疾風の如く!

弓道と美人画に生きる日々。

初めて道着や袴を着るK田さん!

2017年01月25日 | Weblog





初心者から弓道を始めたK田さんが、

ついに道着と袴を着ることになった。




ついにというのは、先生から巻藁千射を言い渡されたから。

「やっぱり五百射でいいから」という先生に、「いえ、千射頑張ります」と言ってのけて、

ようやく、ついに、千射をクリアーしての稽古着なのでした。


でも、本人が「いやだ、見ないで~」とか凄く照れており、

それがなんともおもしろかったので、つい写真に撮ってしまいました(笑)

もちろん、K田さんご本人に許可を頂いて、載せております。




きっと、この方には、寂しくも気の抜けた老後はないという気がします。

だいたい弓引きには、犯罪者はおろか、ボケる人もおりません(自分はどうなるか知らんけど)。


弓は、武道独特の真剣勝負がありますし、気合も集中も必要なので、ボケる暇がないのであります。

しかも、こういう袴や道着を着込むと、気が引き締まり、心身共に健康に良いのでありました。



今夜は、なにはともあれ、K田さん!初道着初袴、おめでとうございます!!







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 漫画「モディリアーニにお願い」 | トップ | ミス日本「海の日」は、弓道... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事