ひつじ飼いのキノコ岩との日常

家庭の事情から、トルコ国内のすったもんだまでw

サッカースタジアムで、爆弾事件発生。

2016年12月12日 | 事件・事故・宗教・政治
実は、ここのところ。
楽しい記事を書こう!と

こころがけて
いたんです。

経済も大変だし(観光業界は、特に)
政治も混乱してるし

テロは
大安売りだし。

何か。
いいとこ、全然なし~みたいな

ブログばっかりは
書きたくないもんね。

それでも、トルコは
頑張ってるよ!って

そんな記事を
アップしてこう、と思ってた。

矢先に。

またも。
悲しい、テロによる大惨事。

死者38名、負傷者150名以上の
爆弾テロ、が起こりました。

日本でも、とっくに。
報道されてるけどね。


楽しく、サッカー試合を
観戦したあとに。

スタジアムから
出てきて
テロに巻き込まれちゃあ

もう。
どうしていいか、わかんないよ。

PKK(クルド人労働者党だったかな?)の
先鋭部門である

通称TAK、という組織が
犯行声明を、出しました。

自爆、とか。
こういう無差別型殺人を

専門に受け持つ。
最近でてきた、組織だよね。これ。

ISISとかを
お手本にして

PKKのテロ攻撃のパターンも
だいぶ、変化したのだけれど。

こういう。
悪い方に、ずる賢くなるのは
許せませんな。


最初の爆発は
スタジアムの、すぐ表で。
10日の、22時半頃。

試合が終わって
お客さんがひいて

ほぼ、警備の
警官隊だけが、残っていた、道路沿い。

300キロ、ともいわれる
爆弾を積んで

路上に停車してあった
自動車が、爆発したそうで。

まず、ここで
多数の警察官と

たまたま、
ココの交差点で

赤信号で
停車していた

乗り合いバスの乗客たちが
犠牲になりました。

なんていう、
ひどい偶然!!

犠牲になった
19歳の医大生の父親、は

学生君、自体は
アンカラの大学に通っているのに

たまたま、この日
2日間だけの、イスタンブール観光に来ていて

たまたま、
そこを通る乗り合いバスに

その時間に
乗っていて

そして。
自分は、息子の棺桶を担いで

故郷に帰らなければ、ならないなんて
信じられない!!と

泣きながら
ニュースで、訴えていました。

こんな偶然が
あっていいものか、と。

本当に。
自分だったら、耐えられないと思う。

そして。
その約1分後。

スタジアムの隣の
マチカ公園で

挙動不審な
男を

警察官が
呼び止めたところ

男は、
自爆した、ということで。

これが、
2回目の爆発。

こちらでも
たくさんの、負傷者が出ました。

多分、このテロリストは
どっかへ、移動してる途中だったんだろうね。

目的地に
到着する前に

職質されて
しまったので。

仕方なく、そこで
自爆しちまった、と。

ていうか。
吹っ飛ぼうが、かっ飛ぼうが

あんたの勝手、
だけどさ~。

何で、他人を
巻き込むかな。

あんぽんたんの
すっとこどっこいの

おっぺけぺーの
くそったれ、としか
言いようがない。

標的となった
サッカー・スタジアム、は

ベシクタシ、という
トルコでも大人気の

サッカーチームの
ホームグラウンド

近くには
観光で有名な

ドルマバフチェ宮殿
などもある

いわば。
イスタンブールの中心部。

いくら、検問を
強化していても

こんな場所にまで
何百トン、もの

爆弾を積んだ
自動車が、侵入できて、しまうなんて。

そして、それが
たくさんの

罪のない人々の
命を奪うなんて。

自分の目的のためなら
そんな事をしても

全然、平気な
人間の皮をかぶった

外道というか、鬼畜というか
もう

世界中の、呪いの言葉を
束にして浴びせてやっても

まだまだ、気がすまないような
そんな、ヤカラが、
徘徊してるなんて。

ココロの底から
犠牲者のご冥福を
祈る、とともに

トルコ、大ジョブか~!
って、不安が

どうしても
ふつふつと

ココロに
湧いてきてしまう。

でもね。
トルコ人。強いんですよ。

さすが、今まで
いろんな歴史を

乗り越えてきた
民族だけ、ある。

いっち団結力が
すごいの。

もともと
馬に乗って

戦いを繰り返してきた
民族だからね。

やられても。
おいそれ、とは、降参しない。

ちっぽけな
イチ外国人の、あっしができることは

トルコガンバレ~!って
両手イッパイの

エールを送ること、くらいしか
ないのだけれど。

1日も早くトルコが
テロから解放されますように。

もう、誰も
涙を流すことの、ないように。

アッラーの神様、が
いるのなら。

いっちょ、よろしく
お願いされてください!


本日もお付き合いいただいて
ありがとうございます。

ぽちっと応援
よろしくお願いします。


にほんブログ村
にほんブログ村
にほんブログ村
『中東』 ジャンルのランキング
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トルコで、たくわんを漬けて... | トップ | 大使館のお知らせが、どっさり。 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kenken)
2016-12-12 08:24:28
それは集団ストーカーによるものです。
偶然ではありません。
初めまして (Unknown)
2016-12-12 14:31:28
こんにちわ、いつも楽しく、ブログ読ませてもらってます‼︎そして、とても、参考にさせてもらってます。
私は2月からイスタンブールに赴任予定で着実に準備を進めております
今までの、準備の間にも何度となくテロが起き、不安定な状況になっていくのを日本に居ながらひと事ではないなと拝見しておりました
この頃少し落ち着いたように見えたトルコ、不安も少し軽減された矢先のテロです
日本は安全とは限らないし、平和ボケした中でぬくぬく過ごしてればいいとも思いませんが、子供を連れてく以上安定した生活環境に身を置かせる義務はあるだろうと感じております。
はじめてのコメントでこんなに重ーく、長い文面申し訳ありません、
ひつじ飼いさん、子供を持つ親として日本人として何かアドバイス頂けばと…
久しぶり! (さの)
2016-12-12 17:41:53
君と私の運命は偶然というかよく似ていて(-_-)
ウチの息子も脳の難病かもと疑われて大学病院を
ずっと通ってたんだわ。まぁおかげさまで
大丈夫そうなんだけど (^^;;
私が病院でバタバタしてる時に君もしてたなんて
ホント、こんな偶然はお互いいらないよね。
トルコは相変わらず大変みたいで。
日本から心配しています。
よくさ、日本でも「誰でもよかった」なんてふざけた事言う殺人者がいるけど、「誰でもよかったなら自分殺せよ‼︎」と思っちゃうんだよね。
あなたが死ぬのは勝手だけど真面目に生きてる人を巻き込まないで欲しいわ!トルコでテロに巻き込まれてしまった人たちに心からお悔やみ申し上げます。早くトルコからテロが無くなりますように。
ユーロ交換街宣車 (歌は世に連れ)
2016-12-13 04:53:09
来ましたかね?

エルドアン自身が招いているテロですから

彼が強硬になればなるほど

テロは増える

ユーフラテス川盾作戦と称するクルド殲滅攻撃

これ以上書くと掲示されない

クルディスタン労働者党(PKK)

以前は民族解放軍


しかしトルコ国民全体にとって問題は経済だ

トルコ対外債務払えないとベネズエラになる

どうすんべ


世は歌に連れ
kenkenさん。 (トルコのひつじ飼い)
2016-12-13 07:54:29
冷やかしですかね?意味がわかりません。( ̄▽ ̄)
unknownさん。 (トルコのひつじ飼い)
2016-12-13 08:10:53
こんにちわ!コメント、ありがとうございます。トルコ政府も、トルコ国民も、在土日本人も、皆、2017年は、良い方向に向かうといいなあ、と願っているんですけどね。現実は、なかなか、難しいようです。2月から、海外赴任されるとのこと、どうぞ、お気を付けて、トルコにお越しくださいねえ。
ここで、私らが、暮らして行くにあたり、出来ること、といえば…実は、あまりたくさんは、ないんですよね。なんせ、相手は無差別テロ、なので。シリア情勢が、変化すると、かなり、トルコ国内のテロも、様子が変わってくるハズですが、今のままでは、膠着状態ですね。ただし、このテロは、個人に向けられたものでは、無いので、混雑する場所は避ける、とか、大使館からのお知らせに注意する、とかで、自分を、その状況から、遠ざけることは、可能だと思います。緊張感を持って、いつも頭の片隅に、テロの可能性を考えて行動する、ということは、かなり、危険を避けるために、役に立つと思います。平和な日本人が、この状況に慣れるのは、なかなか、時間がかかるかも、知れませんが、トルコに住む外国人は、皆、やってることなので、できるようになりますよ。お子さんにも、そういうことを、しっかり伝えておく、というのは、大事だと思います。もし、年の大きなお子さんであれば、ですが。どうぞ、頑張ってくださいね!
さのさん。 (トルコのひつじ飼い)
2016-12-13 14:50:02
あんたとあたしは、昔から、運命共同体だと思ってるから!今更、嘆いたって、遅いわさㄟ( ・ө・ )ㄏ
それにしても、難病だなんて、イズ君、大丈夫なんかいな~!!ホント、小さい頃から、病気の絶えない子だけど、そんな事にならんように、オバハンは、トルコから、お祈りしてますよ─!!くれぐれも、気をつけてね!
なんかさ。トルコ情勢が、なかなか、好転しなくて、あっしも、なかなか、日本に帰れないわあ。おヌシと、千森と3人で、居酒屋で、朝まで語りたいよ!
返信ありがとうございます (Unknown)
2016-12-14 00:11:09
ご丁寧な返信ありがとうございます
フライトチケット確保した今でも、気持ちがとても複雑でなかなか整理がつきませんでしたが、ひつじ飼いさんの返信で少し整理ができた様な気がします
ありがとうございます。
ひつじ飼いさんの、ブログ参考にしてる方多いと思います、これからも参考にさせてください
そしてまた、コメントさせてください〜
歌は世に連れさん。 (トルコのひつじ飼い)
2016-12-14 06:55:54
シリアに侵攻中のトルコ軍は、エル・バブという、ISISのおさえている町を陥落させた後は、回れ左、をして、クルド人部隊の前線である、メンビチへ向う、とこないだ、公言してましたね~。まあ、ここは、アメリカが撤退させる、と、トルコに約束しといて、未だ実行されてない町、なんですけどね。トルコは、シリアの北側(トルコ国境沿い)に、イラクのように、クルド自治区が設定されるのを、避けようと必死ですからね。混乱は、まだまだ、続きそうですよ。
unknownさん。 (トルコのひつじ飼い)
2016-12-14 07:02:30
赴任先は、イスタンブールですか?アンカラですか?都市部は、また、カッパのような田舎とは、様子が違うと思うますが、不安なことや、疑問に思ったことは、領事館や大使館に、問い合わせてみても、いいと思いますよ!
大してお役に立てるような事をいえなくて、こちらこそ、申し訳ないんですが…。こちらにいらっしゃって、慣れてくると、外から見たほど、ぎすぎすした感じでもないのが、わかっていただけるかも、と思います。もちろん、油断してよい、というわけでは、ないですけど。
コメントはいつでも、大歓迎ですよ!私でわかる事なら、何でも、質問してくださいね。

コメントを投稿

事件・事故・宗教・政治」カテゴリの最新記事