澎湖島のニガウリ日誌

Nigauri Diary in Penghoo Islands 澎湖島のニガウリを育て、その成長過程を記録します。

ジョージ・グリーリー ベスト・オブ・ポピュラー・ピアノ・コンチェルト

2017年07月13日 23時09分08秒 | 音楽・映画

 今年の上半期、ワーナー・ミュージック・ジャパンが、1960年代にリリースされた「ムード音楽」のアルバム(LP)を21枚、「Take it easy!」シリーズと題してCDに復刻・リリースした。主なところでは、ウェルナー・ミューラーのデッカ録音が7枚、マニュエル&ミュージック・オブ・マウンテンが4枚、ネルソン・リドルが2枚など。



 「ムード音楽」という言葉さえ知らない世代が増える中、往年のオリジナル・アルバムを完全復刻したワーナー・ミュージックに対しては、大いなる感謝を伝えたい。同時に、売れ行きはどうなのだろうかと心配でたまらない。私の友人が後続のリリース予定があるのかどうか、ワーナーにメールで問い合わせたところ、何の返事もなかったという。彼は「そのこと自体がこたえでしょう」と言っている。つまり、案の定、売れ行きは芳しくなく、後続リリースの予定はないということらしい。

 このシリーズの中で私が気に入ったのは、「ベスト・オブ・ポピュラー・ピアノ・コンチェルト」(ジョージ・グリーリーGeorge Greeleyのピアノ ワーナー・ブラザース管弦楽団 1961年録音)。クラシックのピアノ協奏曲風のアレンジで「慕情」「ローラ」などの名曲をG.グリーリーのピアノが奏でる。オーケストラはフル編成で、コンサート・ホールの響きが誇張なく収録されている。古色蒼然、いぶし銀のような音色、いまどきこんなアルバムに、そう巡り合えるものではない。



 ウェルナー・ミューラーなどよりも知名度が低いG.グリーリーのこのCDは、おそらく千枚も売れていないのではないか。興味がある方は、今のうちに入手しておくのもいいかも。再リリースは絶対にありえないので…。


ベスト・オブ・ポピュラー・ピアノ・コンチェルト」(ジョージ・グリーリー)》

発売日:2017年01月25日
価格:¥1,500(本体)+税
規格番号:WPCR-17583 

作曲家、編曲家、指揮者としてもお馴染みのジョージ・グリーリーがピアニストとしての力量を天下に示した傑作。日本初CD化!!(61年作品)
解説付・2016年デジタルリマスター

Take It Easy!

今、イージー・リスニング・ミュージックが新しい! 50年代末から始まったステレオ録音の魅力を最初に 世界に伝えたフル・オーケストラによる魅惑の大人の音楽 が半世紀の風雪に耐えここによみがえる。

  • ステレオ録音(一部除く)/オリジナル・ジャケット(一部除く)/最新デジタル・リマスタリング
  • 日本・世界初CD化作品多数
M-1Love Is A Many-Splendored Thing / 慕情    
M-2Laura / ローラ    
M-3Main Theme(On The Trail) Grand Canyon Suite / 「山道を行く(組曲「グランド・キャニオン」より)」    
M-4An Affair To Remember(Our Love Affair) / 「過ぎし日の恋(映画「めぐり逢い」より)」    
M-5Aloha Oe(Farewell To Thee) / アロハ・オエ    
M-6Three Coins In The Fountain / 愛の泉    
M-7Street Scene / ストリート・シーン    
M-8Hawaiian War Chant / ハワイの戦いの歌    
M-9Moonlight Sonata / 「月光(ベートーベン作曲ピアノソナタ「月光」より)」    
M-10Come Back To Sorrento / 帰れソレントへ    
M-11Love Music / 愛の音楽(リヒャルド・ワグナー作曲「トリスタンとイゾルデ」より)


『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小池知事さま、「時差Biz」よ... | トップ | アルフレッド・ハウゼ楽団コ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

音楽・映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。