続「とのむら通信」ブログ版

前島本町議会議員・外村敏一(平成29年4月29日付けで引退)
日々の思いや議会傍聴の感想など引き続きお伝えします。

昨日10日の臨時議会にて「高槻市へのし尿処理事務委託」を可決

2016年11月11日 | 議会活動


議案名は「高槻市と島本町とのし尿及び浄化槽汚泥処理に関する事務の委託に関する協議について」と長いもの。
本件は平成21年12月島本町から高槻市へし尿処理事務の委託を申し入れして以来実に7年が経過してようやく決着
(今後高槻市議会での議決が必要)を見ようとしている案件である。予定では来年4月1日から施行。

事務委託の申し入れをした主な理由は、高槻市東上牧に位置する現状の本町のし尿処理場が老朽化していて維持費が
高くつくこと、東上牧の近隣住民からの撤去要望があること、そして両市町共にし尿の処理量は下水道の普及に伴ない
減少していくこと、等を総合的に勘案すれば広域連携で共同事務を行った方が双方にとって経済メリットが出せる。という
ものであった。もちろんそれ以外に本町として町内に新たにコンパクトな希釈放流方式の処理場を建設するという案も
あったが、処理量が減っていくものに新たな施設を建設するのは時代に逆行している。ここは広域連携を模索すべきと
いうことで広域行政勉強会をスタートしたのである。

以上の背景を基にこれまで両市町の間で「高槻市・島本町広域行政勉強会」にて協議を重ねたが、平成23年9月一旦高槻市
から事務委託を断られて本町内にて新設するという決断をした。しかし建設候補地の地元からの反対などもあり、昨年11月
再び高槻市に再協議のお願いをし、再協議の上今回の決着にたどり着いたもの。

しかし再協議をお願いする依頼文書(ここをクリックしてください)には東上牧にある現処理場を撤去した後、4362㎡約1321坪の町有地を
無償譲与することも視野に入れていると記載。このことについては私は正直違和感を覚え、その後の議会での一般質問や全員協議会
の場でも町の見解や町民への説明責任の果たし方など質してきた。又住民説明会を実施すべきだとも何度も訴えて来たが実施せず。

昨日の議案に対する質疑では委託費用の算出根拠や双方の費用負担の考え方、按分などについての確認と、9月号広報での記述内容
の不備(無償譲与について触れていない点)についての見解など質した。
討論では色々紆余曲折を経てここまで来たが本町としても約1321坪もの町有地を無償譲与するという代償を払うのだから今後
とも双方にとってウインウインの広域連携となるよう頑張って貰いたいと申し上げ、賛成とした。
(注釈)
処理施設撤去後の町有地4362㎡の不動産鑑定価格は2社から徴集した結果A社の評価は72.400円/㎡で3億1600万円、
                                 B社の評価は69.300円/㎡で3億200万円であった。
公示価格は15万1000円/㎡とのこと。尚近隣の不動産屋に私が聞いた話での実勢価格(実際に売買されている価格)は
坪40~50万円くらいとのこと。(それで計算すると5億~6億はすることになるが)
本町としては他にも現施設の撤去・整地に約3億円かかると試算している。
   
皆さん「広報しまもと」をどこまでご覧になっているでしょうか?今年の9月号の9ページに「し尿処理に係る事務委託」について
来歴や経緯など簡潔に書かれていますので是非読んで下さい。しかし9月の広報では跡地の無償譲与に関する記述はありません。

更に詳しくは役場1階文化・情報コーナーや図書館、ホームページで依頼文書など見られます。
尚ホームページで「し尿処理事務に係る事務委託の協議について」にたどり着くには大変です。次の順でクリックして下さい。

島本町ホームページ⇒各課の業務内容⇒総合政策部⇒政策企画課⇒政策企画課の計画・報告書⇒広域行政⇒高槻市・島本町広域
行政勉強会⇒最後にPDFで「し尿処理に係る事務委託の協議について」をクリックして到達です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 憲法改正論議が再開される。... | トップ | 本年最後12月定例会が始ま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

議会活動」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。