あぁぁもぅぅぅ

なんとなく、いつも叫んでます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夏?

2007-06-09 14:05:31 | Weblog
昨日は暑かった。

この数週間、涼しくて過ごしやすい日々が続いていたが、昨日はやっと夏が近づいていることを感じさせる日だった。

今日は朝6時に起床。
えっ・・・早くない?

まっこんな日があってもいいじゃないか。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ものを覚える?考える?

2007-06-04 09:59:24 | Weblog
時事通信の記事
頭の中身も整理が必要?=大事な記憶のために物忘れ-脳科学実験で判明・米大学

脳が記憶した事柄をどう思い出すか。
「記憶」については前に書いたと思うが、科学的理論で言うと3段階のステップが存在する。
1.事柄を記憶のキャンパスに挿入する。
2.記憶のキャンパスにおいて事柄を保存する。
3.記憶のキャンパスから事柄を抜き出す。
ここで、最近分野を超えて言語学、文学者、理論学者の中で注目されているのが「言語」の役割である。
近年、言語学者が議論しているテーマのひとつにlangage interieurつまり内的言語がある。簡単に言えば、脳内で使う言語のことである。この言語の大きな特徴のひとつは、言語化(外に出して発音する)するためのものではないということである。頭の中で起きている「思考」を組み立てる役割がある。
さて、この内的言語が使われる舞台はまさしくla conscience「意識」なのであるが、この意識に所謂データベースを保存する場所があるとまず仮定する。ここは科学的理論と一致する。ここには、言葉(単語として)、感情、画像などが納められる。これらの思想を構築する材料となるものをこのデータベースに入れ出しするのが、一方ではEgo(自我)、他方ではconscience(意識)自体だと今まさに議論されいているわけだが、その今だデリケートな問題はとりあえず置いておき、そこから導き出され、内的言語によって構造的になった思想こそが、人間が「頭を動かす」瞬間であり、また日常的に頭を整理している瞬間でもあると考えることができる。

今回の記事の研究発表では、ただ単にどの単語を覚えている、どの単語を忘れているという単純な結果ではなく、複数の単語同士の記憶活動内での関係を導き出そうとしている。日常的に考えれば、物事をうまく的確にとらえて判断することが、記憶活動では大切だということか。それと同時に覚える訓練されすれば、個人差はあるだろうが、それは脳に記憶(単語なり画像なりを)蓄積させる能力は向上することも指摘しているようである。

単にぼ~~~っとネットサーフィンしたり、暇つぶしに読書したりするよりも、集中して短時間、「読む」行為に集中し理解したことを再考する。中学校で、嫌ほど先生に言われていた。まぁ、ぼ~っとなにをすることが時として役に立つこともわかっているのだが、概して効率的でないということかな・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

going to London

2007-05-11 07:08:32 | Weblog
今日は、諸事情があってロンドンへ日帰り敢行。
11時のユーロスターに乗る。
車内はガラガラ。
なのに、僕の隣りには人が座っている。
隣りの人がちょっと小太りの男性で窮屈そうにしてたので、かわいそうだから僕が誰もいない席に移動してあげる。小さい親切(思い込み)ってやつかなっ

1時過ぎ到着。
時間が余ったので2時間ほどカフェで勉強。
(と途端に外は大雨・・・ラッキィ)
実はロンドンには街中のいたる所にスタバがありすぎて、スタバを偶然見つけて入る楽しみ、新鮮感がない。
なので、時間があるときはネロに入る。
ここの店員さんは、めっちゃくちゃフレンドリー(基本的に)。
しかし、今日の店員はちょっとゲイっぽくてウインク攻撃をされたので、そそくさと席につき、今自分に起きた出来事について心の整理を急ぐ・・

夕方のユーロスターで再びパリへ。
ネロで家族にポストカードを書いた。
ピカデリーからウォータルー駅まで歩いたら郵便局あるだろうと思って歩き続けるも、結局見つからず。
仕方なく駅の周りで人に聞きまくるが、教えてもらったところの郵便局がもうなくなっていたり、ここから片道15分かかるよと言われたりで結局断念。
しかし、ユーロスターのチェックイン済ませて、中の売店で幸運にも国際切手をゲット・・・
切手ごときに相当走り回りました。。
でも、よく考えてみるとこの切手のおかげでロンドンからポストカードを送れたんだ。
こういう小さい努力、大事にしていこう~~


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パリ晴れ

2007-05-08 09:40:22 | Weblog
パリ晴れと言ったら、曇り空のこと。

パリ独特の晴れ模様は、雲が空を覆いながらも曇り空独特の憂鬱加減は増大することなく、むしろ晴天に似た快適さを感じさせてくれる感じ。

とは言ってみたものの、今日は軽く雨もふってったけ・・・
一時期の暑さが落ちつき、涼しさが戻ってきた。

涼しさが戻ってきたぁ~~~~~~!!(もののけ姫のおっとこぬし風)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビタミン生活

2007-05-06 21:16:58 | Weblog
ミュルチビタミン摂取生活3日目。
恐らく、精神的効果だと思うがすこぶる体の調子がいい。
だるだる感が感じられない。
なにかにすぐ流される、すぐ影響を受ける、すぐ調子にのる自分の性格もたまには役にたつということか・・

今日もパリは快晴
このゴールデンウィークにパリに遊びに来た方は、さぞかしパリ観光を満喫できたことでしょう。とにかく、天気が最高によく、湿度が高くないから汗もかかず。たとえこのパリが、な~んにもないごく普通の都会だったとしても、この気候に癒されるだけでここに来る価値はあったはず。異文化に触れることで、普段味わうことのできない心の感性を再び目覚めさせ、家族サービスできたつもりが自分もとってもリラックス、のんびりしたヨーロッパスタイルの生活リズムを肌にしみ込ませて、昨日街ですれ違った家族ずれのお父さんは、日本に帰国しまた来週からお仕事に励まれることでしょう。

ビタミン~~~~!!!ふぁいとぉ~~~~!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さつき

2007-05-05 20:45:05 | Weblog
五月晴れの空が、澄んでいる。

パリという街がだんだん好きになってきた。
今頃・・

一週間前から、口内炎が唇に。
治りそうで治らない。
先日は朝起きて鏡を見ると、寝ているうちに傷口が裂けて流れ出た血が固まり、ドラキュラみたいな顔になっていた。
これはどうしたものか。
もともと口内炎は、栄養不足やストレス、疲労などが蓄積したときの体の警告のサイン(と言いますよね?)
友達に話すと、ミュルチビタミンをとるといいと言われた。
早速、薬屋さん(自分のアパートの一階)に買いにいく。

僕「すみません。口内炎がなかなか治らなくて、友達がミュルチビタミンンを取るといいと言ってたんですけど・・」
薬屋のお姉さん「うーーん、でもミュルチビタミンは疲れのためにとるものですけど。。」

  
この世の中に、疲れをとるための薬があるなんて!!

僕「はぃはぃ!!僕、ぜんぜん疲れてます! それください

早速昨日から毎朝一錠ずつ飲み始めた。
単純人間を豪語するわたくし、薬を飲んだおかげで精神的に元気になった気分であります
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大変だ!

2007-05-02 15:16:26 | Weblog
今日は、友人の結婚式。
とても大切な友人であり、自分は保証人という大役を仰せつかる。

昨日、着ていく服を用意してて気づいた。

やべっ、俺革靴日本に置いてきた・・・(2月に一時帰国)

ただいま、朝の8時。
式は11時からで、10時50分集合。
10時にお店が開くから、オペラで靴を買って市庁舎へ急行する予定・・

とってもドタバタの予感が・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五月

2007-05-01 10:06:35 | Weblog
立春後の寒さが残るパリ。
昨日、久しぶりに大雨が降った。

地球温暖化問題の議論が盛んな今日、雨が一週間以上降らないと多少庶民の心も揺れてくるもので、路上での世間話でも最近はもっぱら天気がテーマとなる。
昨日はそんなパリジャンの心配を吹き飛ばすほど、豪快に雨雲がパリを覆い隠した。
空からは「お待ちどうさまー」と雨雲が。
地上からは「待ってましたー」と草木が掛け合う声が自然と聞こえてくる。

雷、雨、風。
日本では、本当にありふれた憂鬱を呼ぶ3大気象現象。
この3つがパリに一度に到来しようものなら、街は大騒ぎだ。


窓から入る勢いのある風に、少し日本を思い出す自分がいた。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今日は、とっても涼しいなりぃ

2007-04-20 09:05:00 | Weblog
昨日は途中まで書いて居眠りをしてしまい、
最後に一行足して、強引に終了したブログを披露。
さすが、適当人間はやることが違う・・・

桜の季節も終わり、目には青葉、山ほととぎすの季節の匂いが、ほんわか道端で感じられる今日この頃、フランスは大統領選挙を今週末に控え、嵐の前の静けさのように街は、昨日から続く久しぶりの涼しい毎日に疲れを癒す人々の深い深呼吸の音が聞こえてくる。

今日の日本語カテキョーは、精神科医の先生。
授業のあと、アメリカで起きた銃乱射事件の犯人の彼女なりの精神分析を語ってくれた。やはり人生とは経験の積み重ね。印象に残った経験は「思い出」として残り、辛い経験は概して「トラウマ」となって残る。犯人は、感受性が肥大していて、心がもろく傷つきやすい人間であり、そういう人間は一般的に自己の中で英雄主義と被害妄想をミックスして、世間からの攻撃を防ぐ心的バリケードを造るらしい。と、すぐ今度は逆にそのバリケードから外への攻撃態勢を整えるように意識が働き、バリケード内で自ら作戦会議を開き、自らに命令を与え、自ら実行にうつす。ただし、外部には自分がバリケード内の支配者であることは隠し、むしろただ一歩兵にすぎないミッションを与えられた人間であることを強調する。

英米文学を専攻していたらしいが、勉強して学んだことを残念ながら間違った形で表現してしまったようだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

涼しげ

2007-04-19 10:58:30 | Weblog
今日はとっても涼しい一日だった。

夕方、家に閉じこもっていてはいけないので、トロカデロまで散歩する。
夕方は大地を冷やす時間帯。
頭の中を冷やすにもいい時間帯。

昔は、自分の歩くスピードなんて気にしたことなかったが、最近人の歩くスピードって人の性格を表してるんじゃないかとか、歩くフォームってなにがしら人の人生に影響を与えるんじゃないかとか、逆説的にいい歩き方を習得すれば自然といい生き方へと導かれていくんじゃないかと、あんまり意味のないことを考える(笑
すれ違ったり追い抜く人の歩く早さを観察してみる。

まっなんでもないことなんですがー
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加