澎湖島のニガウリ日誌

Nigauri Diary in Penghoo Islands 澎湖島のニガウリを育て、その成長過程を記録します。

東洋史の碩学・岡田英弘氏が死去

2017年06月16日 12時05分35秒 | 歴史

 風邪をひいて寝込んでいたが、ニュースで岡田英弘氏の訃報を知る。

 ずっと以前、私はこのブログで岡田氏の著書「歴史とは何か」について、感想文を書いたことがある。従来の「中国」中心の東洋史の枠を打ち破り、日本史をも包括した「岡田史観」を打ち立てた大学者だった。

 数年前、東京外国語大学で「モンゴル近現代史」(二木博史教授)を聴講したこともあって、モンゴル史に興味を持ち、岡田氏の一般向け著書はほとんど読んだと思う。その結果、「一つの中国」というイデオロギーのウソはもとより、モンゴル、満洲、チベットといった「中華」外縁の歴史を知らなければ、本当の「中国史」は分からないということを知った。

 時代背景と世代を考えると、岡田氏のような歴史学者はもはや登場しないのではないか。
 一読者として、岡田氏のご冥福を心よりお祈りしたい。


岡田英弘氏が死去 歴史学者

2017/5/30 20:15  日本経済新聞
 岡田 英弘氏(おかだ・ひでひろ=歴史学者)25日、心不全のため死去、86歳。連絡先は藤原書店。告別式は近親者で行った。喪主は妻で歴史学者の宮脇淳子さん。

 1957年、日本学士院賞を受賞。中国史をはじめ、世界史を幅広く研究した。著書に「歴史とはなにか」など。

ジャンル:
かなしい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マントヴァーニの音楽を愛し... | トップ | 都議選~「小池劇場」を煽る... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歴史」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。