澎湖島のニガウリ日誌

Nigauri Diary in Penghoo Islands 澎湖島のニガウリを育て、その成長過程を記録します。

「老台北」 蔡焜燦氏が死去

2017年07月17日 19時48分22秒 | 散歩

 さきほど、「台湾の声」のレターニュースで蔡焜燦(さい・こんさん)氏の訃報を知る。
 台湾の「日本語世代」が次々と去っていくのは、世の常とはいえ、とりわけ悲しい。私が台湾に頻繁に旅行するようになって、まだ十年ほどだが、最初のころ、台北でホテルまで送迎してくれる添乗員の多くは、日本語ペラペラの日本語世代の方々だった。しかし、最近では全く見かけなくなった。もっと、話しをしておけばよかったと悔やまれる。
 日本語世代で連想するのは、台北の「二二八紀念館」でお話をうかがった蕭錦文(しょうきんぶん)氏。それにもちろん、李登輝元総統だ。90歳を越えた両氏だが、今もご健在だ。

 蔡焜燦氏については、「台湾人と日本精神」でその存在を知り、感銘を受けた。時の流れは無常で、「日本語世代」がいなくなるのを心待ちしているが、中国共産党であることは疑いない。日本の台湾統治時代を知る「歴史の証言者」は、「一つの中国」という歴史偽造を企む中共(中国共産党)にとって目の上のたんこぶというか、邪魔な存在なのだから。




 「産経」を除く各紙、NHKなどのTV局は、決してこの訃報を報じないだろう。NHKは二十年ほど前、日本語世代が日本語で短歌を詠む集いを「台湾万葉集」としてTV番組制作したことがある。蔡焜燦氏はその「臺灣歌壇」の中心的人物なのだから、「媚中」に堕したNHKにまだ心ある局員が残っているのなら、当然、採りあげるべきテーマだろう。

 心より、氏のご冥福をお祈りしたい。



【訃報】「老台北」蔡焜燦氏が死去 

「老台北」蔡焜燦氏が死去 李登輝氏と親交、「日本語世代」の代表的存在

これほど愛嬌のある台湾人を見たがありません。

これほど台湾と日本、二つの祖国を愛している人がいません。

これほど気前のいい男をみたことがありません。

それは蔡焜燦という男です。 

ご冥福をお祈りします。 

                         「台湾の声」編集長 林 建良(りん けんりょう)

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 産経ニュースより

 【台北=田中靖人】司馬遼太郎の「街道をゆく 台湾紀行」に「老台北」として登場し「愛日家」で知られた蔡焜燦氏が17日早朝、台北市内の自宅で死去した。90歳だった。 

 蔡氏は日本統治時代の1927(昭和2)年、台湾中部・台中市で生まれた。地元の商業学校を卒業後、志願して少年航空兵となり岐阜陸軍航空整備学校奈良教育隊に入隊、日本で終戦を迎えた。帰台後は体育教師などを経て電子機器会社社長を務めるなどした。 

 李登輝元総統と親交が深く、「日本語世代」の代表的存在として日台交流に尽力。自ら親日家を超えた「愛日家」を名乗った。2000(平成12)年に日本で著書「台湾人と日本精神」を出版。日本の台湾統治を肯定的に評価し、「日本人よ胸を張りなさい」と訴えた。 

 08(同20)年から短歌同好会「台湾歌壇」の代表を務め、台湾での日本の理解促進に貢献したとして14(同26)年春の叙勲で旭日双光章を受賞した。台湾歌壇は今年で創立50年を迎え、今年度の外務大臣表彰を受けた。


台派科技大老蔡焜燦今早過世 享耆壽92歲

 

                                                                                    自由時報

 

 

 

 

2017-07-17 16:53

〔記者洪友芳/新竹報導〕IC設計公司偉詮電(2436)榮譽董事長、對台日外交頗有貢獻的台派科技大老蔡焜燦,今天早上約5點過世,享耆壽92歲。

據了解,蔡焜燦因年事已高,2天前開始無法進食,今早約5點於自宅過世,享耆壽92歲。

  •  

    IC設計公司偉詮電(2436)榮譽董事長、對日本外交頗有貢獻的挺綠大老蔡焜燦,今天早上約5點過世,享耆壽92歲。(資料照,記者王敏為攝)

偉詮電是國內老牌的消費性電子IC設計公司,創立於1989年,蔡焜燦擔任12年董事長職,16年前交棒給一起創業投資夥伴林錫銘。

林錫銘表示,蔡董事長於公於私都是他很尊敬的長輩,他創立公司邀請蔡投資偉詮電,他非常爽快,也很支持與授權他經營管理 ,就他所了解,蔡董事長非常愛台灣,尤其在日本國民外交出錢出力,對於他的去世,他感到不捨與哀悼。

蔡焜燦與前總統李登輝交情深厚,擔任過李登輝之友會會長,對日本殖民時代更擁有濃厚的懷舊情結,曾以「前日本人」自居,還在日本出版過「台灣人與日本精神」一書:以前主持偉詮股東會,都講台語,在竹科上百家股東會中,非常獨樹一格。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 十亀有子デビュー40周年記念... | トップ | 十亀有子デビュー40周年記念... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。