土佐厚生会スタッフブログ

高知県の社会福祉法人 土佐厚生会のスタッフ日記です。

新採スタッフの研修とは…

2017年05月18日 | 職員研修

こんにちは!

最近トンビを見たんです!ピーヒョロローって鳴く鳥ですね!

トンビは羽をほとんど動かさないまま飛んでいて、あれ…何で飛べるんだ?

って思っていたら上昇気流に上手く乗っているということでした(ノ゚ο゚)ノ

これこそまさに鳥のプロですね!背泳ぎしても沈むだけの自分では、もしトンビになっても上手く乗れんやろなあ

 

さて、土佐厚生会でも介護のプロを養成すべく、今回は前回に引き続き、

新採スタッフの技術的な研修はどのようなことをするのか?

を紹介していきたいと思います(>▽<)b

 

技術的な研修は全部で約3週間にわたり行いました。

内容は多岐にわたりますが、

新人スタッフが職場に行った際、業務をスムーズに理解できるよう

新人スタッフ全員がベテランスタッフから基礎となるレクチャーを受けていきます(゚ー゚)(。_。)

 

【移乗介助に使用するリフターの説明です。使用する際には多くの留意点がありました。】

  ちなみにワイヤーは○○㎏まで大丈夫だったので安心しました(自分もいけるわ…)

 

この仕事は「どのように、またどうしてこう処置するのか」

を知っておかないと危険な支援をしてしまうケースがあります。

また一定の知識がある場合も、間違った知識が混じっていれば

危険に陥ることもあります。

 

そんな個々人によっての知識量の多寡にかかわらず、全員に研修を行うことで

知識、技術の統一化を最初に図っているんですね(*'-')b

 

土佐厚生会が行っている介護職員初任者研修をもとに

講義が実施されているため、講師のスタッフも知識豊富な人たちばかりです(^-^)ゝ

 

【入浴介護の様子です。利用者様によって様々な支援の仕方があります。】

 左の器具では入浴の際、楽しくてブランコのようにしてしまう利用者様もいるそうです。

 支援するスタッフは色んな点に注意しないといけないですね。られんですがやりたくなる気持ち…分かります(´・ω・`)

 

研修を終えた新採スタッフからは、

 

・利用者様に寄り添うということとは、優しさだけではない。

・利用者様の支援のため自分の体も大切にしないといけない。

・心に余裕をもって仕事に取り組んでいく。

・十分なアセスメントがないと、支援の際に非常に危険であることが分かった。

・利用者側の経験をすることで、気持ちを理解することができた。

 

など様々な感想や意見を聞くことが出来、各人が何かしら有意義なことを

実体験のうえで見出していたのではないかと思います(゚∇゚*)(。。*)

【みなさん研修の終わりごろにはすっかり仲良くなっていました( ^^)/\(^^ )】

 

既に、新採スタッフの皆さんは研修を終え、施設での勤務を行っています。

今は採用されたばかりでも、いずれ立派なスタッフとなり土佐厚生会を

引っ張って行ってくれる人財です!

 

皆さんと盛り上げていくことで、新たな土佐厚生会を創っていきましょう!(*^ー゚)b

それではまた次回(*゚▽゚)ノ~

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ようこそ土佐厚生会へ! | トップ | いざ、東京へ! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。