トリCのブログ

ジャンル問わず現場に近いスタンスで書いていきます

太田光流安全保障

2007-10-30 21:20:00 | 事件
爆笑問題の太田光さんがズラ(疑惑というか既知か?)で有名な小倉さんに場を凍らせるジョークを言ったようだ。
http://www.j-cast.com/2007/10/29012672.html
J-Cast記事によると
 

 田中裕二さん(42)が、番組の終わり近くになって、同テレビキャスターの小倉智昭さん(60)に質問したときだった。「いや~、だけど、また小倉さんも増えてるでしょ?今、番組。どんどんどんどん」と田中さんが水を向けると、太田さんは次のようにボケを入れたのだ。  
「髪の毛が?」 
すると、慌てたのが田中さんだ。「いや、髪の毛じゃない」と打ち消しながら、太田さんの頭を叩き始めた。田中さんが「すいません、こいつ殺しますから」と小倉さんの方を振り向くと、テレビカメラには小倉さんのやや引きつったような顔が…。我に返った小倉さんは、すぐに笑顔を作り、「いや、髪の毛は便利なほうがいい」と冷静に答えた。ところが、だ。太田さんは、さらに「そうそう、便利な方が。いろいろ着脱式とか…」と脱線した。 
   

この際差別だとか不謹慎だ、いや笑ったと言った話は置いといて太田さんは  

9条を守る運動に熱心な人だ。純粋な左翼系の運動家ではないだろうから彼の考えを自分なりに解釈してみれば「9条を掲げる平和思考の国なら(軍事的な)暴力を振るう(振るわれる)はずはない」という確信があるのではないか。ならチベットとかどうなのよ、と突っ込みは田中が入れるわけはなく恐らく本当に純粋にそう思っていると。  

もちろん万が一日本に突撃するどこかの国があったとすれば国連を通して総すかんを食うだろう、という意識もあるだろう。  

彼はテレビの生本番にちょくちょく目の前の相手が本気で怒りそうな事を平気で言う事が多い。もちろん相手はそれで掴みかかるような暴力に及ぶ事はない。何故ならテレビ中継中であり少なくとも太田さんは暴力を振るったわけではない(言葉の暴力ってのは便利だよ、ほんと)。むきになって反論すると番組を壊してしまう。  

太田さんに反撃したらいいのかほんのちょっと迷っている数秒のうちに田中さんが太田さんに突っ込みを入れてチャラにしてしまう。これでネタにされた人が何も言えない状況を即座に作り上げるわけだ。  

このやり方の際どい点は怒った相手が「本番中だろうが」「この世界では生きていけなくなろうが」そういった計算が全然出来なくなる事態になった時だ。この間の亀田弟がそれだ。人間誰しもプッツンする時はある。さて、果たして太田さんはそういう時にどうするつもりなのだろう。殴った方が悪いの一点張りだろうか。世間的には怒らせたお前の方が悪質だ、という流れになるのは目に見えているわけだが。  

さて、原点に帰って何故太田さんはこういった相手を怒らせるような発言をするかと言うとテレビ本番中(=世間の圧力)という保険が絶対安全なものだという確信があるからだ。だから平気で(田中というフォロー役もいる)普通の人なら言わない事をやらかす。  

さて日本には九条がありこれは効く時は効くテレビの本番中のようなものだ。日本が相手国を怒らせる事をしたところで(9条持っている日本に)相手は殴ってはこれない「はず」という確信が彼にはあるのだろうなぁと思わずにはいられない。 

でも亀田弟でもわかるように切れる時は切れる。それがたとえ国でも。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国の交渉術

2007-10-27 23:08:48 | 政治
外交に限らずだが交渉には良く練られた戦略は必要だ。日本国内に限って言えば人の良さを全面に出して互いに相手を気遣うという手もあるにはあるんだがこれはあくまでも村社会(島社会)のルールだ。

この点でいけば中国は真っ当な交渉術を持っていて常識があるくせに非常識な振る舞いをしたり怒ってもいないのに怒ったふりをしたりと口八丁手八丁外交を繰り出してくる。以前の政治家であればこれにまんまと乗せられて無駄な国費を大量に使い、自身は女やワイロをもらってもてはやされさぞかし気分が良かっただろうが日本は変わった。

国内に目を向けると今や談合、ワイロといったものに非常に厳しい社会となってきた。政治家や官僚のこういった行為は個人の責任に留まらず所属する党、省にまで及ぶ。

もちろん中国からのワイロも通用しない社会になってきたという意味であり最近の日中のちょっとしたいざこざは中国からすれば(ワイロで)いい様に操れていた日本が言う事を聞かなくなってきた苛立ちのようなものを感じた。

こんな現状ではあるがこちらは親中と言われる福田さんである。確かに中国から見れば組みやすいかもしれないが中国に有利な話を飲む替わりに何らかの見返りを政治家、官僚に配っていた中国の交渉術からすれば「えー誰に何を送れば良いのか」というおかしな不安もあるだろう。

安倍さんの時には欧米や国連での駆け引きと同じで良かったかもしれないが今回の首相は日本の国民ですら何を考えているのか読めない人である。中国外交担当官もさぞかし困っているだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2100年くらいのエネルギー問題

2007-10-27 17:45:39 | 社会
この構想は以前からSFなどでも紹介されてなじみが深い。近い将来か遠い将来かは定かではないがそのうち現実味を帯びてくるだろう。

そもそも日本が過去に戦争を始めた一因もエネルギー問題だったわけで近い将来その状況に似た事になる国が中国だ。その為、中国は現在あらゆる原産国に手をつけている最中だ。これは全く他人事ではなく中国がエネルギー不足である=日本も不足すると言っていいだろう。このエネルギー争奪戦争は必ず起こるわけで回避する為には依存率を下げるしかない。(他に電気を使わない生活をしろ、という発想もあるにはあるが)

まあ技術的な問題は大した事はなさそうなんだが何せ宇宙まで物を運ぶのは大変な金がかかる。一般人を宇宙旅行になかなか連れて行けないのも人間の重量が馬鹿に出来ない点もあるだろう。

この点を考えれば月にでもナノマシーンを運んでいって(月の成分だけで)せっせと太陽パネルだけを作らせ地球と月の間を8の字で周回する宇宙船にエネルギーを伝達(月→宇宙船→地球)するというSFばりの事もしたくなる。(この発想ももちろん地球から宇宙空間に物を運ぶ非効率が前提)

ちなみに宇宙空間から兵器として使用する案が懸念されるだろうがこの様に異常に高額な設備になるのは間違いなくもし兵器として使うとなるとそれを口実に破壊される可能性がある。宇宙空間は非常に無防備な場所なので守るのは非常に困難だろう。

この点からこういった高額設備を武器に使うなど非効率極まりないと思う。これなら海からミサイルを飛ばした方がトータル安いんじゃないだろうか。(と言ってもこの点に関して自分は素人なので宇宙兵器ってのもコストに見合うものなのかもしれないが)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

DSは製品としてよく出来ている

2007-10-27 02:24:30 | 社会
気づけばWiiを全然やらずにDSばかりやっている。

何せ大抵スリープモードで閉じているので開けばすぐに続きが出来る。と言う事はいつでも閉じる事が出来るという事だ。Wiiはゲーム起動までがテレビを含めて長い。第一テレビのリモコンを探すところからすでに勝負が始まっているのだ。もしDS対Wiiで起動スピード勝負をするならテレビのリモコンを数秒で見つけDSが3分ほど見つからない時ぐらいしかWiiの勝ち目はない。

実はこのDSのいつでも閉じる事が出来る、再開できるというのは結構強みでPSなどでこれをやろうとすると電源を入れっぱなし、というかゲームをやりっぱなしというふうにしないといけない。俺はRPGなどはそうやってフィールドでポーズもかけずに晩飯を作りに台所に行ったり風呂に入ったり寝たり仕事に行ったりするので攻略にかかった時間が500時間などになったりするのだがなにせロード、セーブが嫌だ。とにかく起動までが遅すぎる。

そこまでか、という話をすればテレビの電源から外部入力1のゲーム画面までの時間すら面倒だ。そのくせパソコンは待つのは平気だから不思議なものだがそれがデフォだと思っているからなのかはわからない。

やはり今後のこういったデジタル機器は起動のスピードが勝負の分かれ目になっていく気がするのだ。何もゲームに限った話ではない。多機能化や高性能でボタンを押す回数、手順がたった数回増えただけでユーザーの使用率は激減する。

今後こういった各家電機器の使いやすさ指標として一般の人が全機能の何%を何時間でどの位使いこなせるようになったかの指数が欲しいところだ。それによって家電製品がありえない分厚いマニュアルで製品の高級化を誇示するなどと言った行為が減ればいいのだが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浦和が勝つ意味は大きい

2007-10-24 23:25:00 | サッカー
素直におめでとうと言いたい。

日本と欧州、南米との差はクラブを重視する風潮の落差が激しいところだ。日本はどうしても代表中心主義が幅を利かせクラブなら欧州の有名どころを観る人が多い。

自分としてはクラブの強さ、代表の強さは比例するものだと思っているので日本からも是非世界で知名度の高いクラブが出てきて欲しいところだ。

個人的には鹿島が好きではあるが世界に通用するようになる為にはどうしても財力が必要で日本なら浦和、横浜、新潟がファンの多さから可能性がある。

もちろん東京から突出したクラブが今後出てきて(であればFC東京だが)Jリーグから外人枠が撤廃されFC東京、浦和などが11人中8人くらいが世界レベルの選手で構成されるようになれば話は早いが…。

まずはアジアでタイトルを(人気チームが)取る事だ。それによってじわじわとタイトルの重さが変わってくる。もちろん重くなっていく方向に向く可能性を現在は秘めている。

日本代表だって20年前はほんの一部のファンが真剣に見ていただけでW杯予選なども非常に軽かった。軽いうちは強くはならない。その意味で浦和がアジアでタイトルを取る意味は大きい。

恐らくだが韓国の方でも今回の敗北で火がついたはずだ。Kリーグもアジアタイトルを重視するようになるはずだ。満員の観客、圧倒される応援の中で「負けた」のは精神的にきついものだろうから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水やばんそうこうで中東革命!?

2007-10-23 16:18:00 | 政治
普通これだけ対外的に影響が大きい事案の場合、政争の具にする以前に国民が広く興味を持ち自民、民主どちらの言い分が正しいのか積極的に情報を得ようとするだろう。そうして別段どちらの党にも肩入れしていない人が情報を整理すると大方、このリンク先のイギリス人の感覚になるわけで(もちろんそれ以前に強烈な反米、反戦、左翼関連の方であれば間違ってもそうはならないだろうが)お前らは何をやっているんだと、まあそうなる。

ただ日本の場合、民主党が日本や欧米諸国が不利になろうが知ったこっちゃないのと同じように日本人の多くも以前の様にやたらと対外的な目を気にする様にはなっていない。その利点として東アジア各国がいくら「アジアで孤立するアジアで孤立する」と呪文を唱えてもそれを気にする人が減った。しかし逆に欧米各国が困っても気にする人が減ったといも言えるわけだ。

民主・小沢党首はこういった日本人気質を全く評価していないので民意よりも国連に全ての下駄を預けた方がマシ、と考えているのだろうしこの無関心気質を利用しての今回の政争でもある。

その意味では長年政治に興味を抱かせないようにしてきた関係各位の努力の賜物とも言えるし(先進国の大卒でこれだけ政治・歴史に疎いのは恐らく日本がNo1だろう)自民もその関係者であったわけだろうし民主党ばかりを悪者にしてもしょうがない。

しかし政府は国連常任理事国入りを(日本の国力から言って当然だが)求めるのは分るが小沢レベルの煽りにすら右往左往する政治・外交音痴の国家を入れても各国代表ディベート大会に語学留学生を日本代表で送るようなもので正直不安の方が先にたつ。

大臣のなんとか還元水やばんそうこうで首相が辞める国なのだからゴルフや焼肉で中東原理主義と欧米のガチ勝負に火に油(火に原油?)を注ぐ結果になってもなんら不思議ではない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歌手は失業するか

2007-10-23 00:35:00 | 事件
自分は音楽を作る人間でもあるので一応その観点から。

昔、ドラムのサンプリング音とシーケンサーが出回った時にはちょっとした騒ぎだった。極めて音にうるさいユーザーは「子供騙しだ」と一笑に付したが(特にジャズ系に多かったと思う)音楽と言うものはありとあらゆるところで使われている。レストランやデパートで流しているBGM、ゲームの音楽、劇団の効果音、全然売れない映画でも殆どオリジナルだ。

こういったどうでもいいところで流れる音楽(つまり音楽が主役ではない場)の需要は多く、且つ低コストで作らなければいけない。こういった音楽に例えばスタジオを借りてプロのドラマーを一日レンタルしただけで10万近くいったりするわけでそれをサンプリングサウンドで代替出来るのなら安いものである。

こうやってプロのドラマーの食いぶちはどんどんと削られ今や世の中で流れている大半のドラム音はサンプリング音である。もちろん他の楽器もこれに食われそうだがそもそもシンセ全盛になってしまったので生音の代替がいらないのだ。

そして今回の初音ミクだ。これは歌詞と音程を入力して調整すると歌えてしまう。つまりドラマー失業問題の再来ではないかと言われている。

しかし人間の声は超が付く特殊性があるわけで売れている歌手なら聞けば大体誰が歌っているか判別出来るくらい多種多様だ。正直そこまでは全然なので歌手が失業する事は今後もしばらくはないだろう。

ただ、アニメ関連などのアイマスの様に好きな顔を作って声を作って歌わせて、という業界山師もどきの趣味が流行りそうなのでその関連では今後人間が段々いらなくなる可能性は高い。つまり歌が主役ではない音楽ってことなのだが。

今回これが騒がれているのはこの商品が知られる事で商売上がったりになる業界が情報封鎖しているのではないか、という疑惑があるからなのだが(実際問題俺はまだまだ全然脅威ではない、と思ってはいるが)情報封鎖しようと思ったそう思わない集団がいるかもしれない、とも思う。

何せドラマーの時はバカにしてて何も対策練らなかったしな。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴルフで動く中東問題

2007-10-21 14:45:00 | 政治
ゴルフ好きの次官のおかげで民主党が粘りインド洋でのパキスタン軍撤退、テロ組織は日本とパキスタンが去った事で「欧米 対 イスラム」という図式を持ち出してイスラム世界を自陣に巻き込むのは目に見えているわけだが

そうなった場合、世界各国はどういった対策をとるのだろうか?イスラムに手を出さないといった不戦協定でも結ぶか?

テロリストの出所を抑えられないのだとしたら自国で防ぐしかないわけで相当の出費を覚悟する必要はあるだろう。それでも大規模なテロが(エルサレムかNYかロンドン、モスクワ辺りで)起こるだろうがこの場合国際世論の声で再びイスラム内部に手を出さざるを得ない状況になるだろう。この時点で15年後くらいか?

この時再び米国主導の国連による日本への自衛隊要請があるだろうがあんまりグズってると「お前がゴルフで抜けたからこうなってんだろうが」と言われたら半笑い状態だな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

巨人ファンとアンチ巨人

2007-10-21 01:44:51 | 社会
ちょっととりとめのない事を書かせてもらう。

昭和の時代では新聞を家で読むのは当たり前だった。大抵、朝日、読売、毎日のどれかだったと思う。と、同時にテレビでも野球中継はNHK、民放数チャンネルのうち必ず巨人戦をやっていて多くの人がこれを見ていた。

巨人ファンであれば読売新聞、アンチ巨人であれば朝日か毎日を取るというパターンがあったと思う。これが同時に政治に対するスタンスにも現れていた。

いずれにしても巨人ファンでなければアンチ巨人というのが日本の野球ファンの大方の分別でありその為に巨人戦は巨人が勝つところ、負けるところ見たさに異常な視聴率を誇った。この対立構造に現代は違う派が出現。言ってみれば「どうでもいい」派。

巨人の視聴率が大幅に落ちたのは巨人ファンでもアンチ巨人でもない人が圧倒しているからだが結局のところ「店」が増えすぎたのだ。店とは選択肢だ。昔であれば読売、巨人というお気に入りの店か朝日、アンチ巨人という店に寄れば世渡りが出来た。町に二店しかないのだから店に行くとしたらそれしかない。

今は新聞そのものを購買するかしないかという選択ついでにネットもある。テレビも下手をすると50チャンネルは見る気になれば可能だ。こういう時代に何を好き好んで昭和時代の店に通う必要があるのか。今や町は都会になり店は膨大に増えた。

日テレが巨人に見放された、いや逆だ、という点よりもそもそも巨人ファンであること、アンチ巨人であることは今や世間を二分する話ではない。

亀田一家を見ていて思い出したことは昔巨人戦は毎試合勝った負けたで亀田級の話題を提供していたのだ。そう考えるとあの時代は毎日が熱かったものだ。店が少ないから成り立つコミュニケーションもあったということだろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無理がある朝日対産経の構図

2007-10-20 16:32:37 | 政治
よく2chなどのネタにもなる朝日と産経の対立構造。個人的にこの構図ってのは作られたモノだと思う。政治を中心にした思想でいけば朝日の対立側は軍国主義で覇権主義、世論操作を展開し民衆をミスリードし近隣諸国に敵対的に振舞うよう仕向けるメディアとなるのではないか。

これは朝日新聞が親密にしている中国政府御用達の新聞のスタンスだ。中国が信頼する朝日新聞、最も忌み嫌う産経新聞となれば朝日の対にあるのは朝日が親密である国の機関紙なわけでこちらの対立軸の方が実はしっくりくるはずなのだ。朝日の日本政府に対する批判はいつも調子外れな感があるもののこれを中国政府に置き換えて読み直してみれば案外的確な批判であったりする。

太田さんは40才以下は産経の方がかっこいいという感覚があるのではないか、と言っているが朝日の敵味方の振り分け方が矛盾しているのでこれを支持する人間が(ネット世代では)ほぼ皆無になるのは当然なのではないか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加