疾風の如く!

弓道と美人画に生きる日々。

時差ボケ。

2016年11月08日 | Weblog

月曜の夕方、宮崎から東京に戻ってきました。

タイトルが「時差ボケ」となっていますが・・本当です(笑)


東京での夜型生活を、宮崎では強制的に昼型に変更しまして、

最初は全然寝れませんでしたが、最後はぐっすり眠れるようになりました。




ところが、こっち(東京)に戻って来て、また夜型生活に戻そうとすると、

今度は、体も心も昼型になっており、なんだか調子が悪いといいますか・・(笑)


それで、周りには「時差ボケ」と言っております。

「東京から宮崎で?そんなバカな・・」と笑われてマス。





さて、積もるネタがたくさんありますが、お目当てだった「西都古墳祭り」の写真をいくつか掲載しておきます。


「西都原古墳群」は、宮崎県西都市にある日本最大の古墳群。

この季節は、秋桜が見事に咲き誇っております。





この「鬼の窟(いわや)古墳」には、UFOが埋まっているという言い伝えがあります(←ウソです)







「鬼の窟古墳」の中はこうなっています。








さてさて、前置きはそれくらいにして、夜になると、「西都古墳祭り」のたいまつ行列がやってきます。

参加希望の皆さんが、古代衣装に身を包んで、都萬(つま)神社からスタートして、西都原に歩いて行くんですね。





会場には、今か今かと大勢の皆さんが待ち受けておりまして、

夜8時過ぎから、いよいよ炎の祭典が始まるのです・・。





「時差ボケ」でしんどいので、続きはまた明日のブログで!!お楽しみに












ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西都古墳祭り | トップ | 第30回「西都古墳祭り」の夜 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
雄大な (ゆぶ)
2016-11-08 11:47:46
これは、お見事なコスモスの原と

由々しきお祭りの模様ですね~~!!

九州、上陸したことのない私には、まったく未知の世界です。
都萬神社という名前も 神秘的ですし、
松明を持たれた方々も 勇壮ですねえ。

この古墳、鬼の伝説でもあるのでしょうか??

時差ボケ、早く吹っ飛びますように!!
ゆぶ様 (トリトン)
2016-11-08 17:06:04
もともと夜型ですから、早く戻ると思います(笑)
でも、もういい加減の年齢なので、あと数年もしたら昼型にしたい。

9年ぶりに田舎に戻ってみると、親戚などの世代交代が完全に進んでいて、
東京では感じなかった別の意味での「時の流れ」を痛感しました。

自分も歳をとるはずです・・・。

でも、おかげで、東京で自分がやるべきことが、再発見できました。
あと何年東京暮らしが続けられるのかなあ・・(笑)

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事