トロル小父の木aワーカー林住記

山の一作業員記す尻まくりワールド雑記帳

ノシメトンボの産卵

2016-10-12 | 小父のお隣さん
 10月に入り目立ってきたノシメトンボと思われる産卵シーンだ。図鑑対照で選んでみると、オスの体色が赤いからコノシメトンボと思ってしまうのだが、産卵シーンを観察すると連結して空中産卵している。コノシメトンボは水面で打水産卵とあるから一致しない。翅先に黒褐色斑があるリスアカネも打水産卵とあるからノシメトンボと言って良いだろう。

 飛行中のトンボはケータイでは無理と思っていたのだが、スポーツモードでシャープさはないものの写せる事が分かってから時折は使ってみる。とは言っているもののオニヤンマなどの横切っていくような飛行では撮影は無理で、至近を行ったりきたりしている状況を狙って「どうにか…」のレベルなのだ。撮影したからどうって事のないシーンで、人様に見せる品質では無い事は間違いないけれど、小生的には特ダネに近い動体の撮影だ。

 写真のカップル、水面上で産卵飛行していず、草むらの上で産卵飛行していた。舗装路面が濡れている時に産卵している種も見るから意外とアバウトなのかも知れないが、思わず「そこ、乾燥するよ!」って言いたくなる。まあ、世の中、聞く耳を持たない生物は五万頭イルカ、でなく五万といるか…。

                      
『虫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤマハンノキを食い荒らす… | トップ | 漏水孔を潰す »
最近の画像もっと見る