澎湖島のニガウリ日誌

Nigauri Diary in Penghoo Islands 澎湖島のニガウリを育て、その成長過程を記録します。

「浜のかきあげや」に行く

2017年05月12日 08時34分06秒 | 散歩

 昨日(11日)、友人と一緒に由比(静岡市)まで出かけてきた。由比といえば、桜エビが獲れる唯一の漁港。桜エビ漁は、春秋、期限を区切って行われているので、その時期を逃せば、新鮮なものには巡り会えない。

 今年の春漁は、来月上旬で終わるので、連休明けの週日がまたとないチャンスだと思った。電車を乗り継いで、約三時間。緑が目に染みるJR由比駅に降り立つと、ホームの階段からは、残雪をいただいた富士山が見える。


由比駅の架橋から見た富士山

 目指すのは、由比漁協直営の「浜のかきあげや」。旧東海道を歩いて10数分、海岸の方へ降りると、ほどなく浜小屋のような店舗が見える。正午前だったが、大勢の人が並んでいる。10分ほど待って、桜エビとシラスの釜揚げがご飯の上に載った「由比丼」とかき揚げとみそ汁がセットになった「由比丼セット」を注文。これで千円。新鮮かつ文句なしの美味しさだった。


浜のかきあげや」の由比丼セット(千円) 



にぎわう「浜のかきあげや

 桜エビ料理に満喫した後は、由比本陣公園へ。その中にある「御幸亭」で一休み。明治天皇が休憩したという由来の御幸亭は、20年ほど前に復元されたというが、前庭の池の部分は、昔からのまま。



由比本陣」御幸亭
 
 由比本陣の正門前にある「正雪紺屋(しょうせつこうや)」は、江戸時代の軍学者・由比正雪の生家。江戸時代から伝わる家屋で、中には染め物関係の伝統工具などが展示されていて、桜エビを形どった、可愛いらしい染物(手ぬぐいなど)が販売されている。


由比本陣の正門から見た「正雪紺屋」



正雪紺屋」に展示された伝統的染め物用具


正雪紺屋」の染め物(手ぬぐい)可愛い桜エビがデザインされている

 正雪紺屋」では、個人的にも歴史の不思議なめぐりあわせを感じた。
 初夏の心地よい一日、最高の散歩だった。


 



『散歩』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮・金王朝と大日本帝国... | トップ | 国連委が慰安婦合意の見直し... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。