トリCのブログ

ジャンル問わず現場に近いスタンスで書いていきます

小池劇場

2017-10-02 20:18:04 | 政治

ここ一週間ばかり風邪で何も出来ずにいた。


その間に、政界は予想外の展開を見せている。民進党という名前では勝てない議員たちが自分ファーストとばかり、希望の党になだれ込み。しかし選挙はイメージ命なのを熟知している小池氏は、民進党匂の付いた議員を徹底的に排除すると公言し、


つまり民進党を否定しつつ、国会議員の数だけはちゃっかり取りそろえる、という上手な手を使った。


希望の党は、おそらくかなりの数を今度の選挙で獲得することになると思うが、ゆくゆくは維新との合併もあるだろうから、自民が何かで失敗すれば、政権交代もあるだろう。過去の民主党の様に。


歴史は繰り返す、ではないが、その時に支持する有権者、議員の質が初めて問題となる。支持する有権者の質が低ければ、議員はその先には踏み込めない。行こうとすると反発が生まれる。

一流になりたければ客を選べ、という事だがそもそもそういう実力がない政治家だからディスカウントに群がる客相手に今まで商売をしてきた人々が、数合わせで希望の党に利用され、このまま生き残れるのか。


自民党は新鮮味がないだけに、目新しいものに飛びつく人々には徹底して嫌われる。芸能界やマスコミ、クリエイターといった常に一般人よりも先を行く生活を自負している人たちには、行政と一体となったお役所自民党は、何とも頭の固い昭和の人々なのだろう。


希望の党は、果たしてこういったタイプの客を抱える事になるだろうか。民主党は、結果としてこれが仇となって身動きが取れなくなり「飽きられた」。今の小池氏は当面、厄介な客を追い払いつつ、反自民で渋々希望の党に投票する、という


固定客にはしないが、物だけは買ってもらう


という方法の様だ。小泉元首相の方法に似ている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加