トロルお爺の木aワーカー林住記

山の一作業員記す尻まくりワールド雑記帳

ヒオドシチョウだった…

2017-04-20 | 小父のお隣さん
 フイールドの駐車場にタテハチョウがいた。特に確信があった訳でもなかったが気になって撮影し家で図鑑と対象したらヒオドシチョウだった。
 先日、S先生が散策にいらっしゃった折、「ヒオドシチョウの産卵時期で、枝の先端にまとめて産み付けるからわかりやすい」と教えてもらって、まだ萌えないエノキの枝先を眺めていたりしていたのである。まあ、小生は少しばかり燃えたのだった。

 写真の個体はオスなのかメスなのか知らないけれど、個体がいるという事はエノキに産卵した可能性が高くなる。数年前、エノキ林に大発生してびっくりしたのだが、それを捕食する虫も鳥も大挙出現して食物連鎖の妙なる調べに感嘆したものだ。今年もそうなるのかどうか、楽しみといえば楽しみ、哀れといえば哀れでもある。

 食物連鎖の場面で思い出すのはアオダイショウに咥えられた大きなモリアオガエルの表情だ。暴れる事もせず達観したかのように半眼だった。小生の達観境地は来るのだろうか…。まあ、そんなことは驚天動地か。

               翅を閉じた      おしなべてタテハ
『虫』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« **大蔵性増弊局面「人焉ん... | トップ | 今日のトンボ「シオカラトン... »
最近の画像もっと見る