トロルお爺の木aワーカー林住記

山の一作業員記す尻まくりワールド雑記帳

**故郷は遠くにありて想うもの

2016-10-31 | 今はうたかた
八海山八つ峰(を)の白き朝なれば手を擦り仰ぐイスラムの蒼

はたけ草抜き続け行く兄の背に塩の地図浮く陸稲の中に

ムクドリの喧騒の巣懐かしき明治のボロ家代かわり消ゆ

八色原アケビやキノコ追い攻めつ秋グミ摘まむ原は街なり

魚野川流れは永久に変わらずも釣りし場所なく追いし野もなし

訪ぬればその小さきにただ立てりヤンマ蟹獲る社の沢は

堅香子の花の斜面は語り草わがふさ髪も永久に在らざり

同級生爺婆となり皺顔は郷里で活きた赤銅メダル
『短歌』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« トンボ池の冬支度 2 | トップ | 有頂天も、そこは飢餓地獄 »
最近の画像もっと見る

今はうたかた」カテゴリの最新記事