鉄道模型・色差し三昧~Slow Life,Slow Hobby

精密に作られた模型製品だからこそ、細部に色を差して、いっそう魅力を引き出しましょう。
お気に入りができますよ。

手すりをつける GM#1009京王5000系(その4)

2017年07月31日 | ごあいさつ あるいは模型と関係ないこと
なんとなく、集中力に欠けたままの週末でした。
目も、妙に疲れていて。

振り返ってみれば、スマホをいじっていた時間が長かったのかもしれません。
模型を作りたいのなら、心せねばなりませんね。
もっとも、集中力がないからスマホをいじっていたのか、スマホをいじっていたから散漫になったのか、
いまいち定かではありません。

ええと。
手すりを取り付けるための穴を、開けました。
成型表現による既存の手すりの両端を目安に、開けています。

この2輌は、わりと上手くできたやつ。

エッチング切断用ハサミと、瞬間接着剤の出番です。
穴位置がずれてしまったものから、取り付け始めました。
編成の中間に組み込むつもりなので、いわば練習台というところ。

この2輌に取り付けたところで、きょうは、おしまい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 車体の塗装を落とす GM#1009... | トップ | 床下機器の下ごしらえ GM#10... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ごあいさつ あるいは模型と関係ないこと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL