高野 光二郎です !!

高知県選出の参議院議員として、国の実情を地方の視点から綴って参ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

熱い思いを享受。

2011年03月31日 10時18分49秒 | 日記

昨日の夕刻、帯屋町で募金活動。

通行される県民の皆さまからたくさんの募金を頂きました。ありがとうございます。

その中でふと気づくと愛息の真駆郎(しんくろう1歳8カ月)が街頭演説中にメガフォンの前に・・・。妻と内緒で見に来たらしい。

 

 

勿論、街頭演説はやめませんし、止めません。

まだ「まんま」としか言えない息子が必死に私を見ているそま姿を小学生3人が不思議がって「あの子見て。」と。

その息子を見ていたら、宮城県の被災地であった3歳の女の子。JCの炊き出しに集まった若いお母さんと2歳の女の子の事を鮮明に思い出しました。

気合を入れます。

昨夜、「誰ガタメノ剣」の戦略会議を行いました。その会議が終了し、10名超の方に現地報告をさせていただきました。

その後、ボランティア活動の受け入れと状況について個々に説明していると皆さん「私なんかが行っても。とか現地に行けるの?」とか、行きたいと言う気持ちを強く持っていても、私が出発前に感じた不安を同じく持っていました。

「被災地はボランティアを求めている。」と言う事を説明すると明日から行く4名に忙しい日程を振りはらって新たに1名が参加することとなり、私が統一地方選後に再び入る事を言うと、「その時は必ず連れて行って」と複数の方が言ってくれました。

「自分が出来るとを精一杯したい。」みんな同じ気持ちだ。

現在、計画中の「東日本大震災のチャリティー現状報告会(仮)」にその開催意義を強く感じました。

本日の朝も沢山の方から募金を頂きました。ありがとうございます。

いよいよ、明日から県議会議員選挙です。

私は、県内の21人の候補者の応援に東から西へ。34市町村へ応援に入り、夜はそれぞれの候補者の個人演説会に入ります。

4年前は、県議候補者でした。私自身もそうですが、事務所や後援会は興奮し、てんぱっていました。

しかし、今回の県議選の盛り上がりは、本当に明日からあるのか不思議なほど盛り上がりを感じません。

当事者でなくなったせいか? それとも東日本大震災の県民の心境の影響か?候補予定者の活動の自粛のせいか?どれもその要因だと思いますが、

防災政策の根幹的な見直し、実効的な政策の推進、東日本大震災の影響をうけての県内経済の落ち込み(公共事業や国の投資についても東日本に集中すると思います。この震災は単に東日本だけではなく日本国の災害です。東日本をまず復旧、復興をさせるために集中投資が必要です。)など課題は山積しています。

是非とも、選挙に行って皆さんの「確かな目」で投票をして下さい。

 

公職選挙法上、選挙(応援や依頼)に関わるブログ記事が違反しなりますので避けさせて頂きます。

日常の活動や、感じた思いは引き続き掲載させていただきます。

勿論、この期間中にも「東日本大震災」の支援を出来る限りしていきます。

◆まっしぐらに「ポチっ」とお願いします。◆

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング

◆Twitterでリアルタイムに活動報告しています◆
◆ぜひTwitterでの「フォロー」をお願いします◆
http://twitter.com/takanokohjiro

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 温かく強い意思を頂く。 | トップ | 県連から。 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事