鉄道模型・色差し三昧~Slow Life,Slow Hobby

精密に作られた模型製品だからこそ、細部に色を差して、いっそう魅力を引き出しましょう。
お気に入りができますよ。

京王高尾線開業10・15周年記念乗車券

2016年12月10日 | 紙ものこれくしょん~雑誌と書籍と乗車券と
勤務先の近所、都区内ですが、イチョウが黄色く色づいてまさに見ごろ。

光が透けています。

ズームで撮れると、愉しいですね。


桜は、ほとんど散ってしまいました。

僅かに残っています。


ハナミズキも、散りました。

もう、冬空ですね。


さて。
最近、記念乗車券を2種類手に入れましたので、その話し。

京王高尾線の開業10周年と15周年の記念乗車券です。
それぞれ1977(昭和52)年と1982(昭和57)年の発行ですから、40年近い昔のモノ。
参考までに、開業記念乗車券の話しはこちら

手近なハイキングコースとして、紅葉の見どころとして知られる高尾山ですが、
当時は、ミシュランに掲載されるなど思いもしなかった時代です。
開業10周年記念券など、質素なものですよ。

2枚組です。

15周年記念券は3枚組になりました。


10周年記念券にあしらわれているのは、6000系の急行高尾山口行き。

6755を先頭にした8輌編成です。
高尾山口方が5両口、新宿方が3両口ですから、休日の分割特急に6000系が充当される前の写真ですね。

15周年記念券にも、6000系はあしらわれています。

奇しくも、同じ6755を先頭にした急行高尾山口行きですが、
こちらは6輌編成です。
8輌編成に伸びる前、登場時の姿ですね。

5000系は、10周年記念券には出てきません。
15周年記念券には、北野駅での開業式典のようす。

雨だったのですね。
5767は、当時最新の編成でした。

ローカル用だった2600系は、どちらの記念券にも顔を出しています。
ワタシは動物公園線で毎日乗っていましたから、これも懐かしい電車。

よく見ると、10周年記念券と15周年記念券で、同じ写真を使っているようです。

高尾線も、来年10月には開業0周年を迎えます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国鉄の普通車の座席はどの色... | トップ | 幌の当て座を塗って引き締め... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
2600系はいつ見ても良いですね (ちーたま)
2016-12-11 04:17:20
一時間前に横浜地区で雹が降りました。いつもと違う音なので飛び起きてしまいました。記念乗車券の写真を見ると2600系は他社線の同時期の車両と違い、ノーシルヘッダーだけでなくボディのデザインがいつ見ても美しく感じますね。京王の車両で模型化にして欲しい車両のNo1ですよ!! 来年はX0thとなれば高尾線の記念になる模型を作りたくなりますね。
2600のオデコ (とりのさんぽ)
2016-12-12 07:53:13
独特な味のあるデザインの電車でしたね。あのオデコの雰囲気が、小学校に入る前の弟に似ていまして。
写真を見るたびに、思い出します。

コメントを投稿

紙ものこれくしょん~雑誌と書籍と乗車券と」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL