トリCのブログ

ジャンル問わず現場に近いスタンスで書いていきます

ガチな国対抗歌謡対戦があるとすれば

2016-11-25 17:36:55 | 社会

紅白のメンバーが決まったことで恒例の当落の話題が盛り上がっている。


紅白が始まった戦後直後の昭和には、それまでの反動も手伝って、やたらと男女の言い争いに持ち込む風潮があった。それを社会的に勝ち組の男性側が「おー、○○ちゃんは怖い怖い(笑)」などと言いながら、怒っている女性の尻をスリスリなどしていたのだから昭和はひどい時代だった。野球なら東京と大阪対決の巨人阪神、企業なら役員対組合、プロレス、ウルトラマン対怪獣、政治なら自民党対社会党という様に、海外相手に対立を作れなくなった戦後は何かと国内の対立をわざわざ生み出していた。


時代の風潮を利用して誕生した紅白歌合戦だ。選考基準は、つまり「戦力になる」歌い手だったはず。歌で(相手を)圧倒できるか、大ヒット曲で自軍のポイントを稼げるか、トークや応援で味方を盛り上げられるか。年末、家族がこたつでTVを見る事を大前提としているので、ちびまる子ちゃんの家族構成の様に、全員がそれぞれに見たい歌手も入れつつ、どちらが勝つのか、などとやっていたわけだ。


紅白の選考で演歌歌手が卒業・辞退したり、和田アキ子が落選したりして、ネットではむしろ今まで延々と選考してきた意味が分からない、という様に言われている。


紅白の元々の意義を考えれば、例えば男性演歌歌手に勝てるのは女性演歌歌手であり、ジャニーズに勝てるのは女性アイドルグループ、北島三郎の様な応援団長的存在に対抗出来るのは和田アキ子、という様に、勝負があるポイントで贔屓にならない様にしなくてはならなかった。


これらは全て「勝負」であって勝たなくてはいけない、という意味が元々あった。しかし時代は大きく変わり、そもそも紅白が男女の勝負、などと思っている視聴者は今やほとんどいないだろう。

 


-----------------------


しかし、ここからは時代に逆行する話になる。


対立がお金になる事は確かだ。巨大ビジネスになっているアメフトやサッカーから、真剣勝負の要素を除外したら、あれほどの興行収入、年棒、移籍金、スポンサーは絶対に発生しない。


意義が失われた紅白は、「Jリーグ東西対抗オールスター試合」の様なものだ。戦国時代の東西軍は負けられない戦いだから真剣になる。負けようが勝とうがその試合で何も残らなければ価値はない。そのオールスターと、かなりのメンバーが被るW杯の方が俄然面白い様に、だったら歌の対抗戦を国際大会にすれば、どうなるのだろうか。


世界中が同時刻に見る国際大会の祭典ともなると、各国ともアーチストの選定で、もめにもめるだろう。日本の芸能界はある意味では進んでいて、歌唱力やダンスなどは、すでにおまけになっている。一人でも番組やイベントを滞りなく進められる、プロデューサー的な能力が、芸能人には求められ、キャラが立っていてトークが面白くなければ、人気を維持するのは不可能だ。所属事務所の力関係は政治の世界と同様に絶大になっている。


こういった国内力学で、世界大会には全く不向きな芸能人が、五輪デザイン選考の様な業界の価値基準で選定され出場する。世界大会では本大会どころかアジア予選で惨敗し、代表メンバーと所属事務所が猛批判にさらされる。ついでに言えば韓国は(不正も含めて)世界大会決勝トーナメントまで進出したため、芸能4大大国のわが国で、などと毎度毎度(略)


代表=タレントの即死、と尻込みした大手事務所は所属タレントの価値が下がる事を危惧して世界大会への選出を辞退し、ネットでは「そもそもこの事務所のタレントに世界で戦える奴は一人もいないのに何様?」などと叩かれる。まず間違いなく選定されそうもない芸能人ですら「私は世界大会には参加する意思はありませんが、選ばれた人を全力で応援させてください!がんばれ日本!」などとマスコミにFAXし逃げを打つ。


アジア予選を通じて他の国家の芸能人も知名度が大幅に向上。市場の大きさから日本に大量流入。海外芸能事務所が日本の老舗を傾かせ、国内の若手芸能人育成(保護)の為に、芸能事務所は最低30%の日本人芸能人を確保しなければ、違法などとなり、微妙な立場のハーフタレントが裁判を起こす。


一方でこれではいつまでも世界と戦えない、と感じた若手は続々と海外に進出し、次代の代表の座を狙うも、それを阻止するべく国内の芸能事務所が選考委員会にワイロを送っていた事が文春によって暴露され、窮地に追い込まれる等々…。


もし、芸能界W杯なるものが開催されれば、芸能界の淘汰は和田アキ子の落選どころではないスピードで更新される。YouTubeが出てきてボーダーライン化が激しいが、もう世界的な芸能人=アメリカという時代ではなくなっていくのではないだろうか。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヌーハラ論争

2016-11-23 10:56:43 | グルメ

ヌーハラなる言葉が作られた。最近は、ブームになりそうなものは、先々を考えて長い言葉を略してから話題に入ることが多い。略語の意味が分からなければ、人はその意味を調べて話題に参入し、意図せずとも拡散してしまう。話題にしたければ先に略すわけだ。糖質0%ばかり買う中年だったら糖ゼロ中でいいだろう。俺か。


ヌーハラは、日本人が麺をすする音に対して、外国人が「これはハラスメントだ」と拒絶反応を示す事に由来する。


日本人なら即座に否定的な意見が出るとは思うが、この言葉を流行らせたい類の人もまた、いるわけだ。


1.日本人は外国人を嫌っている差別主義者である
2.世界の常識では考えられないモラル欠如の人種、それが日本人


日本人の部分をトランプ氏に置き換えればどうだろう。大統領選で勝つ直前まで日本人の大半は、トランプは絶対大統領にしてはいけない人間、なぜなら1,2にぴったり当てはまるとんでも白人だから、などと思っていなかっただろうか。前々回に書いた様に、これらのイメージを広げたい勢力は確かにいるのだ。


反トランプの人々と同じように日本に対してもこの様なイメージを広げたい人々は、同じ手法を使う。


世界的に日本人の主張を封じ込めることで利益につながる事は多い。将来的に、例えば500年後になっても上の1と2の常識が生き残っていたら日本人に分類される人々は各国で差別の対象となる。ほぼ互角となった場合の言い合いは人種のイメージで決まる。


中国人は外国のホテルで評判が悪い。育ちと環境に起因しているので、そうそう治せるものではない。対照的に日本は評判がいい。国の評判がこういった草の根の部分で決定づけられ、領海問題などの一見、五分五分に持ち込める案件(両者が激しく言い合う=五分五分の意味)で、誰も中国の言い分を信じようとしない。慰安婦だ、南京大虐殺だ、と世界中に響き渡る大声で日本下げをしたにも関わらずだ。


イルカ、クジラ、ヌーハラ、慰安婦、南京に共通するのは、日本人からしてみれば海外の主張が表層のみで批判が浅いと思えるところだ。反論すると、待ってましたとばかりに1,2の要件を使われるわけである。

 

ただし、悪いことばかりではない。こういった悪意ある方法を使用する国、日本国内の反日団体、追従する政治家やマスコミなどは、今後民意が彼らの方向に向かうことはまずない、と見ていい。数十年前の日本に今の若い世代がタイムスリップしたら、本気で気が狂いそうなレベルに、ほぼ全員が洗脳状態だった時代もあったのだ。それに比べたら日本人も騙されなくなったなぁ、と思えるのだ。


ヌーハラはソースが反日の人物が「これだけ嫌われている日本人」という主張のために自分のイメージで創作したものらしい。それを大々的にマスコミが広めた。一応立場上は「こんなん言われてますがトホホ」という演出だ。拡散を工作した人物がどういった意図で流行らせようとしたか、その真意よりも、とにかく話題になる、という方を優先する業界体質。幼稚園落ちた日本死ね、と同じ方法だが煽れば煽るほど、一発屋のお笑いの様に身を削っている事に気が付かない。

 

----------------
これ以降は食に関心のある方向け


ラーメンや蕎麦は熱い方がいい。
麺はすぐに延びるので早く食べる必要がある。
麺の表層にスープがバランスよく絡む必要がある。


俗にスープの持ち上げが良い悪い、などと言われる。細い麺を使えばスープの持ち上げ比率は、高くなるが延びるのがダントツで早くなる。よって北九州のラーメンの様に麺を少なくして替え玉を頼むのがデフォとなる。


一方で太麺を使うと伸びにくくなるが、スープの持ち上げ比率は悪くなる。太麺ベースのスープが濃いめだったり、粘度が高くなるのはこういう理由だ。最近はこれを逆利用して油そばなどが流行っている。太麺は営業的にはゆでる時間が長くなり待ち時間がかかる。2時間待ちなどの店はうまいというだけではなく、回転が悪いという意味でもある。


スープの持ち上げが悪い場合は「自分でやる」しかない。勢いよく麺をすするのは、麺からどんどん落ちていくスープの持ち上げ比率を上げるためだ。これはそばが由来だと思うが、通の麺を食べる(すする)速度は尋常ではない。つまりそれが一番美味しいのだ。これはラーメンに関しても同じだ。


同じラーメンを食っていても、すする速度で感想は、こうして変わってくる。寒い地方のラーメンは、表層を油で蓋をして醒めないように工夫しているが、熱いのでフーフー吹いてから食べる。札幌ラーメンにみられるちじれ麺などは、麺をしばらく箸の上で時間をかけても、スープの持ち上げが落ちないようになっている。


ラーメンは表層に油が浮いているものが多い。最初のひとすすりが一番おいしいのは、腹が減っているというものあるが、麺に油が付着して麺と油とスープのバランスが、ベストな場合が多々あるからだ。鶏ガラだしと鶏油(チーユ)をふんだんに使ったラーメンなどは最初のひと口目と、もう油が残っていない最後のひと口では雲泥の差がある。


同じ様なものに、てんぷらがある。てんぷら専門店に一人で行って、カウンターに座って、職人が一品一品揚げたそばから食べるのは、一度覚えればやめられない。コロッケ、鶏の唐揚げなども同じだが、こういった「揚げた直後がダントツで美味しい料理」は、店頭販売が多く、家に帰ってさあ食べるぞ、といった時点では美味しさは半減以下だ。そばやラーメンに例えれば作ってから30分待って食うようなものか。


この様に日本の料理には、寿司や刺身もそうだが、時間との勝負のものが多い。そこには職人だけではなく、食べる側の工夫も含まれる。


話がだいぶそれてしまったが、麺をすするのはソバやラーメンでは「旨く食べたいのであれば」当然の行為であるのだ。特にスープの持ち上げが非常に悪そうなストレート麺、太い麺、サラサラのスープであればそれは尚更だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サウジ戦での世代交代

2016-11-16 13:25:36 | サッカー

チームの危機的状況を救ったのは、原口と大迫の必死さだった。


本田や香川が不調により外れた事で、チーム全体が二人の低迷に引きずられなくなった事は大きい。


五輪でオーバーエイジを加えると、急にチーム全体から勢いと必死さが消えるのは、新たに加わった先輩を持ち上げようとするばかりに、大半の選手から自主性が消えるからではないのか。同じく代表で、新規加入選手が借りてきた猫状態になるのは、周囲がほぼ全員オーバーエイジだからであり、結局のところ精神的な部分が大きいと思うのだ。


日本では先輩=使う側、後輩=使われる側、というあまり良くない常識がある。これがサッカースタイルにも何気に影響が出ていて、昔、中田英がベテラン選手に鋭いパスを出して「使われる立場」になった選手から不満が出ていたりした。今なら、原口がスペースに本田を走らせるようなものだろうか。


少し悪意ある書き方をしてしまったが、現実には選手たちは「ピッチに立てばそんな事は関係ない」と言うだろう。その建前は別にしてやはり日本にはそういう送り手と受け手の分別が何気にあると感じる。それが悪いサイクルに入り始めると…。


ところが今回、原口に加えて大迫が「使い・使われ」役を買って出てくれたおかげで、前線のボール回しが劇的に"読めなくなった"。清武も加えて彼らがビッグ3でもリトル3でもないプレーをしたせいだった。本田の不調は使われる側の立場を次第に怠った影響、また香川は本来、使い使われる選手だったはずが、代表では使われなく(にくく)なってきている。単純に大物選手になりすぎたせいで、「先輩よろしくお願いします」的なボールのもらい方が多くなってしまったせいではないだろうか。


試合は、最初から日本の前線が、サウジの選手を自由にさせなかったお蔭で、ピンチらしいピンチはほとんどなく、この内容で0-0はまずいな、と思った矢先に、誤審のお蔭でPKを貰い運よく先制出来た。後半に猛攻を浴びるかと思ったが、サウジがカウンターを警戒してか疲れから分からないが、あまり前がかりにはならなかった。ここでも単純に原口と大迫の前半があったから、彼らを放置して攻めにくかったというのは、あるだろう。


最近の代表では見られていなかった「前線の脅威」が復活し、まずは一安心といったところだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

楽しみなトランプと安倍の政治

2016-11-14 14:12:31 | 政治

トランプ氏、あの猛烈なマスコミバッシングの中、見事に勝利を勝ち取った。この流れはイギリスの脱退騒動と同じく「私こそが真のグローバリズムで常識派」が大声で騒ぎすぎ、それゆえに反発を生んでしまったと言える。

--------------------------

その主犯であるアメリカのマスコミは、普段政治と経済の正確な情報を欲する読者相手の商売をしている。日本で言えば日経の経済面や読売の政治面を読む人たち。朝日新聞の様な一方向の政治思想を蔓延させようという情報は必要なく、純粋な情報でなければ商売に影響が出る人達だ。


こういった人たちは欧州関連なら東海岸、アジア関連なら西海岸に集中している。企業人だからアメリカそのものよりも経済が大事であり、その為の政治と思っている。

 

アメリカというと世界中に軍隊を配置し経済勢力圏を死守しているイメージが一般にはある。このタカ派的な政治は共和党の大統領(ブッシュ親子、レーガン)が作った、と思っている人が多いと思うが、実際は逆だ。アメリカ両海岸の経済優先派は世界に幅広く事業が展開する事を望み、それに呼応する政治は民主党が行う。


アメリカのマスコミは、自国の経済自由圏(将来も含む)を脅かす国には、とにかく否定的だ。中国で大きな商売が出来ると踏んでいたので、当初は親中だったが東アジア経済圏を中国が総取りしようという野望を見せると、一気に反中になるのは、こんなシンプルな理由だ。


日本のアメリカ情報はほぼ、これらのカテゴリーの人々が情報源になっている、と考えると日本人が言う「アメリカはどうのこうの」はかなりフィルター含みで偏った考え方だと言える。

 


一方で共和党の場合は、どこまでも内需だ。民主党の様に、多少アメリカが損をしても経済圏が広がり大きくなれば海外進出している企業にとってはいいじゃない、という考えは希薄だ。海外派兵は(アメリカ単体の損得で考えれば)赤字なのだから、問題がある地域からは「けりをつけて」アメリカ支店を畳むべき、と考える。民主党大統領にとっての中東問題は「そのうち平和になれば莫大なビジネスチャンスになる」が為の赤字覚悟の海外工作であり、一方で共和党大統領にとっての中東は「任期中に赤字をなくする=武力で平定」方針になる。

 

こういった両党のせめぎあいが混在され、ひとつのアメリカとして見てしまうと「どこにでも権益を求めて泥沼にはまり、結局武力に頼る」というアメリカのダーティーなイメージとなる。トランプが「強いアメリカ」を目指す、と言う場合は、ホテルの再建と同じで利益の出る店だけの統廃合を繰り返すのだろう。


アメリカのマスコミにとって、トランプは東西海岸の大の顧客の利益を縮小する悪魔と言っていい。トランプを支持するのは政治にも経済にも無知で、人種的偏見に満ちたバカな下層階級の白人、などと言ってはばからない。これは単にトランプ支持者は客ではないし、今後もずっと客にはなり得ないから言える事だ。日本で言えばマスコミとネトウヨの関係だろうか。


韓国や中国は日米両国から、いかにして技術と富を盗むかを国策にしているが、日本は80年代の日米貿易戦争から、次第に意識が変わってきた。無節操に貿易拡充をする経団連に、政治が引きずられる傾向から、政府主導で今後同盟関係になり得る相手のみに「お互いがプラスになるよう」経済をコントロールする方向に変わってきている。


その意味で日本側からは、明確にお互いが利益になる様な、政治主導の経済的、軍事的な協力と約束が必要だし、安倍首相はこれを約束手形として、日本の議会を動かす可能性が高い。今後しばらく、日本の政治は「戦後からの脱皮」をアメリカを味方につけて「そうはさせない。日本の戦後はまだまだ続く」という国内外の反対勢力との抗争になるのだろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加