疾風の如く!

弓道と美人画に生きる日々。

死闘!!WBC 日本VSオランダ!

2017年03月13日 | Weblog




写真は、勝利打点をたたき出した中田と、

10回11回(最終回)を無失点で抑えた牧田だ。



この試合は、過去のWBCの中でも、死闘と呼ぶにふさわしい試合だった。

現役バリバリのメジャーリーガーを並べる猛打のオランダに対し、

ジャパン投手陣が、1イニング1人~2人の投手をつぎ込んでの継投に次ぐ継投


ちょっとでも良くないなと判断すれば、即座に次の投手が出て投げるという展開。

見ているほうは、毎回ランナーを抱える必死の守りに、手に汗を握り、

0点でしのぎ切る場面の連続に、ガッツポーズを何度も何度も繰り返し、また安堵した。




最後の最後に、キャチャー小林がフライを取ったあの瞬間は、

これ以上できないほどの大きなガッツポーズをして、机に倒れ込んでしまったが、

深夜12時になろうかという時間まで戦った現場の選手たちは、

本当にもう何もかも出し尽くして、燃え尽き果てたかもしれない・・



お立ち台には、上の2人が上がったが、チーム全員が死力を尽くした執念の勝利である。

菊池の超ファインプレーあり、劇的なタイムリーやホームランもあり、

見応えがありすぎるほどの緊迫した名勝負だった

ゲームセットの時まで目が離せず、本当にがっくり疲れ果てたヨ。



プロ野球は、これから開幕だが、ものすごいカンフル剤になったのではなかろうか。

野球というスポーツが、これだけ熱いのだということを、改めて証明した最高の試合だった。




それにしても、ああいう試合で結果を出すというのは、本当に心臓が強くないとできない。

単にタフネスというだけではない・・戦う男でなければ結果は出せないと思った。









ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ATH-IM50」を買う。 | トップ | WBC 日本VSイスラエル!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事