高野 光二郎です !!

高知県選出の参議院議員として、国の実情を地方の視点から綴って参ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

3年6カ月の雪辱を果たし、新たな初心を持ってまっしくら!!

2013年07月23日 13時33分33秒 | 日記

平成25年7月21日 参議院議員選挙が終わりました。

前回の22年7月11日の参議院議員選挙から1106日、3年と10日の雪辱は果たせました。

自民党としては、参議院高知県(定数2)の中で、民主党独占から、12年ぶり、3連敗の雪辱を果たせます。

まず、今まで力強くお支え頂いた皆様、3年間、県内の地域で信頼関係が築けた皆様、灼熱の暑さの中、選挙期間中様々なお手伝いをしてくれた皆様、そしてスタッフの皆様、家族、そして私に期待を頂き、託してくれた県民の皆様、そして今はもう亡くなられてしまった大恩ある皆様がいてくれたこそであり、私の生涯の宝物です。

 ※公職選挙法により、「御礼」が禁止されています。何卒、ご理解下さい。

 又、今回の選挙は「もし、負ければ」正に背水の陣でありましたが、三年間の皆様との信頼関係の積み上げを信じて皆様のご支援により、今まで最高の選挙が出来ました。

 17日間の間にばたばたしたりすることもなく、一喜一憂に流されず、冷静に県民の皆様と向き合わせて頂きました。

 頂いたご支援と、ご期待は新たな初心と共に強い責任と覚悟に変わりました。

 

 

 

 

 

投票率の低さは、想定以上で3年間活動してきた分、素直に自身の力不足を感じます。

 

今後は、限られた時間でありますが、重要法案や採決など中間報告を含めて、街頭活動、国政報告、インターネット選挙の改正、普及や県民からの意見聴取など増やしていきたいと思います。

 

 

(当選翌日から街頭活動、たくさんの「おめでとう」に身が引き締まります。)

 

私が選挙中に県民にお訴えをさせていただいた主な公約として

 

①    南海トラフ巨大地震対策「犠牲者ゼロを目指す。」

 

 具体的には、昨年自公で提出したにもかかわらず、廃案となり、現在、衆議院で自・公で国会に提出している「南海トラフ巨大地震対策特別特措法」の成立を秋の臨時国会で成し遂げます。

 

 私が3年を掛けて現場を調査し、対話や聞き取りを行ってきた県内34市町村首長や議員、関係者、住民の皆さん、そして県庁や県議会の皆さんと密に連携して、特措法の効果的な整備、運用に努めます。(コーディネータ役としても)

 

 また、遅れている本県のインフラ整備、防災産業の育成と支援による経済の活性化、地域のコミュニティーの再生と構築、防災教育による「命と家族」を養う人材育成などに波及して行きます。

 

 東日本大震災において震災直後、延べ3カ月間被災地に滞在し、築きあげた知識と経験そして人脈やネットワークを活かし、更なる情報収集、研究を重ね、30年間で70%の確立で起こるとされる南海トラフ巨大地震に対して、責任が持てる取り組みを全力で進めます。

 

 東日本大震災で災害と言う「不条理」により、家族や仲間や恋人を失って、「絶望」自分さえを失いかけている方々、仕事場を流され、破壊され「今後の不安」を抱える多くの方々に真正面から向き合ってきました。「ふるさとにあの思いはさせない!!」「皆さんの1番大切な人を守る為に」と決意しました。

 

 東日本大震災の一日も早い復興を成し遂げると共に、首都直下型、東海、東南海、南海トラフ、日向灘など想定される巨大地震備え、国の機関、インフラ、人口など集中している都市から、地方に分散をはかる戦後の都市計画、「国土強靭化」を推進します。 

 

②    掛け替えのない高知と祖国日本の経済成長

 

 安倍政権誕生でどの経済指標見ても、「経済成長、景気回復」をしているのは明らかです。

 

 私は、毎日、企業関係者や個人経営の方々と対話している中で、一部ではありますが、アベノミクスの効果が着実にこの高知県でも出始めています。

 

 目標を「デフレからの脱却」として目的を「個人の所得アップ、雇用の創出」を強く進めて行きます。

 

 これからいよいよ第三の矢である「経済成長戦略」の具体的な中身(政策や予算、事業)を決定していきます。

 

 その時に私の取り組みとしては、大企業(3%)より中小企業(7%)、そして大都市より地方への手厚い支援による育成、振興を目指します。

 

 また、高知県の産業振興計画(農業、漁業、林業、商工業、観光)と連携を密にして高知県の県内総生産、所得向上(全国ワースト1,2位からの脱却)に繋げて、若者、シルバー、女性の雇用創出を増やします。

 

以上の二本柱でお訴えして参りました。

 

 限られた選挙戦、時間的な制限もあり、私の中では、生涯を掛けて先陣を切って取り組むと決意した、「南海トラフ巨大地震対策」、そして「経済政策」を主としましたが、

 持続的な社会保障、授産、子育て支援強化、教育の再生、中山間の過疎化対策(産業振興、医療、介護、買物難民対策)、定住、移住促進対策など、市町村や県と密に連携して取り組みます。

 故郷への強い思いもさることながら、我が国全体を考える中で、人口自然減、過疎、少子高齢化の課題において全国で最先進県になっている本県を投資する事で他の都道県が今後陥る際の方向性や課題解決に繋がります。

 また、参議院議員は、6年間と言う任期を頂きます。

 今やるべきことは迅速に行動します。

 

 そして、日本が元来から課題として抱える「食料とエネルギーの需給向上」、地球温暖化対策、環境保全、保護など将来、持続可能な社会と国家を見据えて、果敢にその方向性と行うべき行動を示す所存です。

 これから更に、現場主義を貫き、研鑽を重ねます。

 

 皆様方には、是非とも今後共、ご指導、ご鞭撻よろしくお頼みします。

 前参議院議員の任期は7月28日までです。

 今後、7月24日に高知県選挙管理委員会から「当選証書」を賜り、26日には国会にて議員バッチを賜り、8月の初めから登院の予定です。

 調子に乗らず、慎重、謙虚、丁寧に、行動は大胆かつ果断にまっしぐらに頑張ります。

以下、選挙中の写真をご紹介させて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ◆まっしぐらに「ポチっ」とお願いします。◆

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

人気ブログランキング



◆Twitterでリアルタイムに活動報告しています◆
◆ぜひTwitterでの「フォロー」をお願いします◆
http://twitter.com/takanokohjiro

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いざ、決戦へ。 | トップ | 初国会(^_^) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (松田真弥)
2013-07-24 01:21:00
前回の選挙の時落選された時涙を流されていた高野さんが未だに頭に残っています。僕は土佐塾高3年で毎朝駅前で高野さんが演説しているのを聞き、まだ有権者でないぼくにもちゃんと目を合わせがんばってU+203Cと声をかけてもらい大変嬉しかったのを思い出した。これからも是非高知選出の参議院議員としてがんばってください。
Unknown (松田真弥さん。高野光二郎です。)
2013-07-24 16:22:20
松田さん。ありがとうございます。私はいつもまだ投票権を持っていない子ども達の事も十二分に考えて、様々な政治判断をしていきたいといつも強く考えています。

私も子どもの時辛い事や嫌な事も沢山ありました。挫折も何度もしてきました。

経済環境や家庭内の事情で困難な立場にある子どもにも機会の均等と共に大切な人生を謳歌して頂く社会環境を是が非でも創りたいと考えています。

本当にありがとうございます。これから希望あふれる、誰でも、いつでも、何度でも夢や希望にチャレンジできる高知。そしていたわり合い、支え合う日本を共に創りましょう。

うれしいです。(^u^)

日記」カテゴリの最新記事