トロルお爺の木aワーカー林住記

山の一作業員記す尻まくりワールド雑記帳

シジュウカラ初鳴き、アメンボ初見

2017-03-07 | 小父のお隣さん
 助っ人課業が泥濘地に入ってしまい脱出困難…。作業台をかさ上げする台を作っていた道具小屋でシジュウカラのさえずりを聞く。正確に「初鳴き」なのかどうか確認する術は無いにしても、小生が聞いた日を「初鳴き」としている。正確を期すれば「初聞き」なのだろう。

 それはともかくさえずり始めの頃は長く鳴いていないのが常で、数回鳴けばラッキーであって、大抵はワンフレーズか中途半端が多い。まして聞き逃せば翌日に聞けると言う事も無く「何時になるやら」なのだ。まあ、さえずりを聞くと「春になった」実感がする。サクラが満開でも人為的な早咲き種ではピンと来ない。ヤマザクラなら「春だ」と思えるのは雪国育ちのせいなのかもしれない。

 水見回りではアメンボ多数を見た。いったい何処で冬越ししているのか知る由もないのだが、水辺の表土のなかにでも潜んでいたのだろうか。まっ、どうでもいいことではある。ヒキガエルの産卵は無かった。
 午後、西風が強くなり雪雲が黒く見えてきた、風花の名残が舞ってきて「春は名のみの風の寒さや…」で、頭を出したカエルも引っ込めただろう。
『鳥』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« *人は余に釣れ余は人に吊れ | トップ | 土嚢三俵、どの三俵 »
最近の画像もっと見る