX 関連のオプションをいじったところ,大幅改善されました.CrossFireX 自体は Enable になっていましたが,その下の「Enable AMD CrossFireX for applications that have no associated application profile」ですね.

これを ON にして FF ベンチを取り直したところ,

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク
SCORE:6162
平均フレームレート:41.992
評価:とても快適
 -とても快適な動作が見込めます。グラフィック設定をより高品質に設定しても、とても快適に動作すると思われます。
ローディングタイム:
  シーン#1      4.311sec
  シーン#2      5.202sec
  シーン#3      4.727sec
  シーン#4      5.263sec
  シーン#5      8.467sec
  シーン#6      2.752sec
 合  計       30.723sec

DAT:s20170519133032.dat

画面サイズ: 1920x1200
スクリーンモード設定: フルスクリーンモード
DirectX バージョン: 11
グラフィック設定のプリセット: 最高品質

まで改善されました.前回の2倍近い値ですね.まさに CrossFireX で倍近くになったと言うことでしょうかね.一方,Fire strike の方は数値はあまり変わりませんでした.

ということで,Fire strike に比べて FF ベンチの数値があまりに悪かったのはこういう理由でした.はい.

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Mac Pro 2013 の Boot Camp ... | トップ | cakephp のフォームで郵便番... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL