トロルお爺の木aワーカー林住記

山の一作業員記す尻まくりワールド雑記帳

何をおかずに新米を食べよう…

2016-10-25 | 何よりの楽しみ
 郷里の兄から新米が送られてきた。何を隠そう、真正魚沼産コシヒカリ自家生産米である。食べてみれば分かるのだが市販の同ブランド米よりは掛け値なしに美味しい。少年時代の記憶であるけれど、米の美味しさは田圃ごとに異なり、まして当時は等級だけで食味なんて価格に反映しない時代だったから「あの田圃の米は美味しいから出荷せず自家米にする」という農家はあったと言う話は聞いている。
 それはともかく、届いた新米の初食いは、それなりに気を使う。今までだと魚沼産のフキノトウをフキ味噌に仕立てておき、それで新米を頂いた様な感じだったが、出来れば郷里の食材で食べたいのである。

 今回、締めにフキ味噌を合わせたが、今までより手数を掛けてみた。ご飯は丼物に決め、ダイコンの葉を刻んで炒め、生姜とカツオの佃煮と合わせた物を乗せた。副食は山芋の醤油漬け、庭の国光最後の一個、焼き銀杏、味噌汁は油揚げと庭のミツバ汁、とまあ、書き出せば豪華に思われるが、実際は写真の様に質素なのである。
 骨太のかの人の様に「メザシと味噌汁」とはいかないまでも、新米だから多少の手数と贅沢をしてみたが、まあ、人様に披露する程の内容でない事くらいはまだ判断できている。それを披露するのだから、いわゆる「まだら」か…。そういえば今期もシロマダラと出合ったなあ。
 そう、小生シロマダラには執着心があり、現在、胸に一案持っていてウヒヒなのである。
         ダイコン葉と佃煮を合わせる ➡   新米いただきます
『男の料理』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« *秋の七草 | トップ | 小池でもピリリと腰に来る »
最近の画像もっと見る

何よりの楽しみ」カテゴリの最新記事