鉄道模型・色差し三昧~Slow Life,Slow Hobby

精密に作られた模型製品だからこそ、細部に色を差して、いっそう魅力を引き出しましょう。
お気に入りができますよ。

KATO製103系の屋根を、またしても塗り分ける

2017年06月14日 | 1:150 電車
仕事帰りの駅のプラットホーム。
女の子がふたり、いました。
背の高さから見ると、小学校3~4年生くらいでしょうか。
塾帰りのような雰囲気です。
たいへんだね。

夕方の上り線ですから、ホーム上は閑散としています。
振り付けをしながら、歌っていました。
「ゆうぐれの まちかど のぞいた きっさてん~」

えええっ?
旧い歌、知ってるねぇ…。
お母さんあたりが教えてくれたのかな?
こわい歌だと思うよ…。

さてと。
思い付きのような色差し工作。
日曜日の塗り分けです。

KATO製103系ATC車の屋根板です。
一体成型の集中式クーラーをどう塗り分けるのかが、ポイント。
以前、仙石線用103系でも、同じようなことをしてます。

雨樋上部の保護ゴムのようなモノを表現するための、色差し。

仮にはみ出したとしても、指先で軽く拭えば、たいがい何とかなります。

屋根板を取り付けてみました。

車体側面の窓Hゴムと比べると、ちょっとバランスに欠ける気もします。
いずれ、どうするか考えよう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山手線のE231系を撮ってきた | トップ | 何回目かの旧型国電の色差し... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL