トロル小父の木aワーカー林住記

山の一作業員記す尻まくりワールド雑記帳

「機関車トーマス」の仲間を端材で作る 5

2016-10-15 | 何よりの楽しみ
 5作目は「パーシー」である。キャラクターの番号からいえば続き番号ではないけれど、大型車は「ヒロ」だけで良い。車体番号3番4番の「ヘンリー」と「ゴードン」は同型車なので作るにしても面白みに欠けてしまう。
 「パーシー」の特徴は小型でボイラー部が楕円形をしている点で、これは木工旋盤では作れない。厚板を前方後円ならぬ下方上円で切り抜き圧着させる事で形を表現できた。楕円は複雑な形にせず、コンパスだけで描ける60度楕円で製図した。ここまではよかったのだが排煙部の円筒を接着するときに楕円の中心と円筒の中心を合わせて接着してしまったから上部に段差ができなくなってしまった。まあ、注意をしていてもウッカリはあるものだ。

 これまで5台のキャラクターは全て男性だから女性キャラの「エミリー」を仲間にと思ったものの、動輪が巨大でボイラー部にカバーを付けなければならず、この加工が手間だから取りやめた。結果として4作目の「エドワード」になった。
 試作とは言え5台も制作すると、さすがに飽きてきた。折よくと言うか丁度良くというべきか、取水のトラブルで送水復旧の大仕事ができてしまったから気分転換は大丈夫だあ。

  構成 ➡  側面 ➡  前面
『おもちゃ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬への備え | トップ | アケビ料理「吾輩的小籠包」 »
最近の画像もっと見る