広島の心を世界に

世界最初の被爆地広島に生まれ育った被爆2世としての日々の体験や思いをつづります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

湧永記念庭園

2017年06月09日 22時30分54秒 | 日記

 6月9日、満開のバラを観るために湧永満之記念庭園に出かけた。

すでに梅雨に入っているが、快晴のもとでみごたえのあるバラを観賞することが出来た。平日にも係わらず、多くの人が訪れていた。

湧永庭園は、十年の歳月をかけて2代目社長と社員が造園した手作りの庭園というのには驚いた。

国内外から500種類を超える約5000株のバラが咲き誇る姿は、壮観であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花菖蒲、紫陽花の咲く縮景園 | トップ | 中高年者学習交流会(高知) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。