トリCのブログ

ジャンル問わず現場に近いスタンスで書いていきます

アフガニスタン戦

2016-03-25 12:57:47 | サッカー

金崎に関しては去年の鹿島の序盤では正直、浮いていた。鹿島全体がベテラン主導のノロいペースで遅効に慣れ切っていたばかりに、前線でU17ばりに走り回る金崎を見ると結果としてだが「無駄な仕事」が多くなり、通常の選手のメンタルであれば心が折れ、周囲に合わせるところだった。


ところがシーズン途中から石井監督になったとたんに周囲が金崎の動きに連動し始め、前線が躍動し、みるみるチームが若返った。変な話だがチームが若返ると若手が若手らしいプレーをし始める。


これは俗に「若手を入れればチームは若返る」と認識されているがそうではない。ベテラン主導のチームでの若手は周囲に合わせ急速にダメなベテラン(速度が遅く判断が不正確)になる。濁った水の中に透明な水を入れたところで大して影響がないのと同じだ。


金崎の自身のスタイルを代えないメンタルと濁った水をどうやって洗浄するかを考えていた石井監督の考えが一日で鹿島を変えた。あれは劇的だった、と今でも思う。

 

ハリル監督は去年序盤の鹿島と同じ悩みを抱えている。大抵の代表監督がやる様に水を浄化するには透明な水だけを集めればいい。これで大抵のチームは「躍動感だけ」は向上する。スピードもプレスも良くなった。しかし経験不足が露呈して相手を分析して対応してくる経験豊富な頭脳型チームにはボールを持たされていいように弄ばれることになる。


結局は欧州組に頼るしかないのだが、案の定、またまた若手が急速に老人化し…、というパターンに。


こういう理由で金崎は呼ばれ、使われている。


BSで試合を見ていたのだが解説の山本さんがハーフナーの武器に対して「高さに不調はないんです」という事を言っていたがほんとにそう。しかも敵にも味方にも非常に目につきやすい、という利点もある。


DFの立場になればハーフナーはただでさえ高さがあるので放置出来ない。とすると、ハーフナーとDF1人、あるいは2人の合計3人ほどがハーフナーのいる場所に流れていくとして、という計算がリアルタイムの現場で認識できる。我々視聴者は高い位置から眺められるからどこにスペースがあって、と即座に分かるが選手はそうではない。彼の出来如何に関わらず日本の攻撃には高さが足りない。相手からしたらやはりこういう選手は怖いのだ。

 

相手のレベルが低いから評価のしようがない、は観客ならまだしも現場では通用しない。代表選では圧倒的に格上と戦う機会は少ない。相手云々関係なく自チームの状態を認識する、改善していく能力が必要だ。


日本代表は格下の時に流しつつきれいに崩して得点しようという空気が強くなるので今回の様にアフガニスタン相手に「奮闘した」試合は素直に評価したい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歴史のねつ造には価値がある

2016-03-20 17:39:56 | 政治

歴史のねつ造には価値がある。その大半は権力者の正当性を強調することになる。つまり不正をして権力を掌握したのでねつ造して自分を良い人に書き換えるわけだ。子孫の為でもあるし政敵を永遠に世論の敵にしておく意味もある。

 

それは一過性の話で今の自分達には関係ないから正直どうでもよくね?という考えもある。しかし今、日本人の身近に起こっている韓国の歴史クレームはまさにこの「どうでもよくね?」を逆利用されてきた結果だ。日本人が歴史と政治に興味がないという点を狙ってきたと言っていいだろう。

 

韓国側の翻訳掲示板などを読むと分かるが彼らは自分達の歴史が都合よくねつ造されている事に大統領までも含めてまるで気が付いていない(中国の様に気が付いていないふり、ではない)。一昔前の日本人が世界大戦で日本は悪い事をしたから正義の味方であるアメリカに裁かれた、と判で押したように答えたのに似ている(今でも結構いるのでは?)。

 

国体という言葉がある。日本が日本であるのは天皇という存在が欠かせない。これが国体だ。もし天皇制がなくなれば日本ではなくなり九条人民共和国とか琉球大和蝦夷合衆国などという事になってしまう。そもそも一人の天皇を頂点としていた国体がなくなれば頂点は2つでも3つでも良い事になり国は東西、あるいは南北に分裂する。


今の中国の国体は共産党が政権から落ちれば中国ではなくなる。明とか唐とか元がそれで頂点に君臨する集団(民族)が変われば名前は変わり国家は消滅する。住んでいる人が一緒でも国家はあっさりと姿を変えるものなのだ。


そうなるとその新国家で権力を握った人々が作る「正しい歴史」がどうなるかは想像つくだろう。新国家樹立までの長く厳しい日々の連続、という歴史になる。新国家は旧国家を軽く凌駕するくらい素晴らしい実績を残す為には「昔はとにかくひどかった」とやるのがいい。

 

日本の場合、天皇がずっと君臨している(事になっている)ので幕府が変わったりしても国体は変更しなかった。しかし実際政権が変われば似たような歴史の書き換えは行われてきている。明治政府は徳川幕府の治世を完全否定したが為に江戸時代の利点であった

・軍事力の無力化
・経済成長がない上に完全自給自足型国家
・無競争社会
・隣国、諸外国に全く興味なし

をダメな政治(歴史)として教育した。そういう風に洗脳された国民がどういう政治や経済や軍事を求めたか。結果昭和の敗戦まで日本は延々と

・列強に並ぶ為の軍拡一辺倒、その為の競争社会
・急激な経済成長→資源不足により自給自足は不可能
・資源欲しさに海外の植民地化推進

を続けた。この流れで敗戦した日本の次なる政府(従来の反対勢力)はどういう歴史教育になるか。

・完全非軍事化
・完全自給自足国家
・非競争社会
・国外干渉なし


本来は上記の様に江戸時代に逆戻りになるのだ。ところがそうはならなかった。ソ連の脅威に加え負けたのは経済力がないのに無理して軍拡したからだ、となった。アメリカの手厚い保護とアジアから完全に孤立した結果


・ほどほどの非軍事化
・人口増大により自給が不可能→貿易立国しか道はない
・対外貿易の為の学歴競争社会
・対アメリカのみの外交


こうなった。本来なら江戸時代に逆戻りの政策を推進する政治集団、それは恐らく社会党・共産党だったはずがアメリカの工作で対中ロ防壁の政治集団が実権を握った結果、何が何でも前の政権を否定する政府にはならなかった。偶然に近いが日本は運よく歴史捏造の災厄から「ほどほどに」逃げ切れた。

当初の背後にはアメリカがいたわけだから第二次大戦はもの凄くアメリカに都合のいい歴史認識にさせられているが、社会党シンパの教育界は社会党が政権を取れないので捏造することも許されず、かといってアメリカを褒め称える歴史を教える気はゼロなわけで結果「教える必要がない」という指針になった。結果、ここ100年程度で日本周囲で何が実際あったのかを戦争体験世代も含めてあり得ないレベルで無知化が進む。今現在この悪影響を回避出来た若い世代と内情を知る政府と全否定世代とで軋轢が生じているのは集団的自衛権問題でも分かるところだ。


韓国はこの点で言えば「許しがたい極悪無能政権」は大日本帝国であり日本が韓国に全く干渉してこない点を利用しまさに好き放題の歴史を作った。今の日韓の軋轢の主因は単純に日本側の無知と韓国側の歴史ねつ造の2点セットなわけで韓国が見当はずれな謝罪を求め日本の議員が反論なしでホイホイと謝罪する事で成り立ってきたわけだ。


冒頭に書いた様に歴史のねつ造には価値がある。しかしそれは前政権の権力者一族を完全消滅させる事が出来た旧時代の価値であり、中国にしても韓国にしてもその点が分かっていない。極悪非道だった日本はまだ全然ピンピンしているし中韓が言う歴史を認めない日本人は海外ではむしろ指折りで評判がいい。その結果海外の世論では「いつまで昔の事で騒いでいるんだ、いい加減にしろ」と中韓が疎ましがられる存在になっている。


日本に謝罪させる事で東アジアの各国の政権は、国民の支持と経済的利益を得てきた。ご都合主義の歴史ねつ造とそれにお墨付きを与えた歴史学者はかの国ではその為だけに価値がある。都合のいい歴史に証明書を与えるのが本業であり正しい歴史を究明するのが彼らの仕事ではないのだ。

 

先に日本の国体は天皇にある、と書いたが半島にしろ中国にしろ彼らの国体は日本に対抗し輝かしく勝利した、が一部となっている。日本の存在を認め、自国の歴史ねつ造を認めるなど


明治政府が   江戸時代も悪くはなかった


と発言するようなもので、あり得ない話なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

なでしこ、若返りへの期待

2016-03-11 17:32:13 | サッカー

なでしこに関する自称サッカー裏事情通の新聞記者達の記事が色々と鬱陶しい。


五輪アジア予選で敗退した原因を人間関係に絡めた記事だ。ざっとまとめれば
・ベテランが若手をいびって萎縮させ活躍を封じた
・若手がちやほやされて天狗になっていた
・監督がチーム内でバカにされていて言う事を聞かなかった
・チームの中心選手が周囲から浮いていた


男子サッカーであれば思いの強い人間ほど理想とするクラブや国、戦術嗜好がある。その意に反する監督や、理想にはむしろ邪魔な選手にはつらく当たる記事は理解できる。自民党や安倍首相がもう何をやろうが気に入らない人の記事は即座に分かるアレと同じだ。


しかし、女子サッカーにそういう思いを投影している記者はまず存在しないのではないか。アメリカ女子サッカーやドイツ女子サッカーに心酔していて、なでしこのナイーブでのっそりしているパスサッカーがどうしてもダメ、などという記者の存在…まあ、いないだろう。


思いが大してなく、知識もなく、面識もない。それでいて記事の注目を浴びるには、と考えた末が自分のイメージするなでしこの醜悪な話、ということになる。


自分の想像で書いたら叩かれそうだから「サッカー関係者の話によると」なんてセリフがやたらと出てくるがその関係者が誰なのか、発言した選手は誰なのかは想像上の人物同士の掛け合わせなのだから当然出てこない。


そもそも胡散臭い記者や関係者に対して身内への不満を述べるなど、それは強力なサポーター世論とビッグビジネスの絡む欧州のトップチームでの話だ。あの世界はマスコミを利用して世論を味方につけたいからあえてリークするわけで、なでしこやJリーグレベルなら選手にしても監督にしてもマスコミに語る必然性がゼロに近い環境だ。まさに直接言えばいいじゃん、という事になる。


たぶんそうだ、きっとあいつらはこうなんだろう、絶対いい気になっていたに違いない、これは連中をへこますしかない、俺が書かねば、という使命感満載の記事の気色悪いこと。


あちら系新聞の日本叩きと同じ思考回路の記者にはうんざりする。


------------------------------

4年前の同じアジア予選でも同じ様に苦労した。4年前も軽くいなした、というレベルではなく、何とかしのいでしのいで、やっと勝った試合が多かった。チーム内の不協和音うんぬん、ではなくなでしこは4年前とさして変わらず、むしろ加齢が単純に重なり他のチームが若いままで力負けした感がある。


監督もチームをバージョンアップさせるべく手は尽くしたのは分かるが、澤のいない同じシステムで再構築すればベスト8止まりのバージョンダウン、若手に一気に切り替えればベテランどころか中堅選手も不要となり長年築いてきた選手から選手への情報は分断され「らしさ」は完全に失われる。


佐々木監督のなでしこはクラブチームの様な連携を大事にしてきた。クラブチームの中でも成功するチームは「らしさ」が息づいている。監督が入れ替わって選手が総替えになり乱高下を繰り返すチームは人から人への情報の伝達がない。ノウハウの集積がないのでその時集まった選手の質によって結果が出る。大半がこれなのだが、なでしこは成功しているクラブチームの様なものだった。


世界一を経験する選手たちが代表のまま、若手がそこに入ってきて確実に情報を伝達する事が出来れば「らしさ」を残し、世界レベルでの常勝チームになり得る。佐々木監督がこだわったのは遺産をどうやって残すかだった。


これはかなり難易度が高い。Jリーグでも奇跡のバランスで絶頂期を作った磐田があった。磐田のサポーターならこれを維持するのは非常に難しいと分かるのではないか。


今大会のなでしこのサッカーはすでに5年前とは様変わりしている。相手のタイミングを外す長短連続のパスでゴール前にどんどん入っていくサッカーは姿を消し、ゴール前にはDFを背負って何とかパスを貰おうと頑張っている選手だけ。ようやくサイドがフリーになっても受け手がいなくてビックチャンスがやってこない。翻弄どころか相手視点で言えば非常に守りやすい攻撃に終始していた。


守備も横パスが奪取される事が多かった。横パスが多いのは前がDFだらけでふさがっているからで仕方がなく出した横パスが取られるのは、ここでもパスの受け手が守備のマークを外す体力がないという事になる。若手に切り替えられなかった弊害で最も大きかったのはこれらから走力、次に残り15分の体力だろうと思う。こればかりはいくら維持を図っても若手が有利だ。


今後のなでしこは下のカテゴリーが世界大会で優勝するなど有望だ。人も動くがボール回しも速く守備は積極的に取りに行く選手が多い。黄金のバランスを澤抜きでも維持しようとした佐々木監督の延命措置は失敗した感があるが、こうなると一切これまでの伝統をなくしてスクラップ&ビルドの方がむしろ本来の日本らしさになるだろう。


本来、の意味だが日本のサッカーは黙ってやらせていると全てのスピードが上がってくる特性がある。対戦チームや自チーム先輩に呑まれて普通のスピードでやるととたんに借りてきた猫状態になるが…。


男子でも同じ事が言えるがこれはもはや日本人の逃げようがない特性だと思うしかない。その特性をそのまま流用してサッカーやるしかないと思うわけで。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仕事が楽しい人々

2016-03-05 17:57:09 | 社会

前回、労働に関して書こうと思う、と言ったついでに最近、今更ながら読んだ本に「夢をかなえるゾウ」というのがある。


実際に成功した人の話や体験談、すでに発売されているその類の本を、ゾウの神様と典型的サラリーマンの会話に置き換えて面白おかしく読めるようにしている。


この類の本をたくさん読んだり偉人伝が好きな人には、今更な話が多いのだろうが、読む側の気持ちを結構意識して、サービスが行き届いている本だ。書いている内容をそのまま実行し出版して成功を証明してしまった感があるので、説得力はかなり高い。


ひとつ気が付いた点にこの本の中でも書かれていて、他の本でも同じ様な内容があった事だ。


それは他人から見れば「過酷な長時間労働を耐えて成功出来る人」は本当は当人からしてみれば「楽しくてやめられないだけ」だというもの。


急成長の企業にはこれがある。創業者がまずその仕事が楽しくて仕方がない。賛同して集まってきた連中も楽しくて仕方がない。当然、昼夜問わず仕事ばかりだが、急成長し仕事が多彩になっていくので止まらない。社風はこうやって作られる。


ところが会社が大きくなってくると、これを楽しいとは思わない連中が入社条件が良いからと大挙入社してきて「いつまでも帰らない上司」に苦痛を感じるようになる。楽しくない、苦痛しか感じない人は、結果を出す事に過度なプレッシャーばかりで、喜びは一切ない。


楽しくて仕方がない上層部は、後から入ってきた「楽しくない派」の気持ちは分からない。気持ちが楽しくない以上、いくら頑張っても楽しい連中には勝てない。数字が出ない楽しくない派からやがて過労死が出て裁判で負けて…、世間からブラック認定というパターン。


前回書いた事だがリアルなブラックは全社員が楽しくない。北朝鮮がそうだと書いた。日本はどうだろうか。売上の数字は出るが多数の社員が楽しくない企業は、上層部が楽しいパターンである事が多いと思う。日本ではこれがかなり多いだろう。


こういった企業から上層部の連中がやがて引退する。下手をすると全社員が楽しくない派が占める時期が来る。そういう時、サムソンなどの様な「上層部が寝る間も惜しむ仕事好き」企業に襲い掛かられるとひとたまりもない。


学生は好調な業績で若い企業に入社したがる。そういう企業は上層部の楽しい派がまだ健在だという事だ。もしこの楽しさが次世代に繋がらなければ、「今」入社する学生が40歳になった時に楽しくない派に占拠された御社は傾きあなたはリストラの対象にされ「これだけ苦しくてもじっと我慢してきたのになんで」と嘆く事になる。

------------------------------

日本は少子化、高齢化、ときて若者がやたらと○○離れする現象が起き企業が業績を上げられない環境になってきている。しかも昭和時代、何をやろうが右肩上がりで仕事が楽しい派は引退にさしかかっている。業績の上げられない熾烈な環境に加え楽しくない派が必死に支える企業群。


自分なりにこれらの事象から見えてくる解決策はある。新ジャンルの仕事を増やす環境づくりだ。プロなどあり得ないジャンルに市場を作り出す政策的事業があってもいいのではないか。新たな食べていける仕事のジャンルが増えれば楽しくて仕方がない派が増える事にも繋がる。


例えばサッカーなどは昭和の時代には市場がなかった。社会人たちが休日にグランドで試合をしているのを暇な人がタダ同然で見ていただけだ。ここに市場を作り上げられたのは欧州というプロリーグが当時から存在し、それを参考に出来たからだ。サッカーくじだってプロリーグが出来たから可能になった。サンプルがあるから可能だと皆を信じ込ませることに成功したわけだ。が、


であれば、サンプル(成功事例)がないジャンルは永遠に市場が存在しないのだろうか。それを可能に導くのは「ないものから市場を作り出すプロ」がいれば良いだけの話なのだ。


日本に足りないのは起業家精神と行政の支援である、とは以前から言われているが、実際そうだろうと思う。才能の問題ではなく仕事に対するネガティブなイメージが個人にも行政にも大きすぎる。結果として楽しく仕事が出来る人の環境は作られず、苦痛を和らげる方にばかり行政も熱が入る。仕事が楽しくない人は拘束時間を減らしたいしストレスも受けたくはない。結果、楽な仕事に流れるだろうから年収が下がる。こういう人を支援すればするほど増えていき、日本人の年収が減る。


消費を渋るから経済も回らない。そういう人たちが一定数存在し、ライフスタイルを守っていくのも重要だが、経済を上向きにする人たちへの支援は、もっと多くてもよい。創業者、偉人伝の話を聞くといつも思うのだ。「今の日本で彼らが20代で仕事をやろうとしたら絶望しかないだろうな」と。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加