鉄道模型・色差し三昧~Slow Life,Slow Hobby

精密に作られた模型製品だからこそ、細部に色を差して、いっそう魅力を引き出しましょう。
お気に入りができますよ。

東武のヨ

2016年10月19日 | 1:150 客車・貨車
ここ数日のモスクワの最低気温は0℃だそうです。
もう、ストーブを使っているのでしょうね。
北海道の内陸部でも、そうかな?

さて。
ときおり、妙な縁で模型が増えることがあります。
これも、そのうちの1輌。

東武鉄道の車掌車です。
20年くらい前、東武鉄道が貨物営業を廃止したときまで、走っていました。
見た記憶はありますが、撮る機会はありませんでしたね。

この模型、手すりはユーザー取り付け部品となっています。
これがなかなかの手間でして。
もっとも、メーカーがその手間を掛けると、定価が倍くらいになりそうな気がします。

ゴム系接着剤を使って、1点づつ固定しながら進めました。
はめ込みだけでは、おそらくモノにならないと思います。

広いデッキが印象的なスタイルです。

樹脂の質感は、抑えたいですね。

煙突パーツは、自分で孔を開ける必要があります。

「位置はパケージイラストを参考に」という、ややあいまいな説明書き。

自分の解釈としまして、屋根の端に冶具を当てることにしました。

というよりも、自分がこの冶具を設計するなら、当然このように考えますよ。

ふむふむ。

こんなものかね?

ヤフオク出品中の8000系と、記念撮影。
ちょっと、かわいいかも。

ところで、この車掌車には上り下りの向きがあったのでしょうか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パンタ台の加工に失敗したか... | トップ | ブラインドを入れる KATO阪... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (南栗橋車両管理区荒川支所)
2016-10-23 13:37:36
こんにちわ

この記事を読んでピクトリアル東武特集の貨物列車写真を
ざっくり拾ってみました

出入り側は
本線所属車の場合『浅草側』
野田線も春日部で向きをそろえるので同じかと。

東上線の場合出入り側は『池袋側』に向くと思われます。

(これは現在もそうですが当時の『西新井工場』や現在の南栗橋工場へ
入出場する電車と同じで向きはそろえていると思います)
向き (とりのさんぽ)
2016-10-24 00:45:20
ありがとうございます。
やはり、ありそうですね。

このモデルは、出入り台側にダミーカプラーを付けているので、下りの貨物列車が正当ということになりそうですね。
もちろん、付け替えはできますが。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL