トーネードの無職生活

無職生活になったのはなぜか?日常どうしているのか?
ウォーシミュレーションゲームの状況などをご紹介

デンマークに戦争をふっかけられる

2016-10-11 08:35:05 | 日記
 ヴィクトリアをプロイセンでプレイしています。ハノーファーとの戦いを制した後、小国がいくつかあるのですが、それらにも攻め込んでしまうというのもありだったとは思うのですが、あまりにも弱いものいじめのような気がして、その後は戦争はせずに内政を行っていました。

 そしてイベントで市民の反乱が頻発するようになり、あちこちで反乱が起こって火消に部隊を動かしていたところ、シュレシヴィヒ・ホルシュタインの問題でデンマークが戦争をふっかけてきました。陸戦ではプロイセンにかなうものなしということで、攻め込んできたデンマーク軍を撃破し逆に攻め込みました。デンマークから講和を求めて勝利しました。それにより国威も大幅にアップしました。

 内政では、各地区で産出される産品の増大をはかるために拡張を行ってきました。そして工場を新設したいな思ったのですが、どうもそのやりかたがよくわかりません。あれやこれや見たところ工場も拡張できることにようやく気がつきまして、拡張の余地のある工場について拡張を実施中です。

 それから部隊も歩兵三師団を増強。これでだいたいまんべんなく部隊を配置できできたかなという感じです。今のところ世界第四位の地位にありますが、プロイセンとしては海軍に全く力を入れていないので、海外に植民地を得ようという活動を全くしていません。

 あとは鉄道を引きたいところなのですが、資本家が独自にひいてくれていますが、国としては鉄道が引けません。何か条件を満たしていないからだとは思うのですが、ちとよくわかりません。

 ということで、まずは工場の拡張をしていきたいと思っています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 電通の過労死自殺について思... | トップ | クリミア戦争がおこる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事