政府、社会の問題、提言など

社会、経済、政治などの問題点について投稿して行きます。 又、テレビ報道しない重要な出来事や、注目すべき出来事も対象です。

「ゆうちょ」口座での取引について。

2017年07月12日 11時30分00秒 | 経済

以前の郵政民営化で「ゆうちょ銀行」が分離独立と言う事になったが、以前、郵便局で口座作った人が、その場所でお金の出し入れが出来なくなってしまうと言う事であるならば、非常に不便になってしまう!と言う事になる。

個人的な仕事柄で、給料の支払先が、銀行から郵貯への支払いに変更になったので、昨日、新宿の郵貯銀行で新規の口座開設を行ってきた。

郵政民営化以前の郵便局では、ゆうちょの資金の出し入れについては当然可能と認識していたが、郵政民営化後の今では、その事は無理になったのか?と、ふと思ったが、自宅近くの郵便局で確認したところ、そのようにはなっていなかったようだ。

しかしながら、セブンイレブン等、コンビニのATMを使用しての、ゆうちょ銀行からの引き落とし、入金は出来るが、そのATMを利用し、現金振込ではない、カードのみでの送金については、ゆうちょ銀行から他の銀行への送金、振込は出来ないようだ。

セブンイレブンの店員に聞いたところ、「それは出来ない」らしい。

電気代やガス代、水道代など各種生活費用の支払いは、銀行からの自動引き落としに設定しているので、ゆうちょ銀行から他の銀行に毎回、振り込む必要が出てきてしまった。

コンビニや郵便局で、ゆうちょ銀行の資金を一度引き出し、通常の他の銀行に「現金として」実際に振り込むと言う事になる。

その分だけ、余計な費用がかかる事になる。

郵便局ならば出来るようだが、コンビニの場合、現金を引き出さなくても、ゆうちょ銀行から、一般の他の銀行に「直接」入金出来るようにしてもらいたい。

送金元 ゆうちょ銀行 (カードでの支払い)→ 送金先 ○○銀行 と言う状態だ。

又、その逆も有り得る。


追加として、銀行等、引き出す時に、「毎回、費用がかかる」と言う状態も、庶民感覚で考えた場合、「ぼったくり!」と言うように思えてならない。

銀行に預けていても、ゼロ金利なのに、「引き出す時にはお金、費用がかかる」と言う状態について、日本の銀行は「悪質なボロ儲け行為を行っている!」と言う状態が続いている。

現時点では、銀行に預けた時の金利を上げる必要がある。

元々を考えた場合、銀行の役割は何なのか?!と言う事にたどり着く。

現時点での進化を考えた場合、必ずしも、良い状態に進化しているとは言えない。


日本の政治を考えた場合、本来、このような事を改善して行く必要があるのでは?。

国民、庶民のためになっていない、と言う事を政治家らは放置している、と言う事だ。



更なる追加として、ゆうちょ銀行の通帳について、どちらもゆうちょ口座でのやり取りの時の通帳番号と、ゆうちょと他の銀行とのやり取りの時の通帳番号があるが、二つも必要なのか?。

不思議に思えた。






ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍氏の「働き方改革」の神... | トップ | 自民党・安倍政権が推進する... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

経済」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL