toromagurohamachi

toromagurohamachi

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

グリセオールテスト

2009-05-12 08:32:27 | Weblog
レポートサービスサイト ハッピーキャンパス

私の資料室・みんなの資料広場HAPPYCAMPUS

http://www.happycampus.co.jp/docs/983429996301@hc06/40279/

グリセオールテスト
目的
メニエール病の診断
必要物品
オージオメーター、グリセオール水薬、コップ
方法
前日の夕食後絶飲食で来院してもらう。
検査前の聴力検査を施行する。
グリセオールを内服する。 局方グリセリン1.3mL×体重+同量の水
内服3時間後に聴力検査を行う。
検査前後の聴力検査の比較で診断をつける。
看護のポイント
グリセオール内服後は脳圧が低下するために嘔気、嘔吐、気分不快を伴うことがあるのでその場を離れないように促す。
症状は一時的であることを説明し、不安感が助長しないように留意する。
膿盆、ティッシュを準備しておく。
必要に応じてベッドで臥床してもら


TAG : グリセオ?ル,看護,メニエ?ル病
ジャンル:
ウェブログ
キーワード
メニエール病 ポートサービス
コメント (0) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« クローン病 | トップ | くも膜下出血患者の看護 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL