ひつじ飼いのキノコ岩との日常

家庭の事情から、トルコ国内のすったもんだまでw

長男との、会話。

2017年02月12日 | 子ひつじ~ずの事
おこんばんわ。
ひつじ飼いで、ごぜ~ます。

今日は、最初に
大使館のお知らせメールから。

****************
外務省海外安全HPなりすましメールにご注意ください

最近、外務省海外安全ホームページの「最新海外安全情報メールサービス」を装った不審なメールが配信されているとの情報が寄せられています。
不審なメールは,本文に外務省海外安全ホームページを装ったリンクが貼り付けられており,発信元がフリーメールアドレスとなっております。

在留邦人の皆様への治安情報等に関するご連絡は,本メールのような当館からの領事メールに一元化されており,外務省海外安全ホームページの「最新海外安全情報メールサービス」は平成28年12月31日をもって終了しております。

このような不審メールをはじめ発信元や内容に心当たりのないメールを受信された方々におかれましては、リンクを決してクリックすることなく,直ちにメールごと削除されるようお願いいたします。

在トルコ日本大使館
領事班
代表電話:0312-446-0500(領事班内線番号:291,258)

*********************
在トルコ日本国大使館からの注意喚起(治安情報)

【本文】
来週2月15日(水)は,トルコ国内の反政府武装組織「クルド労働者党(PKK)」の首領であるアブドゥッラー・オジャランが治安当局に拘束されてから18周年の日になります。同日は南東部を中心に多くの県で,オジャランを支持する団体による集会・デモや治安部隊との衝突が予想されます。
邦人の皆様におかれましては,当面の間は,特に集会・デモや,政府・軍・警察関係施設には近づかないようにするとともに,訪れる場合であっても,短時間で要件を済ませ,不審な状況を察知したら速やかにその場所を離れるなど安全確保に十分注意してください。

トルコにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ
在トルコ日本国大使館

1 来週2月15日(水)は,トルコ国内の反政府武装組織「クルド労働者党(PKK)」の首領であるアブドゥッラー・オジャランが治安当局に拘束されてから18周年の日になります。同日は南東部を中心に多くの県で,オジャランを支持する団体による集会・デモや治安部隊との衝突が予想されます。アンカラにおいても,特にアンカラ大学法学部のキャンパスでは例年激しい衝突が発生しています。

2 また,アブドゥッラー・オジャランの拘束との関連性は不明ですが,昨年2月17日には,アンカラ中心部の空軍司令部付近において,PKK関連組織であり,同人を支持する団体であるTAK(クルディスタン解放の鷹)による自動車爆弾テロが発生し,軍関係者を中心に多数の死傷者が出ています。

3 邦人の皆様におかれましては,当面の間は,特に集会・デモや,政府・軍・警察関係施設には近づかないようにするとともに,訪れる場合であっても,短時間で要件を済ませ,不審な状況を察知したら速やかにその場所を離れるなど安全確保に十分注意してください。

在トルコ日本国大使館
領事班
代表電話:0312-446-0500(領事班内線番号:291,258)

*********************
トルコにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ

2月10日,日本国外務省から海外安全情報のスポット情報が発出されました。内容をご確認の上,安全の確保に十分注意を払ってください。

2017.2.10
~海外安全情報(スポット情報)~

(件名)
トルコ:ISIL(イラクとレバントのイスラム国)関係者摘発に伴う注意喚起

【ポイント】
●各地でISIL関係者の摘発が続いています。引き続き全土においてISILによるテロの脅威が存在します。テロに対する警戒を強化し,以下の事項に努めてください。
(1)最新の関連情報を入手する。
(2)テロの標的となりやすい場所(※)にはできるだけ近づかないようにする。
(3)特に,軍,警察,治安関係施設には近づかない。 
(4)外出の際には周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど安全確保に十分注意する。
※ナイトクラブを始めとする娯楽施設,観光施設,リゾート地,レストラン,ホテル,ショッピングモール,スーパーマーケット等人が多く集まる施設,公共交通機関,政府関連施設,欧米関連施設や欧米人が多く集まる場所等。

☆詳細については,下記の内容をよくお読み下さい。

1 トルコ当局は,特に2月5日-6日にかけて国内29県において対ISIL(イラクとレバントのイスラム国)同時捜査を集中的に行うなど,これまでに800名以上を拘束しています(下記4「2月5日-6日の捜査における各県の拘束者の内訳」参照)。拘束者の中には,国内でのテロを準備していた者が含まれる旨報じられています。
 また,2月9日付報道によれば,シリア国境に近いガジアンテップにおいて,新たにISIL容疑者4人が拘束され,約150キロの爆発物を使用して作製された自爆ベルト24点,自動小銃2丁などが押収されています。

2 ISILは,これまでその指導者や広報担当者による声明,及びその広報誌などでトルコをテロの標的として名指ししています。2017年1月1日には,イスタンブール市内のナイトクラブで銃撃テロ事件が発生し,ISILが犯行声明を発出しました。今回の捜査により,多くのISIL関係者が拘束されていますが,これに対する報復テロの可能性を含め,トルコ国内では全土において引き続きISILによるテロの脅威が存在することに注意してください。
また,イスラム過激派組織ではありませんが,特にトルコ南東部においてPKK(クルド労働者党),都市部ではその関連組織である「クルディスタン解放の鷹(TAK)」等によるテロも発生しています。

3 上記を踏まえ,トルコではテロに対する警戒を強化し,以下の事項に努めてください。
(1)最新の関連情報を入手する。
(2)テロの標的となりやすい場所(※)にはできるだけ近づかないようにする。
(3)特に,軍,警察,治安関係施設には近づかない。 
(4)外出の際には周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど安全確保に十分注意する。
※ナイトクラブを始めとする娯楽施設,観光施設,リゾート地,レストラン,ホテル,ショッピングモール,スーパーマーケット等人が多く集まる施設,公共交通機関,政府関連施設,欧米関連施設や欧米人が多く集まる場所等。

4 2月5日-6日の捜査における各県の拘束者の内訳(報道により判明しているもの)
-イスタンブール及びコジャエリ:18名
-アンカラ:60名
-イズミール:8名
-ブルサ:105名
-コンヤ:37名
-アドゥヤマン:10名
-アダナ:53名
-シャンルウルファ:150名
-カイセリ:20名
-チョルム:19名
-ヴァン:8名
-ディヤルバクル:4名
-マラティヤ:2名
-ムーラ:3名
-ビンギョル:10名
-エラズー:12名

参考:トルコ「海外安全情報」:
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_052.html#ad-image-0

参考:「広域情報・スポット情報」
・「トルコ:アンカラ県庁の集会・デモ行進の一時的な禁止に伴う注意喚起」(2017年01月11日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C008.html
・「トルコ:イスタンブール市内ナイトクラブにおける銃撃テロ事件発生に伴う注意喚起」(2017年01月01日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C002.html
・「トルコ: 駐トルコ・ロシア大使殺害事件に伴う注意喚起」(2016年12月20日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2016C343.html
・「トルコ:イスタンブールにおけるテロ事件発生に伴う注意喚起」(2016年12月12日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2016C337.html
・「イスラム過激派組織「ISIL(イラクとレバントのイスラム国)」指導者の声明発出に伴う注意喚起」(2016年11月04日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2016C295.html


3 海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3か月以上滞在する方は,緊急事態に備え必ず在留届を提出してください。
(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html )
また,3か月未満の旅行や出張などの際には,海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう,「たびレジ」に登録してください。
(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/# 参照)

4 なお,テロ・誘拐対策に関しては,以下も併せて御参照ください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)


(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
 住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
 電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室
  電話:(代表)03-3580-3311(内線3407)
○外務省領事局海外邦人安全課
  電話:(代表)03-3580-3311(内線2306)
○外務省海外安全ホームページ
  http://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版)
  http://www.anzen.mofa.go.jp/sp/index.html (スマートフォン版)
  http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (モバイル版)
(現地公館連絡先)
○在トルコ日本国大使館
 住所:Resit Galip Caddesi No. 81,06692,G.O.P., Ankara, Turkey
 電話:(国番号90)-312-446-0500
 ホームページ:http://www.tr.emb-japan.go.jp/index_j.htm
○在イスタンブール日本国総領事館
 住所:Tekfen Tower 10th Floor, Buyukdere Caddesi No. 209, 4.Levent, 34394, Istanbul, Turkey
 電話:(国番号90)-212-317-4600
 ホームページ:http://www.istanbul.tr.emb-japan.go.jp/index_j.html

**********************
これだけで、
ブログ完成か、ってほど
いっぱい、ありますが(爆)

大使館情報は
重要ですね~。

どうぞ、どちら様も
お気をつけくださいまし。

ところで。
今日、久しぶりに

長男と、ゆっくり
向かい合って

話をする時間が
ありました。

実は。
うちの長男、はっきり言って、

昔から
変わった子、で通ってました。

小学校に
入学する前、の年頃では

恐竜が大好きで。
田舎村で、よく、1人、田畑を探検して

恐竜の骨を見つけた!
と言っては

畑に捨てられた
牛の骨の破片、などを

嬉しそうに
リュックに入れて、持ち帰って来る子、でした。

でも。
残念ながら。

トルコの田舎村には
恐竜と怪獣の
区別がつかないどころか

恐竜の存在さえ、
知らない子供が、うじゃうじゃいまして。

そんな田舎の子供ら、から
長男は

馬鹿にされたり
仲間はずれにされたり、しておりました。

ブラックホールに興味を持って
恐竜の骨ハンティング、を
していた子供は

いつの頃からか。
そういう話題を
口にしなくなり

今日のおやつは、どうだった、とか。
いわゆる、村の子供の話題、と

同化していった
わけどす。

お母さん!半分、日本人なのって
悪い事なの?と

半べそをかきながら
聞かれるたびに

違うよ!あんたは、
他の子が、ひとつしか
持ってないものを、二つも持ってるんだよ!

言葉だって、
二つ知ってるし

二つの国が、
故郷でしょう。

二つの文化を知ってるし
二つの国の、友達がいる!

あんたは、半分、じゃなくて
何でも、二倍持ってるんだよ!

だから、
他の子に、自慢していいんだよ。

と。
よく、慰めたものでした。

機嫌がよくなると
にこり、と笑って

自転車を走らせて
彼の秘密の

絶景サンセットポイントへ
夕暮れを見に行くのが、彼の日課でした。

5歳児が
サンセットを楽しむ、なんて

何か、冗談みたい
だけれども。

彼は、とても
感受性の強い子供だったのです。

でもね。
「学ぶ事」に対する興味は

どんどん、薄れて
なくなってしまった、と思っていた。

田舎村の、隣の
小さな町に引っ越して

そこから
ネブシェヒールに、引っ越してきて

小学校、中学校と
終わらせて

高校に入学するも。
何かって~と

先生に呼び出される
日々が続き(爆)

勉強の「べ」の字も
見るのは、嫌。

彼女作って
ちゃらちゃら、遊んで

テストは、毎回
赤点ばっかり。

将来の事なんて
考えても、つまらない。

今がよければ
それでいいんだ、という

思春期特有の
刹那的で、感情的な

行動ばかりが
目だっていました。

そんな、彼をね。
高校の最終学年で

元予備校だった、
某私立高校に、転校させたのです。

それまで行ってた
学校に愛想をつかし

転校しなかったら
もう、高校なんか、行かない、と。

そう、
言い出したのだな。

困ったわしらは
いろいろと、相談したり

調べたりして。
長男の転校を、決めました。

なんかさ~。
オニのように、

長いブログ、に
なってしまったので

2部に、分けることに
しやす~。


本日も、お付き合いいただいて
ありがとう御座います。

ぽちっと、応援
よろしくお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
『中東』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愚痴ブログが、続いておりま... | トップ | 長男との、会話。続。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ゆずる)
2017-02-13 23:12:53
続。の方も続けて読んできました。
思っていたより早く人生の転機に巡り合ったのかな?なんて決めつけず 皆様のプレッシャーにならぬよう 見守らせて頂けると幸せます(^-^)
彼は幼い時から遥か先を見ていたんですねぇ。
ステルスとかソナーとかを理解し、説明し、考察してくれる
先生方とのやり取りは 一足先に研究の実践を踏んだかのようでした。
子供たちの行く先を楽しみにしています(*^_^*)
ゆずるさん。 (トルコのひつじ飼い)
2017-02-14 05:05:14
転機、というには、まだ早いんですけど、人生の方向性が変わってきたなあ、っていうのは、見てて思いました。本当、嬉しかったですよ(笑)
そうそう、ソナーって言うんですよね。最近、本当に日本語能力が怪しくて、普段使わない単語になると、マジメに、トルコ語はでてくるのに、日本語は、でてこない…という状態とか、ありまして(汗)ウオ~今度は、子供と一緒に、日本語を、勉強しなくちゃあ~(爆)

コメントを投稿

子ひつじ~ずの事」カテゴリの最新記事