鉄道模型・色差し三昧~Slow Life,Slow Hobby

精密に作られた模型製品だからこそ、細部に色を差して、いっそう魅力を引き出しましょう。
お気に入りができますよ。

準急の名古屋行き GM#427近鉄2600系を再び(その10)

2017年04月19日 | GM板キットの誘惑~近鉄
桜が散ることになると、さすがに冷え込むことはなくなってきますね。
ほころび始めたころには必ず、1回か2回くらい花冷えの日があるものですが。
あっという間に散ってしまう花の代表のような桜ですが、
咲き始めから散るころまでの期間が、大きく季節が動く境目のような気がします。

初夏の陽気でして、
日が暮れる時刻もかなり遅くなりました。
やわらかそうに見える新緑が心地よく映る日々は、すぐそこに。

さて。
キット付属のステッカーです。
行先表示の前サボが多数収録されていて、愉しいモノです。
もっとも、当時の技術のためか、白抜き文字の大半は銀色で印刷するというディフォルメがされていて、
現代の目からすれば、いささか奇異な印象はあります。

ぜいたくを言いだすと、使えるモノは、限られる。

これまたキットに付属している窓ガラス用塩ビ板の切れ端を、裏板に使いました。
これで、きっちり平面が出せます。
車体への接着は、両面テープにて。

厚みはオーバースケールのはずですが、車体に取り付けられた別の板であるというイメージは、欠かせませんね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« だいたい形になる GM#427近... | トップ | 床板を接着して竣工する GM#... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL