トロルお爺の木aワーカー林住記

山の一作業員記す尻まくりワールド雑記帳

ヒオドシチョウの幼虫みーつけ!

2017-05-11 | 小父のお隣さん
 先日、エノキに居たテングチョウの幼虫を教えてもらったが、エノキを食樹にしている幼虫で見当がつくのはヒオドシチョウの幼虫くらいだ。
 元はと言えば、数年前に大発生した折り、S先生に教えてもらったのであるけれど、それ以来発生期には注意を払ってきた。今季も水回りの行き帰りに頭上を見上げていたのだが、ようやくそれらしい幼虫塊を発見した。

 ヒオドシチョウの産卵は枝の先端、幼虫はしばらくは集合体で過ごす、体色は黒っぽい、と言うのが小生の持つ知識で、これに全て当てはまる条件があった。
 まあ、個人内差の事だから断定しても不都合はない。望むべきことはオオムラサキが来てほしい、オオムラサキの繁殖が適って欲しいで、欲望とは果てしないものである。

  産卵部と幼虫集団    幼虫集団   拡大 
『虫』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« ナンジャモンジャ開花 | トップ | 泥土でもある使い道 2 »
最近の画像もっと見る