トロルお爺の木aワーカー林住記

山の一作業員記す尻まくりワールド雑記帳

春雨じゃ、縫っていこうか…

2017-04-21 | 何よりの楽しみ
 冬の間は木屑にまみれて、春ともなれば糸くずにまみれ…、チョンの間に山仕事なんて、生活品質がだいぶ劣化してしまった。これでは「木aワーカー・オンリーワン」解消で「厭離穢土」の方向性は頭髪の様に薄くなり「林住記」まで影響が出てきた。とは言っても「百姓」の基盤は壊れていないから、ここだけが活きる縁か…。

 先般、子どもの浴衣を作務衣にリフォームしてあったのを更に手直ししたのだが、普段使いの他の二着はボロが目立ってきた。ここは一着新調しないとと決心し手作りする事に決めた。
 用いたい生地は亀田縞等の伝統木綿生地だったものの、街の店頭には無くネットで購入は出来るとしても織り生地は価格が高く、結局はプリント生地にした。度重なる年金の支給値下げやら、其処から天引きされる保険料の値上げなどで、老境に於いて少しばかり心を満たす行為さえ出来にくい。

 さて、図書館に参考になるページは無かったからネットで製図を探した。幾つかあったが微妙に採寸や形が異なる。「これ!」と思える物がなく結局は自分でアレンジしなければならなかった。
 袖の長さや紐の使い方など作務衣や甚平には違いがあるようなのだが定義などどうでも良く、自分で「こうありたい」仕立てがしたいのだ。

 結果は「作務衣でなく甚平でなく」なんともケッタイと言われかねない出来上がりになったが、小生の望んだデザインでの出来上がりとなった。まず「袖は半袖」で長そでが重なると作業し難いのである。ポケットは左側、覆い付き」で、右ポケットだと刈り払いやチェーンソー作業時に邪魔になるし、ポケットを閉じられないと紛失物を発生してしまいかねない。

 いくつか図面を拾い型紙を作り裁断しミシンとアイロンを駆使して作ってみて「すべて鵜呑みは出来ないものだ」と思ったのが「結び紐」のサイズだった。図面をみて不審には思っていたのだが出来上がり幅5㎝では蝶結びが良く似合う飾りリボンで、作業衣に飾りリボンは邪魔になるだけである。ここは取り外し細い紐に替えた。
 経験値があれば「あれ?」で即修正できるのだろうが、こういうところに初心者が陥る穴があった。

              図面通りの紐幅  ➡   紐を替え出来上がり
『手芸』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« オオスズメバチ御登場! | トップ | 今日のトンボ「クロスジギン... »
最近の画像もっと見る