鉄道模型・色差し三昧~Slow Life,Slow Hobby

精密に作られた模型製品だからこそ、細部に色を差して、いっそう魅力を引き出しましょう。
お気に入りができますよ。

11月12日には東武8000系も観てくる

2016年11月26日 | ともかく視る…実車観察記 
よく冷え込んだ朝。
駅への道を急いでいると、ときどき、上空から…。
ぼたっ!
ぼたっ!
水滴が、降ってきます。

夜通し凍っていた電線に着いた雪
それが朝日を浴びて、溶け落ちているのですね。
雪晴れの朝だなぁと思いながら、足を速めたのでした。

八高線に乗っていたときに、小川町駅で停車時間がありました。
乗り換え通路を通れば、改札口を抜けずとも東武東上線のホームに行くことはできます。

ちょうど、発車待ちをしていた編成がありましたので、観てきました。

クハ8184以下4輌編成。
あとで調べましたら、1978(昭和58)年に8輌固定編成として新製され、2001(平成13)年度に更新修繕、
さらに4輌編成に短縮改造された経歴を持つようです。
このクハ8184は、サハ8984を先頭化改造したようで、もうちょっとそのつもりで観てくればよかったですよ。

いつもよく解っていない連結器周り。

これだけでも、記録しておきます。

ジャンパ線は、思ったよりも前に出ているのですね。
この丸みを、上手く作りたい。


エアーホースの裏側には、コックが隠れていました。


連結器の真下にあるのは、ATS車上子のようです。


前面の窓ガラスは、そんなに奥まってはいませんでした。
自分の思い込みと、ちょっと違うな。


パンタグラフの配管は、あんがい真っ直ぐではありません。


車外スピーカーの厚みは、わずかですね。
むしろ、雨樋の立体感のほうが強調されるべきかと。


外幌を作ることは…たぶん、ワタシはないな。


反対側の先頭はクハ8484です。
両先頭車で、造作に違いは見つけられませんでした。


もともと幌を装備していたので、その支えが残っています。
貫通ドアの窓ガラスにも、ウインドウォッシャー液の吹き出し口がありますね。


連結器周りです。
基本的に、クハ8184と対称になります。


やはり、締め切りコックが隠れていますね。


車番の脇には、ドア扱いコックを示す矢印がありまして、いいアクセントです。

すべての車輌が統一された位置にあるのかというと…調べ損ねました。

まだまだ、と思いつつも発車時間が迫り終了です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11月12日にはキハ110も観てくる | トップ | 車体をなんとか仕上げたい G... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ともかく視る…実車観察記 」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL