トロルお爺の木aワーカー林住記

山の一作業員記す尻まくりワールド雑記帳

今日のトンボ「オオアオイトトンボ」だったか…

2016-10-29 | 小父のお隣さん
 結実させ素性を確かめたいから除伐しないでいるクワの樹、通行に鬱陶しくなったので整姿剪定をした。集積場所で廃棄しようと一枝投げ込んだら飛翔体が出た。オオアオイトトンボだった。
 今季、作業で林内に入る機会が無く、見かけたのは数回程度である。晩期になれば日当りを求め日溜りでも見かける事があるけれど、まだ日陰の身で過ごしているみたいだ。
 トンボ池にマユミの若木があった頃は、多数のカップルが群がって枝に産卵をしていたが、現在というと水面に枝を伸ばしたマユミは無くなったので、産卵シーンは見ていない。翅を開いて止まるイトトンボはこの種しかいないのだが「オオ」が付いたか付かなかったか、いつも悩むトンボである。
                      両眼の乖離は驚くほどだ
『虫』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 北から来た来た、我が家にも | トップ | トンボ池の冬支度 2 »
最近の画像もっと見る