澎湖島のニガウリ日誌

Nigauri Diary in Penghoo Islands 澎湖島のニガウリを育て、その成長過程を記録します。

トランプ・蔡英文 電話会談の意味

2016年12月05日 23時53分55秒 | 政治

 トランプ・次期米国大統領と蔡英文・中華民国(台湾)総統が電話で会談したというニュース。日本のマスメディアは「中国政府の反応は…」と伝えるばかりで、さすがに媚中、無定見な報道姿勢は変わらないとあきれ果てた。

 メール・マガジンのひとつである「台湾の声」は、この会談に関して的確な論評を伝えている。そこで、ここにそのいくつかを転載させていただく。

門田隆将】「トランプ-蔡英文」衝撃会談の意味 

 門田隆将2016年12月03日ブログより転載  

 中国にとって、アメリカのトランプ次期大統領による“衝撃的”な出来事がつづいている。最大のものは、本日、トランプ氏が台湾の蔡英文総統と「電話会談をおこなった」ことだ。

 台湾の総統とアメリカの大統領や次期大統領とのやりとりが「公になった」のは、1979年の米台断交後、もちろん初めてのことだ。 

中国にとって、何が衝撃だったのか。それには、まずアメリカの「台湾関係法」を理解しなければならない。「ひとつの中国」を原則にして、歴史的な米中国交正常化が成った1979年、アメリカは、台湾(中華民国)を守ることを目的とした「台湾関係法」をつくった。 

これは事実上の「軍事同盟」であり、それまでの米台間のすべての「条約」や「協定」は維持されることになった。つまり、アメリカは、台湾を「国家同様に扱う」ことを定め、責任を持って「守り抜く」意思を明らかにしたのだ。 

アメリカは中国に対して「貴国とは、国交を樹立する。しかし、それは中華民国(台湾)との関係を完全に断つという意味ではない。わが国は、どんなことをしても中華民国を守る」と宣言したのである。 

それは、たとえ第二次世界大戦終了の4年後(1949年)に成立した中華人民共和国と国交を結んだとしても、連合国軍の大切な仲間であった「中華民国を見捨てることはしない」という強烈なアメリカの意思表示であり、人道的な決意によるものだった。 

これによって、中国の「台湾侵攻」は、永久的ではないにしても、封殺を余儀なくされた。中国にとっては、仮に台湾侵攻をおこなうとすれば、「中米戦争の勃発」を意味するものになったのだから無理もない。アメリカの姿勢は、日本が台湾に対しておこなった1972年の「日華断交」とは根本的に異なるものだったと言える。 

しかし、逆に考えれば、中国にとっては、「アメリカに方針転換さえさせれば、台湾をどうとでもできる」ということも意味する。歴代のアメリカ大統領とは“異質な”トランプ氏の登場は、ある意味、中国には、「待ちに待ったチャンス」だったのである。 

だが、世界の首脳に先がけて日本の安倍首相がトランプ氏との直接会談にこぎつけて以降、中国の旗色は悪い。11月14日に習近平国家主席は、電話で当選への祝意を伝えたとはいうものの、トランプ氏から中国への尊重や敬意の思いは未だに伝わってこない。 

一方、あれだけオバマ大統領に罵声を浴びせていたフィリピンのドゥテルテ大統領が昨日、トランプ氏と電話会談をおこない、これまた良好な米比関係に向かって第一歩を踏み出した。テレビに映し出された会談中、そして会談後のドゥテルテ大統領の満面の笑みは、親密な関係を築けた証明とも言える。 

そして、今日の蔡英文総統との電話会談である。ここで重要なのは、蔡総統がトランプ氏に「台湾の国際社会への参画」に対して理解を求めた点である。トランプ氏の返答がいかなるものだったのかは、詳らかになっていないが、筆者には、台湾の政府関係者から「(台湾)外交部にはトランプ氏の娘婿であるジャレッド・クシュナー氏と大学時代の親友がおり、彼を通じてトランプ氏の台湾への理解は相当深いと聞いている」という話が伝わっている。 

国防長官に“狂犬”の異名をとるジェイムズ・マティス退役大将が指名されたことが明らかになった直後に、ドゥテルテ、そして蔡英文という二人の首脳との電話会談をおこなったトランプ氏。中国にとって“対米防衛ライン”とされる日本-台湾-フィリピンという「第一列島線」の首脳がいずれもトランプ氏との「関係強化」を現実のものにしつつあることをどう捉えるべきだろうか。 

トランプ氏がよく比較されるドナルド・レーガン元大統領は、1980年代の任期「8年間」に強気の姿勢を一切崩さず、SDI構想(戦略防衛構想、通称スター・ウォーズ計画)によって、ついにソ連の息の根を止め、冷戦を「終結」させた歴史的なアメリカ大統領となった。 

当時のソ連に代わる超大国にのし上がった中国に対して、果たしてトランプ氏はどんな政策を打ち出すのだろうか。今日の「トランプ-蔡英文」会談の報を受けた中国の王毅外相は、報道陣を前にして、「(これは)台湾のこざかしい動きに過ぎない。国際社会が築いた“ひとつの中国”という大局を変えることはありえない!」と吐き捨て、激しい動揺と苛立ちの深さを浮き彫りにしてしまった。 

トランプ氏の登場は、南シナ海や東シナ海での傍若無人な中国の動きに今後、どんな影響をもたらすのだろうか。外交とは「生き物」である。大統領選の最中とは異なり、共通の価値観を持つ先進資本主義国のリーダーとして、トランプ氏に世界の“意外な”期待が寄せられつつあるのは確かだろう。

 

 

 

Gordon G. Chang】Why Donald Trump's Taiwan Call Changes Everything 

「The National Interest」より転載 

What Trump has done is not “reset” Washington’s relations with China but put them on an entirely new footing.

Gordon G. Chang  

 December 3, 2016  

 Beijing today lodged a formal protest with the U.S. because President-elect Donald Trump, bypassing established diplomatic channels, spoke to Taiwan’s Tsai Ing-wen yesterday by telephone. 

During the call, each congratulated the otherーTsai captured the presidency in a landslide in mid-Januaryーand both spoke of close relations.   

Beijing’s initial reactions, issued by China Central Television, the state broadcaster, and the foreign ministry, were mild, as was the protest, but expect tempers in the Chinese capital to flare in coming weeks.

Why? In a few short minutes over the phone, Trump implicitly recognized Taiwan’s status as a sovereign state, thereby breaking with decades of settled China policy. 

The call, as many have noted is the first known interaction between a U.S. president or president-elect with his Taiwan counterpart since the Carter administration broke diplomatic relations with the island.

Regardless of what Trump and Tsai said to each other, the fact the call took place would be sufficient to upset Beijing’s leaders, who view Taiwan as part of their People’s Republic of China. 

Tsai, on the other hand, believes she heads a state called the Republic of China. Formally, her government takes the position it has sovereignty over all China but, as a practical matter, acts as if it is sovereign over only the main island of Taiwan and scattered islands it in fact administers. 

Washington recognizes Beijing as the lawful government of China but in substance maintains the dispute between the two sides is unresolved and insists the resolution of the matter, when it occurs, be peaceful. The Taiwan Relations Act, U.S. legislation passed in 1979, provides for unofficial ties with Taipei and creates limited obligations to protect the island from Beijing. This American posture has continued, with only minor modification, since that time. 

Trump, however, seemed to change everything Friday. “During the discussion, they noted the close economic, political, and security ties exists between Taiwan and the United States,” notes the readout of the Trump transition team of the historic conversation. “President-elect Trump also congratulated President Tsai on becoming President of Taiwan earlier this year.” 

Beijing will not miss the fact that Trump called Tsai “President,” an implicit recognition she is the head of a state separate and apart from China. And as if to emphasize the point, he labeled her country “Taiwan.” 

Tsai rode to victory as the candidate of the Democratic Progressive Party, which wants “Taiwan” recognized as a separate state that does not include the “Mainland,” in other words, China. 

About two-thirds of the island’s population, in survey after survey, self-identify as “Taiwanese,” in other words, not “Chinese.” Less than five percent call themselves Chinese and not Taiwanese. Beijing is worried that Taiwan, with its growing Taiwanese identity, will formally break away from “China” and declare itself the “Republic of Taiwan.” Tsai has yet to do so, but Trump just did. 

And what can make this situation even more explosive? Beijing threatens to use force to absorb Taiwan, and the Communist Party of China primarily bases its legitimacy on its ability to “unify” the “Motherland.”

Significantly, Trump did not inform the White House or State Department beforehand. Nor did he consult what is effectively America’s liaison office in Taipei, the American Institute in Taiwan. All of them would have tried to stop him. 

But the president-elect did not owe anything to any of them. As Henry Kissinger told Fareed Zakaria after the election, “he has absolutely no baggage.” His policies are his own, and he will write on his blank slate as he sees fit.

As a result, many are now expressing alarm. Chris Murphy, a member of the Senate Foreign Relations Committee, in a tweet acknowledged that “consistency is a means, not an end” but suggested Trump’s moves, including the call with Tsai, “are major pivots in foreign policy w/out any plan.” “That’s how wars start,” the Connecticut Democrat wrote. 

Evan Medeiros, former Asia director on the National Security Council, told the Financial Times that Chinese leaders “will see this as a highly provocative action, of historic proportions” and that he is worried “Trump is setting a foundation of enduring mistrust and strategic competition.” 

What Trump has done is not “reset” Washington’s relations with China but put them on an entirely new footing. Up to now, Beijing has kept the initiative, and American presidents, especially George W. Bush and Obama, have merely reacted, trying to build friendly relations in spite of increasingly bold Chinese moves. The concept was that Washington had to maintain cooperative ties, increasingly considered an end in itself.  

 Trump, by seemingly not caring about Beijing’s reaction, has cut China down to size, telling its autocrats he does not fear them. 

Just about everyone assumed the Chinese would create a crisis for Trump in his first months in office, just as they created crises for both George W. Bushーin April 2001 with the detention of the crew of the U.S. Navy EP-3ーand his successorーthe harassment of the Navy’s unarmed reconnaissance vessels, the Impeccable and Victorious, in March and May 2009. 

Instead, Trump took the initiative and created a crisis for China’s leaders, and he did that more than a month before taking the oath of office.

Therefore, Beijing is bound to find the next months unfamiliar and unsettling.

There is, if you need a metaphor, a rather large bull in the china shop. And, yes, that could be a good thing. 

 Gordon G. Chang is the author of The Coming Collapse of China.  Follow him on Twitter @GordonGChang.

 

 

Stop Freaking Out】 Donald Trump’s Taiwan Phone Call Was a Good Thing

 For too long, the West has cowered when Beijing huffed and puffed about Taiwan. Trump is finally calling its bluff. 

Gordon G. Chang

 

12.05.16 3:27 AM ET 

Chris Murphy, a member of the Senate Foreign Relations Committee, thinks Donald Trump has just put America on the road to war. 

In reality, the opposite may be true. The president-elect may have taken the first steps to stabilize East Asia.

 On Thursday and Friday, Mr. Trump spoke over the phone with his counterparts in Pakistan, Kazakhstan, Afghanistan, the Philippines, and Singapore. Yet by far the most controversial, and consequential, conversation occurred on Friday, when he exchanged pleasantries for 10 minutes with Tsai Ing-wen, the Taiwan leader. 

Trump spoke with Tsai without consulting the White House or the State Department. He also bypassed the American Institute in Taiwan, America’s liaison office in Taipei. 

Critics jumped at the lack of coordination. Senator Murphy, in a tweet, called the phone conversations “major pivots in foreign policy w/out any plan.” And then the Connecticut Democrat dropped this line on the public: “That’s how wars start.” 

Murphy, by raising the prospect of titanic armed struggle, could not have been thinking of Trump’s conversations with Rodrigo Duterte of the Philippines or Nawaz Sharif of Pakistan. The president-elect may have made a few misguided comments while discussing affairs with them, but these mistakes were innocuous. 

The words with Tsai, however, caught everyone’s attention. America has shunned Taiwan since 1979 when President Carter broke off diplomatic ties with Taipei in order to establish them with Beijing. As a result of that policy, today 

Washington pretends that a vibrant democratic society of 24 million people is not a country, although it has all the attributes of one. 

Pretend no more. The Trump transition team’s readout of the Tsai conversation signaled a momentous shift in direction. The president-elect essentially recognized the island as a sovereign state by calling her “President of Taiwan.” 

Beijing, on the other hand, claims Taiwan, taking the view that it is merely the 34th province of the People’s Republic of China. 

Because the Trump-Tsai call ignored China’s “core” interest in Taiwan, many analysts and diplomatsーnot to mention junior senators from Connecticutーbelieve Beijing would go to war with the U.S. Murphy, therefore, draws a straight line from the phone call heard round the world to Armageddon. 

But perhaps Murphy and others should put the end-of-the-world worries on hold.

Trump did not “wing” that momentous foreign policy decision, as former diplomat Christopher Hill charged Friday evening on CNN. Stephen Yates, on the Trump transition team and a thoughtful voice on China in conservative circles, was reported to have been in Taiwan when the call from Tsai took place, fueling speculation he helped plan the event. Moreover, it would have been unlikely for the cautious Tsai to make the call without knowing in advance it would be answered, especially because a rejected call would create major political embarrassment for her and her party. So the conversation looks like the opening gambit by Trump to reorient China policy. 

And despite the hand-wringing from the American foreign policy establishment, documented in a Fox News op-ed by Yates and Christian Whiton, a State Department official in the Bush years, the Tsai call could help avoid conflict. 

How so? The Chinese have done an almost-perfect job of convincing others that they are willing to start hostilities if that is what is necessary to win Taiwan. Therefore, most everyone else has been intimidated. Seeing how well belligerence has worked, Beijing has ramped up its tough tactics to bolster its frightening image. 

Accordingly, Chinese leaders have, over time, employed more dire-sounding language. In October 2013, for example, Xi Jinping ominously put a time limit on the resolution of the Taiwan problem. “Looking further ahead,” he said to a senior Taiwan envoy, “the issue of political disagreements that exist between the two sides must reach a final resolution, step by step, and these issues cannot be passed on from generation to generation.” 

Trump, by calling Taiwan a separate state, indirectly told the Chinese he is not afraid of them, saying, in effect, he does not respect their most important concerns. He is, in a real sense, starting a new relationship with Beijing, putting everything China has won in the past four decades back on the table. 

Henry Kissinger, in the Chinese capital in the last few days, has tried to reassure Xi about the inherent stability of U.S. policy. Nonetheless, Trump shortly after told the Chinese he is not interested in pleasing them. The president-elect has, therefore, given them a reason to act more in line with his wishes. 

If the Tsai call was to create a bargaining chip, as some believe, Trump could be looking to establish a grand bargain, willing to negotiate trade, North Korea, Taiwan, and a dozen other subjects with nothing out-of-bounds. 

It’s more likely, however, that the grand negotiator of Fifth Avenue was reverting to his strong “America First” impulse. If so, Chinese leaders are in for a tough four years. 

American policy, from the end of the Cold War to today, has been to put Chinese interests first by trying to integrate China into the existing international system. This extraordinarily generous and patient policy looked like it was working until the end of last century.

 Then, achieving success, the Chinese got confident to the point of arrogance and began challenging the American-led system. Those challenges have demonstrated that the assumptions underpinning American policyーthat China would agree to defend the post-Cold War world after becoming its biggest beneficiaryーcould not have been more wrong. 

Today, America’s Taiwan policy is unsustainable. That policy, incredibly, undermines a friendly free society to help an authoritarian state that is at the same time attacking American values. 

That policy also works against Washington’s efforts to maintain stability in East Asia. Taiwan is the “cork in the bottle,” the land mass in the First Island Chain at the intersection of the South China and East China Seas. The “unsinkable aircraft carrier” prevents the Chinese navy and air force from reaching the Western Pacific and thereby helps contain Beijing’s dangerous expansionism. 

But Washington, inexplicably over the course of decades, has sought to weaken Taiwan. 

Manyーand not just American Firstersーwonder what’s the point of helping Beijing, an adversary, by forcing a friend, Taiwan, into its arms. Trump, with 10 minutes on the phone Friday, looks like he began correcting America’s biggest foreign policy mistake.

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マントヴァーニのクリスマスDVD

2016年12月04日 21時34分09秒 | 音楽・映画

 英国の友人から届いたDVD「Memories of Christmas with Mantovani & his orchestra」を見る。 
 1958-59年にBBC-TVで放送された「Mantovani Show」の二番組を収録。そのひとつは、クリスマス特集。「ジングルベル」「きよしこの夜」「諸人こぞりて」など、よく知られた曲が入っていて、一足早いクリスマス気分。

 マントヴァーニの「カスケーディング・ストリングス」が全編で冴えわたっている感じ。今さらながら、彼の音楽は大したものだったと思う。

 百聞は一見に如かず、次の「ホワイト・クリスマス」をぜひご覧ください。


 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京五輪は中止に! けさ福島沖地震M7.4の衝撃

2016年11月22日 08時49分02秒 | 社会

 今朝、緊急地震速報の警報音で目が覚めた。

 TVをつけてみると、福島県に3メートルの津波警報が発令され(のちに、宮城県にも発令)、午前9時半現在、まだ解除されていない。

 幸い、大きな被害はない模様だが、Mixiには次のような書き込みが相次いだ。

やっぱり東京五輪なんて、ムリ、中止。 --- 福島県沖でM7.3の地震 白河市などで震度5弱 (アースサイエンティフィック - 11月22日 06:07)

私も同じこと思ってました、 テロがあったり、 地震、この世の中何が起こるかわかりません からね

同感です。首都直下型地震が万が一五輪中に起きても世界中の人達を巻き込みますし、それ以前に来たら建設中の関連施設のダメージ(特に選手村は埋立地ですから液状化ないし津波で水没)を受けることは避けられず2020年までに間に合わないことは確実です。やめる英断を下すなら早いほうがいいです。

莫大な税金投入するより被災者や経済的弱者支援に廻すべきですね。五輪など古代ギリシャより不正の温床でしかありません

 東京五輪の開催理由の一つは、東日本大震災復興だったが、実は、
原発事故の実態から国民の目をそらすためとも言われた。今朝の大地震、津波警報で、多くの人たちが3.11の悪夢を思い出し、東京五輪開催の虚しさを感じた向きも多いのではないか。

 猪瀬、舛添という、私利私欲に目がくらんだエゴイストが推し進めてきた東京五輪。五輪反対という声は、「復興」「絆」というきれいごとの前で、ことごとくかき消されてきた。
 小池新都知事は、前車の轍を踏まず、すべてを見直すそうなので、今朝の地震を肝に銘じてほしい。

 東京五輪で「おもてなし」…そんな呑気なことを言っている場合ではない。首都圏直下大地震は、いよいよ間近に迫っていると考える方が、まともなのだ。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

七五三のお祝い

2016年11月20日 13時34分07秒 | 散歩

 七五三の宮参りの帰路、立ち寄ったNちゃんが、ピアノを弾きました。
 三歳と三か月。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「湾生回家」(台湾ドキュメンタリー映画)を見る

2016年11月17日 19時17分18秒 | 台湾

 先ほど、台湾映画「湾生回家」(黄銘正監督 2015年)を見てきた。
 週日、午後1時過ぎの岩波ホールは、ほとんどが高齢者、六~七分の入りだった。地味なドキュメンタリーにしては、予想以上の人出だと思った。



 映画の紹介については、公式予告編を下記に貼付したので、それを見ていただくとして、少しだけ感想を記したい。
 
 私が「湾生」(=日本統治時代の台湾で生まれた日本人)という言葉を知ったのは、知られざる東台湾~湾生が語るもう一つの台湾史(山口政治著 2007年)を読んでから。
 
 著者の山口政治氏は、出版当時でも85歳前後のご高齢であったから、今どうされているのだろうか。
 「東台湾」は、台湾島の太平洋岸を指す。台湾島には中央山脈が屹立していて、太平洋側と台湾海峡側との交通を遮断している。太平洋側の東台湾には、清朝の支配が及ぶこともなく(すなわち漢族の居住も少なく)「化外の地」と呼ばれ、主に台湾原住民が生活する領域だった。その東台湾の開発、近代化が進められたのは、日本統治時代(1905-1945年)だった。花蓮は日本人によって開発された町であり、多くの日本人が開拓者として移住した。その時代、台湾で生まれた日本人が「湾生」と呼ばれ、この映画のタイトルにもなっている。

 この映画の黄銘正監督は、ことし46歳。インタビューで「たちの世代は、学校で日本がいかに悪いことをしたかということしか教えられていなかったのですが、祖父母からは日本の負の側面については、ほとんど聞いたことがありません。もっとも日本がどうだったかという話はそんなにしませんでしたけど、それでも印象に残っているのはいい部分の話しばかりですね」と語っている。ここには、中国国民党独裁下の学校における反日教育と、彼の祖父母である日本語世代の日本認識との断絶がはっきりと示されている。台湾人本省人)の日本語世代が語り継いできた、肯定的な「日本」のイメージがあるからこそ、現在の「親日国家台湾」があるのだと言えよう。
 酒井充子監督の「台湾人生」(2008年)「台湾アイデンティティ」(2013年)では、その日本語世代の台湾人が激動の人生を語っている。

 この「湾生回家」(2015年)は、その酒井充子二作品へのオマージュともなっている。いみじくも、映画のパンフレットに酒井充子監督が「湾生と日本語世代」という一文を寄せている。



 全文を引用させていただいたが、何度か遠くからお会いしたことのある酒井充子監督なので、お許しいただけると思う。日本と台湾の双方から記録された映画の原点がここに記されているので、他に多くを語る必要もないほどだ。

 陳腐な表現ではあるが「日台の絆を改めて知らされる」秀作である。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桐朋学園オーケストラ演奏会

2016年11月13日 20時26分05秒 | 音楽・映画

 桐朋学園オーケストラ演奏会に行く。「桐朋学園音楽部門の学生・生徒からなるオーケストラ」ということで、部分的には高校生(音楽科)も含まれているようだ。
 


 これまで、いくつかの大学オケの演奏会に行ったことがある。クラシック音楽を愛する気持ちは十分伝わってくるものの、こちらの心の琴線に触れるような演奏には出会ったことがなかった。だが、このオケはレベルが全然違う。

 プログラムは次のとおり。



 濱島祐貴作曲「 は闇に谺して for orchestra」は「本邦初演」だった。難解な現代曲というよりも、和風のリズム、うねるような音の流れに、そのまま浸ることができる楽曲だった。

 指揮者の中田延亮は「巨匠ジャン・フルネ最後の愛弟子の一人」だという。私は、その亡きマエストロ(ジャン・フルネ)が指揮する演奏会を6回ほど聴いたことがある。彼がフランス音楽を指揮すると、いつもの都響が別のオケのようになって、色彩感あふれた音を出すのを聴いた。その経験から、指揮者の中田延亮がラヴェル「スペイン狂詩曲」をどう表現するのか注目。桐朋学園オケは、緻密な弦のアンサンブル、色彩感あふれた管楽器、打楽器で、どう聴いても、プロの楽団とそん色のない演奏を聴かせてくれた。

 ブラームス第三番は、どちらかというと、明るく軽やかな演奏。というと、不出来だったのかと思われるが、そうではない。大昔、エルネスト・アンセルメ指揮スイス・ロマンド管弦楽団による「ブラームス交響曲全集」が、ドイツ的な重厚さに欠けた演奏であると、評論家先生から酷評されたことがある。フランス的なブラームスは、ドイツびいきの方々のお気に召さなかったということなのだが、何と狭量な批評だったことか。この桐朋学園オケのブラームスは、どちらかというと、そのスイス・ロマンド的なサウンドなのかもしれない。指揮者である中田延亮の好みの音なのだろうか。だとすればこのオケは、指揮者の意図を完全に体現化できる、プロ顔負けのオケと言えるのかもしれない。

 若々しい音楽家が奏でるサウンドをそのまま受け入れ、心から楽しんだ演奏会だった。
 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「トランプ大統領」を予見できなかった人たち

2016年11月09日 20時55分22秒 | マスメディア

 米国大統領選、いざトランプが当選してみると、日本のマスメディアのいい加減な報道ぶりが際立った。



 私が知る限りでは、TVで「トランプ勝利」を公言していたのは、藤井厳喜木村太郎の両氏のみ。米国外交の専門家、米国通を自認するジャーナリストの大半が、クリントン優勢と言っていたのだから、彼らの専門知識、分析能力に疑問符が付けられて当然だろう。このことで連想したのが、1933年、日本が国際連盟を脱退したときの経緯。時の外相・松岡洋右は、世論の糾弾に遭うのを覚悟して帰国したら、提灯行列で大歓迎された。国際連盟脱退は日本の運命を分ける決断だったのに、国民はあっけなくそれを受け入れた。マスメディア(当時、ラジオはNHKのみ、新聞は「朝日」「読売」など)も賞賛の報道を行った。国際関係を洞察する能力の欠如は、今日に始まったことではないのだ。

 その木村太郎はTVで「トランプ大統領になって、米国が続けてきた”冷戦”が初めて終わる。12月15日、プーチン首相が来日するのは、極めて重要。冷戦後の新たな日露関係を構築するチャンス」だと語っている。
 安倍首相はトランプ当選の感想を求められて「日米関係は、普遍的価値で結ばれた揺るぎない同盟」だと応えた。普遍的価値とは、米国流民主主義を受け入れて、言論の自由、人権などが担保された状態を指す。だが、トランプ自身が明言した人種主義がその「普遍的」価値をぶち壊す可能性には触れていない。トランプがこじ開けた「パンドラの箱」に目を背けてはならないのだ。



 こんなとき、私たちは決して「地球市民」などではない、白人でもなく、英語も喋れず(すなわち、それは植民地ならなかった日本ということでもあるが)、一蓮托生の「列島人」(西部邁)であることを思い知らされる。

 国際関係の潮目が変わると、常に「バスに乗り遅れるな」とばかりに状況追随的に行動する日本人。その習性は今も昔も変わらない。

「ニュース女子」(11月7日放送) 藤井厳喜氏がひとり「トランプ当選」を予見
 
 
  

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「伊根の舟屋」へ

2016年10月14日 12時00分18秒 | 散歩

 先の連休、念願だった京都府伊根町の「伊根の舟屋」 を訪れることができた。

 有名な観光地なので、特に説明を記すまでもないが、あまりに穏やかな海、景色は息をのむほどだった。

 一日中、潮の干満の差がなく、夏と冬でも40cmしか変動しない(夏は40cmほど水位が上がる)。日本海側であるにも関わらず、湾の奥の海は南側にあるので、町は比較的温暖で住みやすい。そのような自然環境が産みだした奇跡のような景観があった。


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「豊洲市場」を語る二人の都庁OB

2016年09月25日 08時52分02秒 | 社会

 先日、都庁に勤めていた知人と偶然に遭ったので、お茶を飲みながら世間話。その中で、興味深いエピソードを聴いた。
 
 小池新知事の登場がなければ、豊洲市場移転問題がこれほど注目されることはなかっただろう。ましてや、TVワイドショーで連日、都政があれこれ”論評”されるなんて、前代未聞の出来事ではないか。
 
 この豊洲問題や都政の解説をしているのが、青山 佾佐々木信夫という「都庁OB」の二人。

 
青山 佾(やすし)明治大学教授(元・都副知事)

 TVで見る限りでは、青山氏の解説は中庸で分かりやすく説得力がある。知人によると、この人は東京都の管理職試験A(当時)を2番で合格したエリート。元都議会議員・元中野区長・青山良道(故人)の長男。中大法卒という学歴は都庁では主流の学閥なので、まさに都庁の「王道」を歩む素地があったと言えよう。

 この青山氏が「朝日」の「耕論」(6月16日付)に書いた記事に対して、次のような批判が寄せられているのを見つけた。

この中で、青山佾元都副知事は、「都知事の権限は大統領なみ」ではない、なぜなら、都庁には「競争試験をくぐり抜けて採用された」都職員がおり、「知事と議会と職員はそれぞれ独立した存在」なのだと仰います。
そして「舛添さんはそうした都政の仕組みを理解せず、大統領のように何でもできると思っていた」と批判されます。」 (「朝日新聞 青山 佾元都副知事の珍説」~久元喜造のブログ

 つまり、このブロガーは「都庁には「競争試験をくぐり抜けて採用された」都職員がおり、「知事と議会と職員はそれぞれ独立した存在」という点に違和感を抱いているようだ。もし、この競争試験が「採用試験」だけでなく、むしろ「管理職試験」のことを指しているのだとしたら、その違和感はさらに広がる。錯覚なのか、あるいは傲慢なのか、成功者は「自分が付与された権力と自分の能力は完全に見合っている」と思いがちだ。青山氏は、都には公平な競争試験があり、自分はその試験を堂々と合格して、副知事まで上り詰めたと言いたいのだろうか。だが、今回の「豊洲問題」に関わった五人の中央卸売市場長(局長級)が地下建造物を知らなかったと言い張り、石原都知事が局長に対して「黙れ!」と一喝すれば、皆すごすごと引き下がるだけだったという話を聞くと、「高級官僚(局長)の自負、プライド」ごときものは政治家には全く通じないと分かる。青山氏は「あるべき都職員像」について、数々の著書、指南書を著し、多くの職員を啓蒙してきたと聞く。だがそこには、「権力者に対しては卑屈になれ」そして「面従腹背せよ」という処世術は書かれていないだろう。が、実は、これこそ組織のトップを狙うものに必須の処世術。青山氏自身は、自らの優位性(父親、学歴)を活かしつつ、きっとそうやって副知事まで上り詰めたに違いない。

 一方、都政そのものを「行政学」の「研究対象」として、大学教授のポストに就いたのが、佐々木信夫中央大学教授。


佐々木信夫 中央大学教授

 この人は、都庁の主任(係長の下のポスト)のころ、週末には東北福祉大学非常勤講師として仙台まで通っていたというから、学者志向が極めて強かったのだろう。官僚組織の中では、異質の「目立つ」存在であったから、管理職試験には受からなかったと聞いた。まさに「出る杭は打たれる」だ。

 都庁というところは、小池知事が言うように、まさに無責任な組織。トップの局長が老残の元知事の真似をして「知らぬ存ぜぬ」を決め込み、「豊洲問題」の責任をすべて「現場」に押し付けるのなら、「もう一つの政府」(佐々木信夫)どころか、田舎の村役場と大差ないではないか。

 以上が知人から聞いた、苦い茶飲み話だった。
  

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

巨大アナゴ天丼を完食

2016年09月15日 11時32分33秒 | 散歩

 「巨大アナゴ天丼」を食べに、はるばる東京都国立市へ。大学通りには、あの一橋大学が鎮座している。私は、この歳になって初めて、この大学の構内を歩いてみた。兼松講堂をはじめ、大学構内の建物は歴史の風格を感じさせるものばかり。あのSEALDsの奥田愛基がここの大学院社会学研究科に入学したのを思い出して、あの男がこんな場違いなアカデミックなところに入って大丈夫なのか、他人事ながら心配になった。何しろ、奥田の出身大学と一橋大学とでは、偏差値で20以上の「海溝」が横たわっているのだから…。

 そんなことはさておき、お目当ての店は、「深川つり舟」。JR国立駅から徒歩で5分程度。ここの「アナゴ天丼」が巨大で美味しいと書かれていたので、いつか行ってみたいと思っていた。


   深川つり舟」のアナゴ天丼(1,350円)

 一目瞭然、巨大なアナゴ天丼。全部食べられるかどうか心配になったが、ご主人が「食べられなかったら、お持ち帰りにしますよ」と言ってくれる。親切でアットホームな雰囲気の店だ。
 結局、若干の衣と少しご飯を残したものの、アナゴ天ぷらは完食。しつこくもなく、アナゴ特有の臭みも感じなかった。価格も味もリーズナブル。特に若い人にぴったりかも。

 食事後、一橋大学の構内を散歩。どう考えても、奥田愛基に相応しい場所ではないと思った。ああ、また書いちゃったけど…。


一橋大学構内を初めて散歩 
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台風前にちょっとお散歩…

2016年09月07日 19時58分24秒 | 散歩

 今年は列島に上陸する台風が多いようで、TV・ラジオは連日大騒ぎ。明日、台風が来るそうで、文字通り「嵐の前の静けさ」なのかも知れないが、今日はずいぶんといい天気だった。

 そこで、ちょっと散歩。久しぶりに水田を見に行ったら、稲穂が色づいていた。空の高さも、もう秋そのもの。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高畑淳子の大学受験

2016年09月06日 13時13分38秒 | 社会

 ごく最近、「ヤフー知恵袋」に「高畑淳子が早稲田大学を合格していたら、絶対早稲田に行っているはず」とする質問が掲載された。

「高畑淳子は早稲田受かっていたら早稲田入学して演劇部に絶対に行っているはず。ですよねという事は早稲田大学文学部合格も嘘なのでしょうか?高校は香川県のトップ校高松高校だったので普通ならば早稲田合格でおかしくないですが、もし嘘ならあの記者会見も嘘かもしれません。あの記者会見を見て正直思った事は一つだけやはり高畑淳子は演技うまいなだけです(>_<)」

 息子が犯罪を犯したため、以前からの高畑淳子の言動が蒸し返されているようだ。彼女は、TV番組や雑誌のインタビューで「お茶の水女子大、慶応、東女を受かったのだが、演劇がやりたくて桐朋短大に進んだ」と何度も応えている。私もTV番組で同じように話すのを聴いた記憶がある。ネット上では、上記三大学に加え、早稲田、津田塾にも合格したと書かれている。ある業界誌のインタビューでは、本人が「学校に指示されて受験したお茶ノ水、早稲田、慶応、津田塾、東女にはすべて合格しました」と明言している。



 高畑のこの発言には、ネット上でいろいろな疑問が提示されている。当時の受験事情を考えれば、私もまた高畑発言は到底「信じられない」と感じる。まず、当時の国立大学と私立大学の格差は現在よりもずっと大きく、国立一期校であるお茶の水女子大学に合格した人が、滑り止めで受けた早稲田、慶応などの私立大学に行くことなど考えられなかった。国立大学は少数精鋭の本格的教育研究の場、私立大学はマスプロ教育で、サラリーマンの大量養成所という感覚だった。私立大の授業料が国立の8~10倍もした(現在は3倍程度)のだから、国立大学の”価値”は相対的に高かった。ましてや、桐朋短大演劇科の授業料は四年制私立大学の三年間分の学費と匹敵するほど高額だったはずだ。四国から受験で上京するとき、交通費、滞在費だけでも相当なおカネがかかったはず。さらに学費や生活費を考えれば、何故、”合格”したお茶ノ水女子大に行かないのかと疑問に思うのは当然だ。
 
当時のお茶の水女子大は、優秀な女子生徒のあこがれの大学であった。女性の大学進学率が低かったから、現在のように優秀な女子高生が東大などの旧帝大を受験するケースは少なかった。言ってみれば、全国の女子高校生の最優秀部分は、東大を合格する実力があっても、お茶の水を志望する人が多かった。それほどの大学を「演劇をやりたい」という理由だけで「棄てる」などとは、よほどのことがなければ考えにくい。「演劇」という分野は、技術的に演技を教わることなどよりも、幅広い教養や実体験から上達するものだろうから、お茶の水女子大で学びながら、演劇に関わることも十分可能だったはずだ。母校である県立高松高校の進路指導主任も「お茶の水に行ってから進路を考えなさい」と諭したはずだ。彼女の話が本当だとすればだが…。

 また、素朴な疑問として、入学金・授業料の納付時期の問題がある。当時は、一度に払い込んだ入学金・授業料は、入学を辞退しても返還されなかった。合格発表と入学金・授業料の納付時期は、①短大、②早慶以外の私大(この場合、津田塾、東女)、③早慶、④国立(この場合、お茶の水女子大)の順だっただろう。学力優秀だったという彼女が、何故、こんな大学の選び方をしたのか、実に不可解だ。上述の「学校に指示されて受験したお茶の水、早稲田、慶応、津田塾、東女にはすべて合格しましたという彼女の発言がそのとおりだとすれば、県立高松高校の「指示」とはどういう根拠(データ)に基づいて行われたのか、疑問に思えてくる。
 国立二期校の存在に触れていないことも理解に苦しむ。当時、地元の香川大学や愛媛大学は二期校だったはずで、そこは受けるつもりなどなかったということか。
 
 私の友人は、大学紛争の影響で、滑り止めに受けた弱小私大に行く羽目になり、いい歳になった今でも、時折悪い夢を見るという。彼は「もうひとつ受かっていたK大学に行っていれば、ここまでこんなイヤな目に合わなかっただろう」と回顧している。学歴とはそこまで尾を引くものなのだ。

 私の感想は、高畑淳子という人は、エキセントリックな性格で、虚言癖の傾向もある、ということ。還暦を越えてまで、「受かったけど行かなかった大学」を並び立てるのは、よほどのトラウマと隠された事情があるに違いない。
 
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋空の横浜を散歩

2016年09月05日 20時16分36秒 | 散歩

 二か月ぶりに横浜山下公園界隈を散歩。東の空には入道雲、それ以外は秋の筋雲。季節の移り変わりがはっきりと表われていた。
 山下公園には、中国人観光客の姿も。若い人ばかりのグループは、服装も洗練され、おしゃれな感じ。上海や北京から来た若者たちか。(下記写真参照)

 今日は30度を超えて、厳しい残暑だったが、暑さはもうこれで峠を越えたようだ。秋の大空がそのことを物語っていた。

 


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「中国の論理 歴史から解き明かす」(岡本隆司)を読む

2016年09月03日 23時37分15秒 | 

 最新刊の「中国の論理 歴史から解き明かす」(岡本隆司著 中公新書)を読む。
  
 筆者の「あとがき」によれば、「世はただいま”嫌中”一色。中国の悪口を書かないと売れない」「中国本はそれなりに売れても、中国学を尊重する人びとは減少の一途」だという。「筆者だって、中国・中国人が好きか、嫌いか、と聞かれれば、嫌いだ、と答えるだろう。しかしおもしろいか、つまらないかと聞かれれば、答えは断然、前者である。」と。

 中国に関する入門書は、これまで数え切れないほど書かれてきた。「日中友好」が全盛の頃には、主に「新中国」にスポットを当て、中国共産党の歴史観を肯定的に描く本が多数だったが、今や「伝統中国」の「構造」を分析する本書のような本が主流になった。
 その本書の内容は、次のとおり。

1 史学
 ① 儒教とは何か
 ② 史学の起源
 ③ 史学の枠組み
 ④ 史書のスタイル

2 社会と政治
 ① エリートの枠組
 ② 貴族制
 ③ 科挙体制

3 世界観と世界秩序
 ① 「天下」という世界
 ② 「東アジア世界」の形成
 ③ 「華夷一家」の名実

4 近代の到来
 ① 「西洋の衝撃」と中国の反応
 ② 変革の胎動
 ③ 梁啓超

5 「革命」の世紀
 ① あとをつぐもの
 ② 毛沢東
 ③ 「改革開放」の歴史的位置

 注目すべきは、梁啓超を採りあげて、日本が中国の近代化に与えた多大な影響を明記していること。今どきの類書では普通なのかも知れないが、往年の入門書はこの点については曖昧に書かれていた。つまり、左翼系の学者にとっては、「新中国」こそが日本より進んだ「心の祖国」であって、その近代化が日本の影響下にあったとは言いたくなかったのだろう。例外的に、岡田英弘氏はつとにこのことを指摘していたが、左翼主流の歴史学界では、異端視されてきた。

 「一つの中国」という強迫観念の由来、華夷秩序の構造など、中国という国家の論理を理解するための基本情報はすべて盛り込まれている。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台風一過、ちょっとお散歩

2016年08月31日 22時08分49秒 | 散歩

  あまりにいい天気なので、近くを散歩してみた。
 台風一過、気温は30度を超えていたが、湿度が40%台なので、実に爽快。水辺に集まった鴨たちも楽しそうだった。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加