トリCのブログ

ジャンル問わず現場に近いスタンスで書いていきます

何故こういう事に…裁判の構図

2016-10-28 09:10:29 | 社会

行政を訴える裁判はよくある。今日はそこを考えてみたい。


裁判は過去の似た判決結果から外れるのは非常に難しい。外した場合、そう判断した裁判官は法曹界の同業者(専門家)に対して、説得力のある考察を資料として残さなくてはならず、それはイコール自分自身の評価に直結する。芸能人の様に、でたらめこいて逃げ切って風化するのを待つ、というやり方が出来ないだけにこれはかなり難易度が高い。


テレビドラマなどでは、天才で孤高な主人公がバッサバッサと出世競争に四苦八苦する小並な同業者を打ち倒すものが多い。しかし各々、自分の業界で同じことを考えてみれば、プロ中のプロの先駆者たちが真剣に作り上げた事例を覆して、専門家を納得させるのは難しいものだ。


こうして苦心して出した裁判結果は、後の事例に再び利用される。例えばある被害者が国に100万円の損害賠償を求めて、それが通ったとしよう。ところがその10年後に同様の事件が大規模に起こり、1000万人が国を訴えたら10兆円を払う判決をしなくてはいけなくなる。当然払えるわけがないから前任者の判断を覆す理論を当事者がでっち上げなくてはならず、迷惑この上ない。


-------------------------


新聞などに載る「国が判定を不服として~」がある。国というと国家権力であり金も当然ながら沢山持っている上から目線の官僚機構の親玉の様なイメージがある。だから国を訴えてお金を巻き上げるのは後ろめたい行為ではなく、むしろ巨悪組織に立ち向かうヒーロー的な要素がある。


ところが国の正体は、「日本に住む人たち」だ。みんなが公営の事業の為に働けるわけではないので代わりに組織で働いてもらう人(公務員)を税金で雇っている、いわゆる個々人がオーナーで公務員はその従業員。


裁判で「国を訴えて何々」というのはこの場合、公務員ではなく、金を握るオーナーが相手だということだ。国が敗訴してお金を払う場合、政治家や公務員の給料が減るわけではなく全員のお金(税金)から捻出される点から分かるのではないだろうか。学校の先生が国を訴えて、などは従業員がオーナーを訴えて慰謝料を請求する図である。

 

例えをローカル視点で言ってみよう。------ある村で川の対岸に行きたいので皆でお金を出し合って橋を作った。台風の時に対岸の田んぼが心配になって出かけたじいさんが突風で橋から落ちて死んだ、その家族は橋の構造的な欠陥に原因がある、と主張して住民1000人に対して一人3万円、4人家族なら12万円の慰謝料を請求した------とするなら住民の大半は猛反発するだろう。


しかし行政相手の裁判は、小さくまとめれば結局はこういう図式だ。訴えた側からしてみれば、こっちは弱者で行政は強者なのだから正義は我にある、と思ってそれを期待して裁判長に訴えている空気が多分にある。マスコミも、無関係な人も同じ様に見る。しかし裁判は「こっちが弱い側でこっちが強い側だから手心を加えよう」という人情は文面として残せない。しかも強い側と思っている行政は結局個人の集合体であるわけで強者でもなんでもない。従業員(行政)としても当然、オーナーのお金をそんなにホイホイとばら撒けない、という事になる。


-------------------------

昨日は大川小で津波に流された児童23人の遺族へ14億円の賠償を県と市が払う事を命じられた(亡くなった児童は74人)。市と学校側の津波に対する対策が甘かった、と認定されたわけだ。


ただ正直言えば今回の場合、学校は崩落の危険、山はがけ崩れの危険が大きく、津波で死者が大量に出る、という想定は確率で言えば低いと思っていたはずだ。先生たちの頭をよぎったのは津波が来るかも、という選択肢の為に無理に山を生徒に登らせてもし大けが、あるいは死亡事故に繋がったら「親に訴えられる」があったはずだ。裁判官に「4㎞も海から離れた学校の校庭という指定非難場所にいながら、津波が来るかもしれない、という不確かな情報に惑わされて崩落の危険がずっと高い山に児童を無理やり登らせ児童一人の死亡事故につながった教員の危機意識の選択には大きな問題があった」と言われる可能性は当然考えたはずだ。亡くなった先生たちは一人なら多少の危険を承知で学校の屋上や山に登った人も当然多かったはずである。


ネットでは俺ならこういう選択はしない、と書いている人も多い。しかし震災時、原発のメルトダウンの可能性があったとしても、大半の人は自主的に会社に出勤していた。若干の危険の為に年度末の迫る納期は絶対遅らせられない、という選択肢ではなかったか。とっとと逃げたのは外国人やそういう社会的縛りのない人々だった。


-------------------------


先に書いた様にこういった判決理由は後の裁判に利用される。少なくとも海から4㎞離れた川沿いの学校であれば津波対策は、考えなくてはならない、という事だ。「まさか、うちの学校が」と思っている所は非常に多いはずだ。ちなみに俺の卒業した小学校は市街地の真っただ中で海から3㎞で川沿いにあるが、場所を知っているだけにやはり津波で死人が出るとは100%想像できない。うちの母校も渋々ハザードマップに着手するだろう。


訴えられたら確実に負ける、と分かれば責任者は真剣に考える。責任者の金ではなく、結局は住民全員の金が持って行かれると分かれば市民も追及が厳しくなる。自分が最も言いたいのはこれで、行政への裁判はイコール自分の金がかかっている、という認識があってほしいという事だ。今の左翼市民団体やマスコミの様に行政を対立構造の反対側、というスタンスの批難ではなく、行政そのものへの参加意識だ。要はオーナーはもっと店に出て現状を把握せよ、という事だ。


こういった観点で言えば裁判で示された市や学校側の予測認識の不足は、被害者遺族を含めた市民の行政へのお任せ体質の甘さがそのまま行政の甘さに繋がっている、とも言えるのだ。「行政が怠慢だった、賠償金を払え、まだまだ解明されていない」では本当のゴールは見えない。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アジア最終予選OZ戦

2016-10-12 16:37:37 | サッカー

OZでのアウエー戦は当初危惧されていた展開とはならず、日本らしくはない、かなりしっかりしたサッカーをやってドローとなった。


前半、OZ側が何も出来なかったのは、あちらにとってかなり落胆の大きい内容だった。この延長でW杯本戦に出場した場合、日本よりも守備レベルが上がる相手ばかりで、これ以上の内容を期待するのは無理だからだ。


しかし、その危惧は半分は当たってはいない。日本のこの前半の守備(の出来)は南ア以来久しぶりに出来たもので、今後も持続出来るとは思えないものだったからだ。たまたま、相手が現状の自分たちよりも格上という事でチームがどうすればドロー以上に持ち込めるか、と考えた末、全員が一致して事に当たったから出来た、と言っていい。強い相手は、自チームに現実を叩きつけ大人にしてくれる、という好例ではないだろうか。


常々思っている事だが日本は、強化が可能な場所に存在していない。


戦争が好例だが、兵器は常に進歩していく。その対抗策として相手より上回った兵器を作れば良いのだから、設計目標は単純明快だ。兵器を急速に進歩させる要は、対戦相手の兵器の質なわけで、近隣諸国同士で競い合う土壌が必要となる。


日本の場合、黒船で衝撃を受けて以来、船と大砲の大きさが強国の証、と時代が変わってもそれにこだわり崩壊した。サッカーではブラジルのパスワークに衝撃を受け、欧州の戦術にあこがれを持った。兵器と戦術は相互に影響しあい、常に変化していくが、サッカーのその流れに乗るには日本は遠すぎるし、今後もこれは続く。


嘆いても仕方がない、とサッカー協会は、日本の周辺国のレベルを上げる事でこれに対抗しようとしている。ある意味、大東亜サッカー共栄圏構想とも言えなくはない。これまで繰り返されてきた歴史をみると、あまり良い考えとは思えないが…。


原口のPKの件はそもそもマーク相手でもない原口が気が付いて猛然とダッシュして戻ってきた結果なので何とも。守備専の選手ならPKを貰った選手の利き足まで考えてシュートコースを防いだだろうがそこまでは無理だろう。にしても、原口劇場だったこの試合は、中村俊輔から本田にエースが移行した南アの頃を思い出させる事になりそうだ。

この試合での香川は中央からのパスの出し手をことごとく防いだ守備のキーマンだった。OZ視点で言えば香川へのミスパスはカウンターの起点となり致命傷となる。序盤に原口の脅しが効いたせいでOZミスパス→香川→原口のイメージはむしろ相手チームにあった。結果、OZ曰く最低最悪の前半、となるわけで攻撃に全く絡まなかった香川は交代せよ、という意見は分からなくはないが「存在するだけで怖い」と思わせた日本側の作戦勝ちだった。


残り時間に浅野が入り、カウンターの脅威が増すとOZの意識は一気に引き分けモードに。結果論だが相手がパワープレイに移行しようという進撃ラッパを瞬時に打ち消したあの交代は、守備的選手を何人も投入するよりもずっと効果があった。試合展開によっては、もう少し早い時間の投入にしてもいいだろう。


今後の課題だが、今回の方法は相手の出方次第では非常に効く武器として使える。本田の位置には現状で言えば大迫が適任だろう。大迫は使い方で全く価値が変わってしまう選手なので、ドイツのクラブチームの様に試行錯誤に時間をかけるべきではない。そこは鹿島のスタッフがよく知っているはずなので利用するべきだろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

W杯、48枠はありだ。

2016-10-04 18:11:56 | サッカー

FIFA会長が現行のW杯本戦を変えたいようだ。開催国に48カ国集めて、シードチーム16を除いた32チームでグループリーグに進めるプレーオフ(会場は本戦会場)を行うというもの。


シード16の振り分けだが、欧州7、南米+オセアニア3、北中米2、アフリカ2、アジア2前後となるだろう。FIFAランキングで選定する可能性もあるが、強豪国が近隣にある欧州や南米が有利。算定方法を変えない限りシード16にこれはないと個人的には思う。


日本視点で考えるとアジア最終予選で韓国、オーストラリア、日本、中東の絶好調チームがプレーオフ免除の2チームを争う。もしシード16枠がアジア1個なら決勝までスリリングな戦いになる。アジアベスト8~決勝前で敗退となれば32プレーオフを本戦会場で行うグループに入れる。同地域が当たらない対戦相手にとなると高確率で欧州か南米のチームと当たる。ウクライナやポーランド、ウルグアイといったこれまで世界大会でまず対戦したことがない相手と一発勝負となる。アジアにとってはこれは相当ハードルが高い。


これまで日本は、半自動でアジア最終予選を勝ち抜けた。いくら厳しいと言っても欧州辺りから見ればよだれが出るくらいにおいしい予選だ。ところが本戦になると今度はグループリーグ突破がいきなり難しい。過去のドイツ大会、前回のブラジル大会の様にアジア予選(楽勝)も本戦(大敗)と、何も盛り上がらないうちに終了となってしまう。新しい案が採用されれば少なくとも日本にとっては本戦ベスト32までは本気で熱狂する試合が予選含めて3,4試合出来る。


FIFA的には中国と中東リッチ国を本戦出場させたい、という意図がありありだろうが(過去にはこの位置はアメリカと日本だった)その為にはプレーオフに出場する32チーム枠がどの地域に分配されるかも重要だ。南米と欧州には国の数が限られるからそれほど分配はされない。恐らく欧州11、南米4、北中米5、アフリカ5、アジア7くらいがプレーオフに回る。
日本、韓国、オーストラリアがシード含めて3つ取れば残りは6。イラン、UAE、サウジ、中国、カタール、ウズベク辺りだろうから金持ち国家が4つも本戦に出場できる。

 

枠を増やして最もうま味のあるのはアジアだとしても大会の総収入はへたをすると倍になる。W杯を世界的規模の大会として楽しんでいるのは欧州、南米の一部だが世界の人口からすれば15%を切る程度だ。FIFAの動向を見ていると本戦を50%の人々を参加させたい、と思っているのではないか。


この結果、ベスト32(実質ここからがW杯本戦だとしても)は現行よりも質が上がる。ベスト48では質がダダ下がりだが32までいくとアジア、中東、アフリカ、中米がほぼ淘汰され下手をするとシードを除き全チームが欧州と南米という可能性がある。


現状のW杯はベスト8からが本番という空気がある。それまでは余計な客が混じっている、という意味だ。恐らく新ルールとなればこれがベスト16、あるいはベスト32からが本番、というリストになるはずだ。サッカーファンで新案に賛同する人はかなり少ないとは思うが、俺が現行よりも優れている、と思える点を書いてみた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加