白浜渡船 大和田船長

白浜渡船の釣果・海況・その他情報をお知らせします。

報告・・・

2016-10-12 06:48:33 | Weblog

白浜渡船の愛犬セントバーナード(アル)が、10月6日(木)に亡くなりました。
それも、その日はアルにとって、4年目の誕生日だったのです。

大型犬は寿命が短く、一代目、二代目のセントとも、7年で亡くなりました。
暑さに弱いので、エアコンの入った部屋を用意し、夏は快適な環境で過ごしていました。
真冬の寒い夜には、外のテラスで寝て過ごすほど、寒さに強い犬でした。

朝、夕と一日2回の散歩に出て、夏の時期は日が昇る前、夕方は日が落ちてから、暑さが多少和らぐ時間帯で、散歩に出ていました。
やはり、アル自身も暑く感じるのか、毎回グランドホテル太陽の下まで行きますが、今年の夏は小戸の公園の手前で、帰って来ます。
6日の朝の散歩時は、驚いた事にグランドホテル太陽の下まで、休み休みながらも、アルは歩いて行きました。
家に戻り、何時ものようにエアコンが効いた部屋で、ゆっくりと休みました。

そして、9時頃に様子を見に行くと・・・・・

寝ているのかなと思う位、苦しんだ様子も無い姿で、亡くなっていたのです。

あまりにも短かった命。
4年目で亡くなる事は、スタッフ一同思っても居なかっただけに、ショックは大きいです。

大船長の奥さん曰く「もともと寿命が短い遺伝子を持ったアルだったかも知れないよ」と話していました。
今思えば、具合が悪い様子も無く、一日2回のエサもちゃんと食べ、出すものも異常が無い状態でした。

お客さんも釣りが終わった時にアルを可愛がってくれて、大勢の人から愛されて幸せだったと思います。

一代目、二代目が眠っている事務所裏の庭に埋葬しました。

今頃は、3匹で天国で遊んでいる事でしょう。


白浜渡船に来られた時にアルの事を可愛がってくれていたお客さん、本当にありがとうございました。

まとまり無いコメントになってしまい、お許して下さい。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 28年10月11日 PM 高島・大島... | トップ | 28年10月12日 AM まだウネリ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む