鳥沢小学校の日々

風がささやく
花が歌う
水がはねる
君が笑う

学校・地域連携推進会議が開かれました。

2015年06月29日 | 家庭・地域との連携

話は前後しますが,26日(金)の午後5時から,図書室に於いて学校・地域連携推進会議が開かれました。
夕方のお忙しい時間にもかかわらず,鳥沢・梁川両公民館長さんをはじめとする委員の方々に出席していただきました。


話し合った内容は,大きく分けて次の3つでした。
1 防災,防犯,事故防止などの安全・安心についての取組
2 体験学習をはじめとする教育活動への地域人材活用の取組
3 スクールボランティアによる学校教育環境整備の取組
学校・家庭・地域社会の三者がこれまで以上に連携を密にし,活動を継続・充実していくことが確認されました。
また,今後の具体的な取り組みとして,「こども110番」の整備・充実に向けて大月市PTA連合会へ提案していくこと,町の活性化に向けて子ども・保護者・高齢者による活動を公民館とともに考えていくことなどの意見も出ました。


この記事をはてなブックマークに追加

保健集会が開かれました。

2015年06月29日 | 学校生活

29日(月),昼休み,多目的室で「保健集会」が行われました。
ねらいは「手洗いの大切さを知り,手洗いを励行する態度を育てる」でした。


みんなに「大切さ」をわかってもらうために,絵本をスクリーンに映し出し,保健美化委員の人たちが読み聞かせをしました。
絵本の題名はそのものずばり『手を洗おう』です。
登場人物ごとに読み手を変えての朗読です。
セリフを読み上げるのがとても上手で,まるで声優(せいゆう)さんのようでした。


次に,手洗いのしかたを教えてくれました。
たいちさんとゆみさんが前に出て実演をしました。


みんなもそれにあわせて練習しました。

最後の感想発表も素晴らしいものでした。
発表の内容をしっかりと押さえていて,これからは(これからも?)しっかり手洗いしようという意気込みが感じられました。

ただ大きな課題も残りました。
それは,はんかちをポケットに入れている人が少なかったこと。
洗ったその手はどうしているのかしら?

※おまけ
絵本のお話にもあったように,手には目に見えないばい菌がいっぱいついています。
ばい菌がついたままの手でパンやおせんべいを食べると,熱が出たりおなかが痛くなったりします。
自分ばかりではありません。
ばい菌がついたままの手であちらこちらさわると,ばい菌をばらまき,他の人についてしまいます。
手を洗うことは,自分の健康を守るためでもなく,他の人の健康を守ることにもなります。
これからは(これからも?)食べる前やトイレの後,外から帰ってきたときには石けんで手を洗いましょうね。


この記事をはてなブックマークに追加

4年生の親子レクが行われました。

2015年06月26日 | 家庭・地域との連携

25日(木),4年生の親子レクが行われました。
その時の様子が4年生の学年通信に載っていましたので,紹介します。

------------------------------------------
お忙しい中,保護者の皆さんにお集まりいただきありがとうございました。
この日は,朝から生き生きとしていました。
3・4校時水泳,5・6校時親子レクという予定にうれしさが倍増したのではないでしょうか。
一日のうちの半分以上が体育だったのですから。
保護者の方々とのドッジボールやキャッチバレーに,子どもたちは燃えていましたね。
おまけにおやつもどっさりとあり,うれしかったのだと思います。
役員の方を中心に企画,運営していただきありがとうございました。
------------------------------------------
4年生学年通信『繋ぐ』(№4・6月26日(金)発行)より


躍動感あふれる写真が撮れました。
ボールがわかりますか? 
4年生ともなるとボールが速くなり,「大人の余裕」を見せるのはなかなか難しいですね?

※おまけ

24日(水)からみさこ先生が1年生の指導に来ていただいています。
黒板の紹介の文字が読めますか? 


この記事をはてなブックマークに追加

水泳授業がありました。

2015年06月25日 | 学校生活

25日(木),2校時に,1・2年生がプールに入りました。
1・2年生は23日(火)に続いて,2回目のプールでした。


前回は水温・気温ともにほどほどでしたがあいにくの曇り空。
見ていてちょっと寒々しかったです。
でも,今日は先日に続いての梅雨の晴れ間の二日目。
水温・気温ともにばっちりでした。
入る前からみんなはちょっと興奮気味。
準備体操の大きなかけ声が職員室まで届いていました。

1・2年生のめあては,「水になれる」「浮く・もぐる」です。


1年生は,プールフロアの上での練習です。
ワニさん歩き,カニさん歩きをしました。
上の写真は,顔を水につける練習です。
いくつかぞえられたでしょうか? 


2年生は,プールフロアを使いません。
1年の差を感じます。
内容もだんだんと「泳ぎ」に近くなってきます。
床を足でけって頭からもぐる練習をしました。
バタ足の練習もしていました。

3校時は3・4年生がプールに入りました。
5・6年生は今日はプールがありませんでした。
残念! 

※おまけ
プールの監視に,スクールボランティアの堀越さんに来ていただきました。
(最初の写真で,プールサイドで椅子に座って見守っている方です)
水泳の授業は危険がともないます。
監視の人が多ければ多いほど安全が確保されます。
プール監視ばかりでなく,他にいろいろとお手伝いいただきたいことがあります。
スクールボランティアは一年を通していつでも募集中です。
子どもたちの教育活動に関心のある方はいつでもご連絡を下さい。 


この記事をはてなブックマークに追加

エプロンシアターがありました。

2015年06月24日 | 学校生活

24日(水),昼休み,エプロンシアターがありました。
これは,「かたつむり読書旬間」の取組の一つです。
先週に続いて,今日は2回目の上演でした。
ところで,エプロンシアターってわかりますか?
エプロンは,エプロンです。
これはみんなわかりますよね。
シアターは,英語で劇場(げきじょう)を意味する言葉です。
エプロンシアターとは,エプロンを劇場の舞台(ぶたい)のように使う人形劇のことです。
図書委員の人たちは,これを読み聞かせの一つの方法として上演してくれました。


たくさんの児童が多目的室に集まりました。
主催者発表で約80名,全校生徒の3分の2です。
(誰ですか?人数を数えているのは)


読み手は,あゆみさんとゆまさん。
場面に合わせて,交代して読みました。
とても上手でした。


演じ手は,りょうすけさんでした。
お話の進行に合わせて,エプロンのポケットから次々と人形を出していきます。
手に持ったり,エプロンにつけたり,またポケットにしまったりして,たくさん登場しました。
りょうすけさんのふりつけも加わり,お話がグッと楽しくなりました。


登場人物たちです。
何のお話しかわかりますよね。

※おまけ
いよいよ今週末で,「かたつむり読書旬間」も終わりです。
おすすめの本ポスターコンクールの投票はもうすみましたか?
自分の心に残る本に出会うことができましたか?
この取組をとおして,何を感じどんなことを学びましたか?


この記事をはてなブックマークに追加

いのちのエコキャップ運動

2015年06月23日 | 家庭・地域との連携

23日(火),お昼休み,ペットボトルキャップ分別作業を行いました。
PTA学習部のおかあさんとボランティア委員の児童が作業にあたりました。
作業は,まず分別から始まりました。


一つひとつの手作業です。
きれいなものと汚れたものに分けます。
分けるとき,シールがついているものははがします。


汚れたものはかごに入れ一つひとつ洗います。


洗っても汚れが落ちないものはハイターで漂白します。


干してから,きれいなものと合わせてまとめます。

写真のように,とても手間のかかる作業です。
飲み終わったあとすぐにシールをはがし,水でちょっと洗うとその手間が省けます。
ほんのちょっとの心づかいが,学習部のみなさんやボランティア委員さんの負担を減らします。
PTA会員のみなさん,児童のみなさん,ちょっとした心づかいからこの運動への協力が始まります。
みなさん一人ひとりのちょっとした協力が大きな協力につながっていきます。
ご理解とご協力お願いしますね。

※PTA会員のみなさんへ
大月市内小中学校のPTAで組織されている「大月市PTA連合会」では,平成20年10月に行われた「大月市の教育を語る会」の提言を受けて,『いのちのエコキャップ運動』をスタートさせました。
これに合わせて,鳥沢小学校PTAでも児童会のボランティア委員会とタイアップしてペットボトルのキャップ回収に取り組んできました。
回収されたキャップは,市P連の事務局(今年度は初狩小)を通して,エコキャップ推進協会と提携するリサイクル業者に送られ,そこで再処理されていろいろな製品に生まれ変わります。
そのリサイクル業者への売却益がエコキャップ推進協会に入り,ワクチン支援活動をはじめとする様々な福祉活動への寄付金として活用されることになります。
しかし,「世界の子どもたちにワクチンを届けよう」をキャッチフレーズにスタートした,『いのちのエコキャップ運動』でしたが,平成25年9月以降,キャップの売却益をワクチン支援事業にあてていなかったことが平成27年4月10日付の朝日新聞で報道されました。
この報道を受けて,大月市PTA連合会では,感染症で命を落としている途上国の子どもたちにワクチンを届けることを目的として取り組んできたこの運動を続けていくかどうかを協議しました。
ワクチン支援のために使われなかったのは残念でしたが,障がい者の働く機会や場所を創りだす事業への使用であり,また平成27年度からワクチン支援を再開することから,引き続いて活動を行うことを決定しました。
これからも,会員のみなさんの『いのちのエコキャップ運動』へのご協力をお願いします。

詳しくは,エコキャップ推進協会のホームページ書かれていますので,お読みください。


この記事をはてなブックマークに追加

7月行事予定表

2015年06月22日 | 月行事予定表

7月行事予定表

行  事
1 なかよしタイム  職員会議
2 北教研
3 1年生給食試食会・親子レク
4  
5  
6  
7  
8 うたごえ
9 短縮6校時
10 短縮6校時
11  
12  
13 なかよしタイム(草取り)
14 下草刈り体験作業6年
15 うたごえ  ワックス清掃  校内研
16  
17 1学期終業式  13:50一斉下校
18  
19  
20 海の日
21 夏季休業日(~8月23日(日))  水泳教室
22 水泳教室
23  
24  
25  
26  
27  
28  
29  
30  
31 親子木工教室(予定)

※詳しい予定は,各学年だよりで確認してください。
※掲示用に必要なご家庭は,ここをクリックしてください。(PDF版です) 


この記事をはてなブックマークに追加

「人権の花集会」が開かれました。

2015年06月21日 | 学校生活

19日(金),大月地区人権擁護委員のみなさんに来ていただき,「人権の花集会」を行いました。
まず初めに,低学年と高学年が二つの会場に分かれ,それぞれスクリーンに映し出された紙芝居を見ながら,委員のみなさんによる朗読を聞き,人権について学習しました。


1・2・3年生は,田辺さんの朗読を聞きました。
『白い魚とサメの子』というお話に聞き入っていました。


4・5・6年生は,『ともだち』というお話でした。
小笠原さんや鈴木さんの問いかけに自分の生活をふりかえっていました。

このあと,全校児童が集まり「人権の花贈呈式」が行われました。


たくさんの花と,土,プランターをいただきました。


そして,児童たちのメッセージと花の種をつけた風船を飛ばしました。
あいにくの雨空でしたが,空高くはるか遠くまで飛んでいきました。
みんなの思いがたくさんの人に届くといいね。 

※おまけ
人の権利と書いて,人権と読みます。
では,「人権」ってなんだろう?
小学校では,6年生の3学期に社会科で初めて勉強します。
なんかとても難しそうな感じがしますね。
そんなみんなのために,田辺さんがわかりやす教えてくれました。
「みんながなかよく幸せにくらすこと」だよ,と。
この誰もが持つあたりまえの願いを踏みにじるものが,社会にはたくさんあります。
みんなの生活の中で,いちばん身近なもの,それは「いじめ」です。
今日のお話で,「いじめ」をなくすためには,「思いやりの心」「やさしい心」「勇気」などの心を育てることが必要だということを学びました。
そしてもう一つ大事なことも教えていただきました。
「お互いの違いを認め,その人の好さを見つけ,協力し合う」こと,です。
こちらも,よりよい生活を創りあげていくために忘れていはいけないことです。
人権擁護委員のみなさんから,大きさや色,種類の違う花をたくさんいただきました。
それぞれの花がお互いの違いを引き立たせ,そのまとまりはとても賑やかにきれいに見えます。
児童のみなさんが,花を育てることを通して,命の尊さや協力の大切さ,相手を思いやる心を育んで欲しいとの思いが込められています。
枯らさないよう,毎日の水やりを欠かさずに育てていきましょうね。

◎大月CATV放送予定
  7月13日(月) 18:00
  7月14日(火)   8:00 / 13:00 / 18:00 
  7月15日(水)   8:00 / 13:00 / 18:00
  7月16日(木) 13:00 / 18:00 


この記事をはてなブックマークに追加

2年生の親子レクが行われました。

2015年06月18日 | 家庭・地域との連携

18日(木),5校時,体育館で2年生の親子レクが行われました。
あいにくの雨でしたが,たくさんの保護者の皆さんにご参加いただきました。
体育館には大きな歓声と笑い声,そして拍手があふれていました。


ドッチボールです。
大人の余裕を見せて手加減をしていました。
ボールがどこにあるかわかりますか? 


リレーです。
こちらの方はいつのまにか本気になっていました。
赤組の走者がどこにいるかわかりますか? 

この間にも「尻尾とり」をしましたが,写真を撮り損ねてしまいました。
ごめんなさい。

勝っても負けても和気あいあい。
とても楽しいひと時を過ごしました。

※おまけ
今日,大月市の教育支援室から小泉先生が1年生の学習支援をするために来て下さいました。
授業はもちろん,シャトルランの計測,中休みの遊びまで,半日間パワフルに子どもたちと一緒に活動していました。


子どもたちに囲まれています。


追いかけているのではなく,追いかけられています。

小泉先生は,かつて鳥沢小学校にも勤務していたことがあります。
1年生のお父さんお母さんの中には,小泉先生に教わった人もいると思います。
自分の教え子が成人して家庭を持ち,やがて親になりその子どもを教える。
親子二代を教えることができるのは,教員をやっている醍醐味(だいごみ)の一つです。
機会があったら,またお願いしたいと思います。


この記事をはてなブックマークに追加

お楽しみ集会をしました。

2015年06月17日 | 学校生活

17日(水),「お楽しみ集会」をしました。
めあては次の2つでした。
◎1~6年生が全員が協力して,楽しく思い出になる会にする。
◎色・たてわり班の絆を深める。
お家の人には,これだけでは何をしたのかわかりませんね。
全児童が白・赤・黄の三色の縦割り班に分かれて,競争遊戯を楽しみました。
つまり,ちょっとした運動会です。
さわりだけ紹介します。


定番の綱引きです。
どのチームも\(^o^)/をしています。
よく見ると,飛び上がっている子もいます。
いったい,何色チームが優勝したのでしょう。
綱引き以外にも二つの種目をしました。
どんなことをしたのでしょう?
勝敗の行方はどうなったのでしょう?
ここではあえて教えません。
あんなこと,そんなこと,こんなこと。
お家の人にたくさん話してあげてください。
お家の人はいっぱいお子さんから聞いてください。
勝っても負けても,みんなが笑顔で終わることができました。
楽しい思い出がまたひとつできました。
そして,絆をまたひとつ深めることができました。

※おまけ
下級生のみなさんへ。
この「お楽しみ集会」は,児童総会での決議にもとづいて行われました。
自分たちが決めたことを自分たちで実行し,実現していく。
そのために,児童会の執行部を中心に,6年生のお兄さんお姉さんたちが,準備・運営・片付けを一生懸命してくれました。
自分たちが楽しむことができる,その陰には,たくさんの支えがあることに気づいて欲しいと思います。


この記事をはてなブックマークに追加