歯科医療機器

歯科用医療機器データベース

神経性食欲不振症(拒食症)

2016-10-15 09:57:10 | 日記
多くの若い女性が持つ「やせ願望」やダイエット指向。実はその多くの者がやせる必要はないのに偏った食生活を送ったり、極端なダイエットを繰り返しています。若い女性の「やせ」は多くの健『光重合器

康問題のリスクを高め、さらに若い女性や妊婦の低栄養問題は「次世代の子ども」の生活習慣病のリスクを高めると危惧されています。
若い女性で「やせ」が多いことは、厚生労働省が毎年全国レベルで実施している国民健康・栄養調査で示されています。平成17年に行われた調査によると、20年前と比べて、肥満度が18 .5未満の「

やせ(低体重)」が20代女性では5.8%、30代では14.2%、40代では4.2%増であることが分かりました。

女性の「やせ」が増えている背景には、食生活や生活スタイルの多様化、各種メディアに露出しているタレントがやせているため「やせているほうがいい」という価値観の普及、氾濫した様々なダ

イエット法など種々の因子が影響を及ぼしていると考えられています。そして、誤ったダイエットなどによる偏った食生活は、鉄欠乏など潜在的な栄養不良のリスクを高めます。『オートクレーブ

さらに「やせ願望」が深刻化すると、「神経性食欲不振症(拒食症)」や「過食症」を招く恐れがあります。いずれも摂食障害ですが、前者は太ることを恐れ、食物を避けるために極端な痩せを伴

います。多くは思春期から青年期早期にかけて発症すると考えられています。

後者は週に数回、数ヶ月間にわたる過食と、体重増加を防ぐための不適切な代償行動摂食障害が慢性化すると、無月経や低血圧、不整脈など多くの健康障害を招く恐れがあります。摂食障害の要因

には、強い「やせ願望」以外にも不安やストレスなど精神的な要因もあります。まずは適切な体重を理解し、誤った「やせ願望」を持たないようにしましょう。『歯科用品

また、食べること以外に、体を動かしたり、趣味などでストレスを解消してみましょう。最近の研究では、若い女性や妊婦の低栄養が、その子どもの将来の生活習慣病のリスクを高めるとの見方が

あります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歯を磨いたら血が出る | トップ | 歯科治療時に歯茎を傷つけて... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。