鉄道模型・色差し三昧~Slow Life,Slow Hobby

精密に作られた模型製品だからこそ、細部に色を差して、いっそう魅力を引き出しましょう。
お気に入りができますよ。

休日にしかできないこと~床板の塗装 GM#427近鉄2600系を再び(その8)

2017年03月13日 | GM板キットの誘惑~近鉄
津田沼や新鎌ヶ谷、幕張などに郊外型の巨大ショッピングモールを展開する某ショッピングチェーン、
そこのPB商品の歯ブラシを、よく使っています。
なにせ、安価ですから。
いちばん大事なことは、マメに磨くことだし。
で、新しいモノに取り換えたら…。

なにか、違和感。
妙に?
妙に、長くない??
妙に、柄が長くなっていないかな???

古いモノと比べたら、1cmくらい長くなっていました。
そういうご要望があるのだろうか?
慣れる日が来ると、いいなぁ…。

さて。
平日は仕事です。
室内で吹き付け塗装ができる環境が今のところないので、休日に塗るしかありません。
ありがたいことに、晴天。

ダークグレーということで、クレオス#32「軍艦色(2)」を使いました。

床上側も、塗っておきます。

乗務員室仕切りは、窓を抜かない簡易版。
これでも、感じは出るものです。
そうそう、便所の仕切りは作り忘れましたよ。

動力ユニットを組み戻し。

カプラーは、黒色のモノと取り換えておきました。
そのほうが、目立ちにくいですから。

組立前に、この部分にKATO製の「ユニクリーンオイル」を差しています。

最終的に、寿命も違ってくると思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キットの箱をぼやぼや眺める... | トップ | うっかり増やすこともある G... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

GM板キットの誘惑~近鉄」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL