【 Target  】   戦略、あるいは目標の重要性
夢も希望もなくした日本。今が立ち上がる時。言論・思想・発想の自由・権利のあるうちに。目指すは自民党解体。
 



 
 すみません。ちょっと似てるかな?と想ったものでトラックバックしました。
 おかしなところは、直してください。よろしくお願いします。   

中国副首相、小泉首相との会談を中止 緊急帰国へ
小泉首相と中国副首相の会談、中国側の「緊急公務」により中止 2005年 05月 23日 月曜日 12:01 JST
こんなもんに、腹をたててもバカらしいので、ちょっと為になる方程式をやってみよう。
といっても、考え方ですが。
 このまま緊急帰国と受け取って良いとおもいます。そのうちほったらかしときゃ動くでしょう。そして、肝心の日中情勢ですが、プロの考え方を少しだけ書いて見ます。
私もド素人ですが、こんな材料を拾ってみました。

 小泉さんは、子供の頃から頑固である。
 靖国公式参拝をした過去の総理大臣は、中曽根康弘さんが一度だけ、国内外の反発に会い、それ以外は小泉さんが4回と異状な執念で、裁判で違憲の判決まで出ている。それでもまだ行くと言っている。
 小泉さんは、福田赳夫さんの秘書をしていた。
 福田さんは、総理時代、日中平和友好条約を花道に、総理引退を押し付けられ撥ね付けた事がある。
 日本航空機ハイジャック事件で、人命尊重のため、犯人側の条件をすべて受け入れたため世界から非難された。亡命先の北朝鮮の後ろに、中国がいる。
 日中平和友好条約を結んだ総理大臣は、田中角栄さんである。総理辞職後も中国との関係は絶大だった。
 日本は、対中国のODAを急激に減らし続けている。
アメリカが、セーフガードや、人民元切り上げなど中国赤字貿易対策に力をいれ出した。
 FRB議長、「人民元切り上げは、米国の貿易赤字削減に効果はない」(もっと圧力をかける。)
ECB(欧州中央銀行)の幹部が人民元切上げを要求。
中国は、内外ともに沢山の問題を抱えている。とにかく頭が痛い。
    全部事実ですが、焦点を絞りやすいように拾いました。

【現在の見通し】
日本側の政策と、欧米の利害関係もあいまって、包囲網的な締め付けが行われている。
中国が日本に反発している理由は、上に揚げた理由が殆どだろう。遺恨を晴らしているようにも見える現政権は、今の方針を変えないのが当然。“全部当たりではないが、理屈と筋は通っているのではないでしょうか。
今回の緊急帰国ですが、田中真紀子さんが窓口だったら、大きなニュースにはならなかったでしょう。
 イラク人質事件の総理のかたくなな強硬姿勢は、日本航空機ハイジャックテロ事件の教訓が、トラウマになるほどの、後悔と反省のあらわれだと言われています。
 コーラン冒とく事件は、今のところは結果を当てました。
 JR西日本の事故の大きな要因として、利益が上がらないのが一番の問題点だと考えています。最初スタートする時に、心配されたのがこれでしたから。
相手の考えやこれから先の動きを予測する場合いろんな出来事を可能性のあるものに絞り込む事で、大体見えてきます。外れた場合、その出来事を加えればまた精度があがります。ひとつの事にこだわらず、冷静にみるクセをつければ、振り回されずに世の中が見えてきます。私みたいな人間でも。
 宿題のコメントが送れてすいません。急ぐ記事から載せていきます。

追加コメント: 良い、悪いを別にしてみると『 小泉さんは、信念を持っている。』

           戦いを挑むのであれば、覚悟を必要とします。

           そして名誉ある撤退の道を準備しなければなりません。

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )


« ある高校生の想い この国の生き... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (楽隠居)
2005-05-24 00:15:34
旦那さん、どうもTB忝い・・・面白そうなものが有りましたら宜しく御頼み申しますわい。

 
 
 
Unknown (楽隠居)
2005-05-24 16:25:02
誠に勝手ながら相互リンクさせて戴きました。

構いませぬか?
 
 
 
toriya → (楽隠居様へ)
2005-05-24 17:32:48
 とんでもありません。

私こそ、勝手にリンクに入れてしまいました。

 末永くお願い致します。
 
 
 
Unknown (楽隠居)
2005-05-24 19:32:09
此方こそ・・・今後とも宜しく御願い申し上げます。
 
 
 
コメントありがとうございました。 (稲月)
2005-05-25 20:58:17
記事へのコメント、ありがとうございました。

勝手ながら、TBさせて頂きました。



今回の「日中関係」の記事については、そういう見方もあるのかと、興味深く拝見しました。

日中の問題については、最後は穏やかに解決にしてくれれば、と思っています。

この問題を大事にしても、日本に利益はありませんしね。

(中国のデモの時のように、国際世論を味方につけないと解決しないかな?)
 
 
 
鶏屋→ (稲月様へ)
2005-05-25 21:08:43
大変失礼しました。「ド」が付く素人なんですが、相手の立場を立てるだけで、解決できる問題と見ています。でも呆れるばかりです。私肉屋なんですけど、もう危中しくって。ホンとに簡単なんです・・・

 インスタントで済むんですが~

 肉をきりたいんですよー。(ホンネデシタ)
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
日中関係 (人生無常・・・ケ・セラセラ)
呉副首相、小泉首相との会談中止 「緊急の公務」と帰国 (朝日新聞) - goo ニュース 中国も中国だけど日本(小泉首相)も日本です。首相に対してドタキャンは失礼だけれど、首相(日本のトップ)と思われてないのです。常識で考えれば一国の首相たるもの国を背負っていると
 
 
 
5/24(火)・中国副首相のドタキャン (気まぐれDIARY)
中国の呉儀副首相が当初予定されていた小泉首相との会談を急遽中止したという。まあなんと、なめた話であろうか。靖国問題一点集中で総理に揺さぶりをかけている姑息な行動としか目に映らない。 あの国はやはり共産党一党支配国家である。共産党支配の国の威厳を保持するた
 
 
 
頭を下げるという交渉手段。 (私立犯罪精神研究所)
中国副首相が首相との会談をドタキャンした件について。 中国は中華思想であり、当然のように外交も自国の国力を拡大する手段として使用している。 靖国問題にしても、デモの問題にしても、中国の国内問題や、国力拡大といった中国自身の問題が大きな割合を占めていることを