トロル小父の木aワーカー林住記

山の一作業員記す尻まくりワールド雑記帳

今日のトンボ「マユタテアカネの産卵」

2016-10-14 | 小父のお隣さん
 トンボ池でのマユタテアカネの連結飛行と泥打産卵を眺める。周囲にはノシメトンボのカップル飛行やネキトンボのカップルも見られた。まだオニヤンマも飛来する。しかし、あれほど突っかかるのがお好きなシオカラトンボは全く見られなくなった。

 隣沢の水源地での作業中、至近にヤンマ風のトンボがたびたび来てはホバリングした。オニヤンマよりサイズは小さいからサナエトンボ科だろうと思ってはいたものの飛翔する姿では全く判別できない。とはいうものの撮影できても判別できないのが小生の知性なのだ。
 それはともかく、小生の至近、腹部の高さでホバリングするとはどういう了見だったのだろうか、皆目わからなかった。手を伸ばさずとも届く距離なのだ。捕食対象ではありえないし、数頭飛翔していてどの個体も同じ行動をしていた。確認行動にも見えるが、トンボにも興味関心をもつ対象があるということなのだろう。
『虫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« *白露の頃 | トップ | 冬への備え »
最近の画像もっと見る