VOL2 わ・た・し流

おとぼけな私ですが 好きな本のことや 日常のなにげない事等 また 日々感じたことも書いていきます。

終活も視野に

2017-05-16 22:10:54 | 日記
5月半ばになり


働き始めて もうすぐ一年になる



私とかわりばんこにやってくれる新人さんも はや6か月目


 いやはや この速さで月日が過ぎたら・・・



5年10年あっという間



自分の健康年齢を予測して


そろそろ  終活を意識しようと考えているけど


会社でそんな話をしたら すごく嫌がられた


そういえば 主人も 私のそんな話をとても嫌う


希望がつぶれる と言って・・・



ついつい・・・ね、


自分の後を継ぐ者がいないだろう我が家


娘に 樹木のある家なんか残したら 超悲惨だ


近所に そういう見本のような家がある


その家の並びの人たちは とても困っている



外の排水溝のふたの上に 


土がつもり  そこに 鳥が落とした種が芽吹き


桑の木や いばらが繁茂して


やぶになってしまった


もともと家の庭に植えてあった みかんの木だの


ピラカンサ、その他の木が茂りすぎ


隣の庭まではみ出ている


溝の掃除もできないし


はみ出して道の上部までが枝でおおわれて


車に傷がつくほどの位置にでてきている



勝手に切れないし 市に相談しても らちがあかないという



家の住人は 主婦と息子の2人


ご主人は いつの間にかいなくなり


ご主人が使っていた車は パンクして路上に長いこと放置されていたが


いつしか撤去されて、 誰もその以前から ご主人を見た人はいない


そこの人たちをみると


我が家も 娘だけになったら


こんな迷惑をかけそうな予感・・・


自分がまだ仕事できているうちに


樹木の整理だけは 済ませておきたい



主人に相談しても  いつもの通り まったく筋違いの話題にすりかわって


怒るばかりで 会話のキャッチボールが成り立たないので


この家は 私の家だから  時期を見て 決行しようと決めた



ローンだけ払っている主人の持ち家は すでに傷み始めているし


娘は通いきれない場所なので  市に相談してどうするか決める


もちろん 人生って何があるか どうなるかなんて予測しても


想定外はあるかもしれない


それでも  今からきちんと構想をねっておきたい


父が逝ってはや3回忌がくる


私の心も やっと動き出した・・・
『ささやき』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何事も  浮雲のように | トップ | まったりすると・・・ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む