VOL2 わ・た・し流

おとぼけな私ですが 好きな本のことや 日常のなにげない事等 また 日々感じたことも書いていきます。

何事も  浮雲のように

2017-05-14 14:41:03 | 日記
もうすぐ母の日  というある日


  主人が 娘に言った


「お母さんに 日頃世話になっているんだから なんか買ってやれよ」



  娘の反応  「え~~そんな言われ方すると

かえって何もしたくなくなる!」



  以前も 投げつけるように「何が欲しいっていうの!!」

と言われたこともあり


  母の日に 娘から何かくるなんて 期待しない事にしているが・・・



今日も何事もなく ふだん通りの日曜日でございます



  でも そういえば  いつだったか 「はい、シュークリーム。

これが 私からの母の日」とかなんとか言ってなかったか?



  もう何日前だったか 私も忘れているんだけど

たしか そういって シュークリーム1個もらってたなあ



  あれが きっと娘流


私自身  最近もう 複雑怪奇な人間関係は選択しない事にしていて


  誰かが何かする、しない は その人のやり方であって

人がどうこう言う筋合いはない と割り切る方向



  そして 思いこみで 誰かが喜ぶかもしれない、と何かをする

事もやめた・・・というか あまりそういう気を回すのは得意でない、もともと




  そんなふうになってしまった


ちょっと 現実世界にレイヤーがかかって

  私は 一段ずれている

人のうわさ話  これは 一応参加したふりをする


  他人の悪口  そういうところもある人なんだねえ と言うようにする



誰かに いやなことを言われた、された と感じたときは

  きっと 自分も誰かにああいう事をしたにちがいない


反省しとこう・・・と思うことに・・・


  そうやって 「なんか 変わってるね」と言われる人になっている


ふわふわした  とらえどころのない人におもわれているだろうが


  ちっともかまわない


もう 3次元にどっぷりつかるのは  やめた


  これから 自分なりの「身じまい」を考えることにして


娘の 娘なりの「母の日」も  私が要望することではないと思っています


  親離れのいい兆しだね

独立心旺盛こそ 娘に望む事


  でも そうならなくても それをまた 責めたりはしない

だれでも その人のオンリーワン人生
『ささやき』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 感謝が尽きない | トップ | 終活も視野に »
最近の画像もっと見る

あわせて読む