鳥沢小学校の日々

風がささやく
花が歌う
水がはねる
君が笑う

感動の卒業式

2014年03月21日 | 学校生活

 

3月20日。32名の卒業生が鳥沢小学校を巣立っていきました。

担任から一人ひとり名前を呼ばれ、「はい。」と力強く返事をして卒業証書を受ける姿からは

6年間の学校生活を終えた自信と充実感、そして新生活に向けての希望が感じられました。

参列した多くの来賓の方々からお祝いをいただいた後は、卒業生と在校生による心のこもった呼びかけと歌。

6年間の思い出と感謝に満ちた言葉の一つひとつが心に沁みました。

涙をこらえながらも、最後まで語り、歌う姿は立派でした。

4月からは中学生。新しい出会いと生活の中で、自分らしさを発揮してさらに成長していくことを願っています。

『 卒業おめでとうございます! 』

 


この記事をはてなブックマークに追加

校庭の雪山消滅? 春を感じていますか?

2014年03月09日 | 学校生活

3月9日 校庭を見て驚きました。4mもあった雪山が消滅していたのです。春なのか?

これは、卒業式や子ども達の学習に支障が出ないようにと国土交通省と教育委員会の方が心配してくださり、雪山を運び出してくださったのです。これで、心配されていた体育の授業も卒業式も問題ありません。本当にうれしい限りです。

さて、3月7日には6年生による「感謝の会」が行われました。手作りのクッキーやプレゼントで心温まる素敵な会に先生方を招待してくれました。卒業まであと9日、本当に寂しいと感じました。春なのか?

在校生も2週間続けた7校時までの特別授業が終わりました。これで、各学年のまとめもしっかり終えることができそうです。春なのか?

さあ、あなたは春をどこで感じていますか?


この記事をはてなブックマークに追加

子ども達の成長が楽しみ 6送会

2014年03月05日 | 学校生活

3月4日火曜日。

大雪で延期されていた「6年生を送る会」がようやく開催できました。

2時間の予定を1時間に短縮しての開催。

毎年、子ども達の1年間の成長を確かめられる

とても素晴らしい機会です。

6年生一人一人のあっと驚く登場シーンから

みんなで楽しむゲームまで、

どれも創意工夫に満ちていて飽きている暇がありません。

そして、6年生お礼のパフォーマンス。

今年も、例に違わず

子ども達一人一人の成長を見届けることができました。

この行事が終わると

一気に年度末のセレモニーへ。

うれしさと、ちょっぴりの寂しさが残ります。

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加